勉強の集中力をアップさせる食べ物in飲み物

あなたは「浜学園」という名前を聞いたことがありますか?
関西地区にお住まいの方であればご存知の方も多いかと思います。

浜学園は、全国最難関中学と言われている
灘中学の合格者数日本一を10年以上続けている塾です。
毎年灘中学の合格者の約半分は、浜学園出身で占められているほどです。

その浜学園が大手食品会社の「フジッコ」とタッグを組んで、
志望校合格をめざす受験生を食事面から支援する取り組みを始めました。

詳細は省きますが、日本一の中学に日本一合格させる塾が
「受験に合格するには食事も大切」というメッセージを
発信しているように感じました。

受験に合格するためには、勉強することが一番大切です。
そして勉強で一番大切なのが集中力です。

集中力をアップさせるには、いったいどうすればいいのでしょうか?

一番言われているのが「食べ物」です。
食べ物を改善することで、集中力をアップさせようということです。

スポンサーリンク

でも、ここで疑問が湧いてきます。

「いったいどの方法が、正しいのだろう?」

そして

「いったいどの方法が、自分に合っているのだろう?」

ということです。

集中力をアップさせる食べ物に関しては様々な意見が飛び交っています。

・するめいかがいい。何度も噛んで脳を刺激しましょう。
・チョコレートがいい。甘いものは脳の栄養になる。
・ガムがいい。何度も噛むし、甘いし最適です。

他にもたくさんの意見があります。

こうなってきますと、いったいどれが正しいの、自分に合っているか
が分からなくなってくるかもしれません。

いろんな意見の中で、ほとんど共通して言われていることは

「甘いものを食べて脳にエネルギーを補給しよう」

ということです。
つまり「甘いものは脳に良い」という意見です。

しかし最新の研究では、脳の働きを高めるために甘いものを食べる
というのは、むしろ逆効果であることが明らかになってきています。

そこで、現在私が行っている集中力をアップさせる
食べ物を紹介させて頂きたいと思います。
正確に表現すると「食べ物 in 飲み物」になるのかもしれません。

私は受験生ではありませんが、仕事の集中力アップのためにこれを実践しています。

もちろん受験生の方にも同様の効果があります。
なぜなら、集中力をアップさせる、頭の回転を速くする
という意味では勉強もビジネスも同じだからです。

それでは、私が実践している集中力アップの方法を紹介させて頂きます。

それは、

「レモン水を毎朝飲むこと」

です。

スポンサーリンク

レモン水といっても、スーパーやコンビニで売っている物はダメです。
自分で作る必要があります。
勉強が忙しい場合は、お母さんに作ってもらってもいいかもしれませんね。

1つ1つ「なぜ、それが必要なのか?」という理由を説明いたしますので、
ぜひ納得されてから実践するようにしてください。

「なぜ?」を始めに理解してから実践すると継続することが出来ます。
これは受験も資格取得も同じだと思います。

「なぜ、この高校に行きたいのか?」
「なぜ、この大学に行きたいのか?」
「なぜ、この資格を取りたいのか?」

この問いに対する答えが明確であるほど、勉強を継続することが出来ます。
勉強をしていると辛くなるときがあると思います。それはどんな人でも同じです。

・ゲームがしたい。
・テレビが見たい。
・デートがしたい。

いろんな欲求があると思います。
そんな時「なぜ?」が明確でないと「少しならいいか」と自分を甘やかしてしまいます。

「なぜ、勉強の集中力アップのためにレモン水を毎朝飲むのか?」

という問いに対する答えを、自分の中で明確にしてください。

それでは、勉強の集中力アップのために必要なものを紹介いたします。
そのあとで「なぜ?」について、1つ1つ説明いたします。

●●勉強の集中力アップ・レモン水を作るために準備すること&物●●

0、朝7時までに起きる
1、500mlの冷たい水
2、レモン1個
3、ヒマラヤ岩塩(小さじ一杯)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●0…なぜ、朝なのか?●

まず、なぜ朝なのかという時間帯について説明いたします。

受験生の方の中にも夜型の方がいらっしゃるかもしれませんね。
でも、できるだけ朝型に変えるほうが望ましいです。

もちろん健康の問題もありますが、
一番の理由は受験が行われるのが朝~夕方だからです。
夜に行われることありません。

受験の時間帯に最大限のパフォーマンスを発揮するためにも
日頃から朝型に慣れておくのが良いのです。

朝は一日の方向性を決定づける極めて重要な時間帯です。

例えば日曜日に昼過ぎまで寝ていたことはあなたにもあると思います。
そうなってしまうと、すぐに夕方です。
あっという間に一日が終わってしまいます。

受験に限らないのですが、何をやるにも一番大切なのは「やる気」です。

このやる気が一番高いのが、朝なのです。
夜ではダメなのです。

住んでいる地域によって違ってきますが、7月頃であれば
朝の5時頃に太陽が出ている所もあります。

もしあなたが受験生で、睡眠をしっかりとって、
太陽の日差しで目を覚ました朝は、きっとやる気に満ちているはずです。

「よし、今日一日しっかりと勉強しよう!」

そんなふうに思うはずです。

自分にとって今、一番やるべきことを朝にやることが大切です。
「やりたいこと」ではなく「やるべきこと」です。

受験生であれば、受験勉強。
ビジネスマンであれば、スキルアップのための勉強。
資格試験に合格したい方であれば、資格取得のための勉強。

それぞれの立場によって「やるべきこと」は違います。

自分が今やるべきことを明確にして、やりたいことの誘惑に勝ってください。
朝なら勝てますが、夜だと勝てません。

人間は朝だと誘惑をコントロールできますが、
夜だと逆に誘惑にコントロールされる生き物だからです。

だから意志の力の強い朝に、あなたは勉強する必要があるのです。

●1…なぜ、水にこだわるのか?●

しっかりと睡眠をとって、スッキリと目覚めたあなた。
次にやるべきことは、今、感じているやる気を一日中持続させることです。

そのために集中力をアップさせるレモン水を飲みますが、
そこで大切になってくるのが水の質です。

なぜ水にこだわるのか?

