清水富美加が出家した理由は東京喰種(トーキョーグール)なの?

女優の清水富美加さんが芸能界からの引退を発表しました。

そして同時に幸福の科学へ出家することが分かりました。

当然、注目が集まったのは

「清水富美加さんが出家した理由」

です。

その理由はいろいろあるようです。

そしてその中の1つが

「東京喰種(トーキョーグール)」

にあると言われているのです。

果たしてそれは本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

清水富美加が出家した理由とは?

今回、東京喰種が注目されるようになったのは、幸福の科学からの発表にありました。

幸福の科学によると

「人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条に合わない仕事が増え~」

というものでした。

そのため一部では

「清水富美加が出家したのは東京喰種が原因?」

という声が聞かれるようになったのです。

一見すると、そうかもしれないと思うかもしれません。

しかし、私はこれは間違っていると思います。

それは清水富美加さんの過去の発言や告発本の内容などからも見てとれます。

清水富美加さんは芸歴8年でした。

そして彼女はデビュー当初から所属事務所に対して不信感を持っていたようです。

不信感というのは待遇の面に関してです。

清水富美加さんはデビューしてから事務所の寮に住んでいました。

それはよくある話です。

しかしその待遇はかなり悪かったようです。

以前、彼女がテレビに出演した際に、住んでいる寮の様子が映されました。

それによりますと、6畳の部屋に二段ベッドがあって、同じ事務所のメンバーと同部屋に住んでいることが分かったのです。

これがデビューして間もない時期なら分かります。

しかしそれは2015年の話だったのです。

つまりその時は既に清水富美加さんは売れっ子の女優だったのです。

なのに住むところは相変わらずで、給料も少なかったようです。

告発本の内容を信じるならば、かなり不信感が募っていたようです。

つまり、清水富美加さんの引退の理由の根本は「事務所との関係」にあると考えるのが普通だと思います。

そして東京喰種が出家の理由とはいうのは後づけなのではないでしょうか?

もし「人肉を食べる役柄~」というコメントが清水富美加さん本人から語られているのであれば、それが理由なのかもしれません。

しかしコメントを出しているのは幸福の科学です。

清水富美加さんが言ったことを幸福の科学がそのまま伝えているかどうかは分からないからです。

真相について更に深掘してみます。

スポンサーリンク

清水富美加の出家と「東京喰種」の関係性

ここからは私個人の考察です。

出来るだけ事実を元に客観的に書いてみたいと思います。

まず当たり前すぎて忘れてしまいがちですが

「清水富美加さんは女優」

でした。

ここが大事なポイントです。

女優という仕事は自分の思想信条に合わない役などたくさんあります。

むしろ思想信条に合う役の方が少ないかもしれません。

例えば

・不倫役

・ストーカー役

・性的マイノリティー役

などなど、他にもたくさんあります。

思想信条に合わないから苦痛」なんて言っていたら女優という職業はやれません

清水富美加さんは8年間女優として活動してきました。

その中には理解できない役もあったでしょう。

でも最初は理解できなかったけれど、役を演じている中で共感できたりと理解が深まっていくものだと思うのです。

そしてそれを楽しめるのが女優さんの資質だと思います。

それではなぜ東京喰種が責められるのでしょうか?

私はそれは

「清水富美加さんが東京喰種で演じた役柄がセンセーショナルだったから」

だと思うのです。

東京喰種は大人気漫画ですが、世間には知らない人もたくさんいます。

そんな人たちが「人肉を食べる役柄~」という一部分だけを耳にしてしまえば、

「確かにそんな役なら仕事が嫌になっても仕方ないよね」

と清水富美加さんに同情的になるかもしれません。

「人肉を食べる」

という言葉のインパクトが強いからです。

そもそも東京喰種の仕事を受けた時に、所属事務所から清水富美加さんに対して、演じる役がについての説明があったでしょう。

その時点でどんな役かは本人が自覚していたはずです。

仕事というのは契約によって成り立っています。

・約束したことは守る

・守れなければペナルティーがある

そういうことです。

清水富美加さんが「人肉を食べる」という役がらが本当に嫌であれば、その時点で受けていないでしょう。

事務所から言われた仕事は断れなかったとも言われていますね。

しかし心底嫌で拒否反応を示すような仕事であれば受けないと思うのです。

そして事務所としてもそこまで嫌がるのであれば無理にやらせることはないと思うのです。

ですからやはり清水富美加さんの出家した理由は東京喰種ではないはずです。

「東京喰種はスケープゴートにされてしまった」

私はそう思っています。

私の考察が正しいのか間違っているのかは分かりません。

そして確かめようもありません。

私は

「清水富美加さんの出家騒動で被害者を受けているのは東京喰種のファン」

だと思っています。

東京喰種という漫画の原作を愛するファンの皆さんです。

実は東京喰種が映画化されるにあたってはファンの間でも賛否両論がありました。

そしてそんな中でも映画化されることになって、ファンの皆さんは素晴らしい作品になることを期待していたのです。

しかし今回の件で、まるで東京喰種という作品が酷いものであるかのような印象が拡がってしまいました

「人肉」発言は清水富美加さん本人のものではなかった可能性もあります。

もしかすると本人のものだったかもしれません。

しかし真実はどちらにせよ、公の場で言うべき言葉ではありませんでした。

礼儀や社会性というものが少しでもあれば決して言っていないと思うのです。

・清水富美加さん

・所属事務所

・幸福の科学

3者の間でいろんなことがあったのでしょう。

芸能界を引退するは本人の自由です。

仕事を途中で放り出すことは駄目ですが。

そして出家するのも自由です。

しかし

「東京喰種という作品を悪者にする自由は絶対にない」

ということは言い切れます。

東京喰種の映画がどうなるのか分かりません。

公開中止の可能性もあります。

代役を立てて撮り直す可能性もあります。

仮に清水富美加さんの代役が立つとします。

「人肉」を食べる役がらを演じるなんて女優さんは嫌がるでしょうか?

そんなことはありません。

もし代役のオファーがあれば断る女優さんはいないと思います。

それは映画版・東京喰種のキャストを見れば分かります。

みなさん一流の俳優ばかりです。

なぜそんな役者さんが東京喰種に出演しようと決めたのたか。

それは東京喰種という作品に魅力を感じたからに違いありません。

「東京喰種という作品が魅力だったから魅力的なキャストが集結した」

私はそう思っています。

まとめ

清水富美加さんが出家した理由は決して東京喰種ではありません。

それは間違いないことです。

確かめる術はありません。

しかし私はそう確信しています。

スポンサーリンク