大物Tとは誰?裏ビジネスで権利収入!やりすぎ都市伝説スペシャル2017夏

こんにちは。

今回は、6月30日(金)にテレビ東京系で放送される

「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2017夏」

の中で、

サバンナの高橋茂雄さんが紹介する

「大物Tの裏ビジネス」

「大物Tの正体」

を明らかにしていきたいと思います。

大物Tって、いったい誰なのでしょうか?

凄く気になりますね。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

労働収入と権利収入の違い

まず初めに答えの一部を言ってしまいますと、裏ビジネスとは、

「権利収入」

のことです。

大物Tの権利収入の具体的な内容は、後ほど詳しくお伝えします。

ですので、まずは権利収入についての説明をさせていただきたいと思います。

収入を得る手段というのは、たくさんありますが、大きくは2つに分けることが出来ます。

それは

「労働収入」

「権利収入」

です。

世の中のほとんどの人は「労働収入」でお金を得ています。

労働収入というのは

「労働した時間に対して一時的に支払われるお金」

のことです。

例えば、

・サラリーマン

・公務員

・アルバイト

・パート

などなど、他にもたくんさあります。

「時給」

「月給」

「年俸」

時間の単位は違う場合もありますが、

自分が相手に与えた時間に対してお金をもらうという形態です。

ですから、

プロ野球選手も、芸能人も実は「労働収入」になります。

何億円もの収入がある方もたくさんいますが「労働収入」であることには変わりありません。

それに対して権利収入というのは

「継続的に生まれる収入源」

のことです。

例えば

・家賃収入

・駐車場収入

・作詞家の印税収入

・作曲家の印税収入

・小説家の印税収入

などなど、他にもたくさんあります。

一つ例を挙げますね。

ピースの又吉直樹さんの小説「火花」が大ヒットしたのは記憶に新しいと思います。

それでは又吉直樹さんは「火花」で、一体いくら稼いだのでしょうか?

「火花」は累計209万部売れたと言われています。

本一冊の値段は1296円です。

小説家の取り分は売り上げの10%と程度ですので、

1296円 × 209万部 × 0.1 = 2億7千万円

つまり「2億7千万円」が又吉直樹さんの収入になります。

もちろん所属している吉本興業との契約もありますから、全額貰えるわけではありません。

しかしそうだとしても凄い金額ですね。

又吉直樹さんの「火花」の収入は「権利収入」になります。

「火花」を書き上げるのには、たくさんの時間を費やしたことでしょう。

しかし小説が完成した後は、又吉直樹さんは何もすることなく、継続的に収入が発生しています。

継続収入というのは収入源を作り上げるまでは大変です。

ですが、一度作ってしまえば、あとは自分は何もしなくてもお金が継続に入ってくるのというのが最大のメリットです。

継続収入が羨ましいですね。

スポンサーリンク

大物Tの正体はこの人だった!

それでは、いよいよ大物Tの正体に迫ります。

裏ビジネスで、そして権利収入で莫大な報酬を得ている芸能界の大物Tの正体。

それは、

所ジョージ

さんです。

実はこの話は芸能界では有名な都市伝説でもあります。

現在はスマホが当たり前の時代です。

そして少し前までは携帯電話が当たり前の時代もありました。

更に逆上ると、携帯電話が全く普及していない時代もありました。

大物Tこと所ジョージさんは、携帯電話の裏ビジネスで莫大な権利収入を得ていたというのです。

その裏ビジネスとはいったい何なのでしょうか?

大物Tは裏ビジネスでいくら稼いでいるの?

携帯電話が初めて日本に誕生したのは1985年です。

その当時、

これから携帯電話は爆発的に増えると予想した所ジョージさんが、NTTドコモの権利を1000万円ほど購入した

という噂があるのです。

どうやら当時、NTTドコモから

「携帯電話の基本料金の数%を権利収入として買いませんか?」

という話が所ジョージさんに持ちかけられたというのです。

そしてその価格が1000万円だったというのです。

そして都市伝説の極みですが、その収入額が

毎月2億円

と噂されているのです。

いやいや、いくら何でも毎月2億円はありえないでしょう?

でも本当かもしれない。

まさに都市伝説ですね。

大物Tの本業と裏ビジネスの総収入額

そんな大物Tこと所ジョージさんは、いったい本業と裏ビジネスでどれくらいの収入があるのでしょうか?

所ジョージさんと言えば芸能界の超大物です。

なのでギャラも当然トップクラスの高さです。

これも噂になってしまうのですが、

レギュラー番組一本で「150万円」

特番になると一本「200~300万円」

くらいだとか。

所ジョージさんの推定年収は「3億円」と言われています。

本業で「3億円」

裏ビジネスで「数億円」

総額で年間「4億円以上」の収入

ということになりますね。

裏ビジネスが本当だとすれば、所ジョージさんはタレントを辞めても生活できます。

いや、裏ビジネスがなくても、タレントを辞めても、莫大な資産を既に持っているので一生生きていけることは間違いありません。

所ジョージさんの場合は楽しいからタレントをやっているだけでしょう。

芸能界そのものには何の未練もなく、ある日、突然引退してしまうかもしれませんね。

・お金の心配がない。

・自分の好きなことだけをやっている

多くの人が憧れているライフスタイルを所ジョージさんは実現していらっしゃいます。

本当に羨ましいですね。

まとめ

今回は、大物Tの裏ビジネスについて書いてみました。

この話がウソかホントかというのは分かりません。

なんせ都市伝説ですから。

芸能界にはたくさんの都市伝説があります。

興味がある方は、ぜひ調べてみてくださいね。

きっと面白いネタが見つかると思います。

スポンサーリンク