あなたもご存じの通り、人間の身体の70%は水で出来ています。
そしてまた、血液も水なのです。

その70%の水分が汚れていたら
残りの30%をどんなに頑張ったとしても意味がないのです。

受験勉強であれば、1日15時間勉強したとしも、
ジュースばかり飲んでいたら意味がないということです。
それよりも良い水を飲んで5時間勉強したほうが効果が高いということです。

水を選ぶ基準ですが、
基本的には以下のような順位になります。

1位…天然の湧き水
2位…浄水器+蒸留器
3位…浄水器オンリー
4位…ガラスビンに入ったミネラルウォーター
5位…ペットボトルに入ったミネラルウォーター

当然、上に行けばいくほど手間やお金がかかります。
こだわりすぎると面倒になって、継続できなくなります。

勉強もそうですが、何事も継続するの一番大切です。
なので最初は5位のペットボトルからスタートするのが良いと思います。

出来ることから始めてください。

ちなみに私は、近所のスーパーで2リットル入リの
水を箱ごと買ってきて使っています。
10本入りで300円くらいなので安いですね。

今は水道の蛇口に簡単に取り付けられるタイプの浄水器も増えて
きていますので、それでもいいと思います。
水道水をそのまま飲まないことが大切です。

次に「なぜ、冷たい水なのか?」についてです。

2つ理由があります。

1つ目は、冷たい水を飲むことによって、腸がゼンドウ運動を行うからです。
簡単に言えば、腸がブルブルと動いて、お通じが良くなるのです。

2つ目は、水の衛生面です。
冷たい水は良くない、常温の水が良いと言われることが多いですね。

常温の水は身体は冷やさないですが、デメリットもあります。
それは衛生面です。特に夏場には不安が残ります。

その点、冷蔵庫の水であれはそんな心配もなくなります。
水を飲む度にいちいち不安になるのはストレスになってしまいます。

「冷たい水は身体を冷やすので良くないのでは?」

という意見もあると思いますし、確かにそれは事実です。

しかし、身体を冷やすというデメリットはあるものの、
メリットとデメリットを総合的に判断して、
冷たい水の方が良いというのが結論です。

●2…なぜ、レモンなのか?●

2つ理由があります。

1つ目は、レモンが腸をきれいにしてくれるからです。
腸は第2の脳と呼ばれていて、実は腸と脳は密接な関係があります。

最近では腸をきれいにして健康になろういった本が多数出版されているように、
腸の重要性が徐々に認識されてきています。

あなたの場合であれば、健康ももちろんですが、
腸をきれいにして勉強の集中力をアップさせることが目的だと思います。
腸がきれいであれば、脳もきれい、つまり頭の回転も速くなるということです。

2つ目は、レモンが安くてどこにでも売っているからです。
地域によって違うと思いますが、だいだい1個100円くらいだと思います。

もしかしたら高く感じるかもしれませんが、ペットボトルのジュースよりも安いです。
何よりも集中力がアップするのです。
1日100円を投資する価値はあるのではないでしょうか?

以上の理由から、レモンを摂取することをおすすめします。

なおレモンを絞るには、レモン絞りがあった方が楽です。
100円ショップなどで売っていますので探してみてください。

●3…なぜ、ヒマラヤ岩塩なのか?●

簡単に説明すると、健康に良いからということになります。

具体的には

・血液の循環を良くする
・デトックス効果がある
・ストレスを和らげ、熟睡を促す

他にもたくさんありますが、要は脳にとって害がないということです。

ヒマラヤ岩塩はネットで検索すれば、いろいろ発売されています。
とくにこだわる必要はありませんので、気に入ったところで買ってください。

●●勉強の集中力アップ・レモン水、作り方の手順●●

1、ペットボトル500mlの冷たい水を用意する
(補足)
水はやや少なめに入れましょう。
絞ったレモンを追加するためです。

2、レモン1個を絞る
(補足)
レモン絞りを使うと楽に絞れます。

3、絞ったレモンをペットボトルに追加する

4、ヒマラヤ岩塩(小さじ一杯)を加える

5、ペットボトルのフタをしてシェイクする

以上で勉強の集中力アップ・レモン水の出来上がりです。
これは正確に表現すると食べ物ではなく飲みものかもしれませんね。

ただこのレモン水のメリットは、1日1回飲むだけで1日中効果が持続するということです。
あとは健康にも良いということです。

例え甘いものが集中力に効果があったとしても、食べ過ぎると良くありませし、
ダイエットしていれば気になりますよね。
レモン水であれば、少し作る手間は必要ですが、そんな心配もありません。

そんな効果抜群の勉強の集中力アップレモン水ですが、
いきなり完璧にやろうとすると続きません。

なので

・ペットボトルのミネラルウォーター(冷やしたもの)
・ヒマラヤ岩塩
・レモン

この3つからスタートしてみてください。
1週間続ければ、身体や脳に変化が起きるのを実感できるはずです。
そして効果を実感できたら、ぜひ続けてみてください。

あなたの受験、ビジネス、資格などに、
この「勉強の集中力アップ・レモン水」がお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク