小沢健二のMステでのコメントが感動的!フジロックにも出演決定

今日は小沢健二さんがMステに出演されました。

皆さんはご覧になりましたか?

私はもちろん見ましたよ!

私はずっと前から小沢健二さんのファンですから。

いつからかと言いますと

「フリッパーズ・ギター」

時代からです。

フリッパーズ・ギターというのは

小沢健二さん

小山田圭吾さん

が在籍していたバンドです。

元祖渋谷系と言われていました。

私はフリッパーズ・ギターのアルバムも買いました。

その後、小沢健二さんのシングルやアルバムも買いました。

更にコーネリアスの小山田圭吾さんのアルバムも買いました。

彼らを知ったきっかけはなんだろうと今思うと、たぶん

「予備校ブギ」

というドラマだったと思います。

確か織田裕二さんと的場浩司さんが出演していたと思います。

その主題歌をフリッパーズ・ギターが歌っていたのです。

曲名は

「恋とマシンガン」

です。

今聴いても素敵な曲ですよ~。

聴かれたことがない方はぜひ聴いてみてくださいね。

スポンサーリンク

小沢健二さんの思い出

小沢健二さんが世の中に知られるようになったのは、今から20年ちょっと前だと思います。

フリッパーズ・ギター時代も有名でしたが、知る人ぞ知るという存在だったと思います。

世間的に知られるようになったのは

「今夜はブギーバック」

からだったと思います。

この曲は小沢健二さんとスチャダラパーがユニットを組んだものです。

スチャダラパーと言えばラッパーです。

この曲でスチャダラパーという存在も日本中に知られるようになりました。

私はこの曲を何度聴いたことか分かりません。

とにかく好きですね。

今聴いても新しさを感じます。

この曲から小沢健二さんは日本のミュージックシーンの中心に躍り出たという印象です。

その後の彼はたくさんのヒット曲を連発しました。

「カローラ2に乗って」

なんて知らない人も多いだろうなあ。

この曲は文字通りトヨタのカローラ2のCMの曲なんですが…

聴いたことがない方はぜひ聴いてみてくださいね。

スポンサーリンク

小沢健二さんと東大と華麗なる家族

小沢健二さんと言えば

「東大出身」

ということでも有名ですね。

20年前でも珍しかったのですが、現在でもあまり東大出身の歌手っていないと思います。

小沢健二という言葉で連想する言葉の1つに東大がありますから。

ちなみに東大文3卒業です。

文3というのは文学部のことです。

小沢健二さんは家族も豪華です。

・祖父…小澤開作

・叔父…小澤征爾(世界的指揮者)

・従兄…小澤征悦(俳優)

なのですよ。

なんとも華麗なる一族ですね。

そんなドラマがありましたね。

ちみに小沢健二さんの出身高校は

「県立多摩高校」

です。

神奈川県にあります。

俳優の三上博史さんも同校の出身です。

スポンサーリンク

小山田圭吾さんとX JAPANのhideさんとの対談

これは小沢健二さんがフリッパーズ・ギターに在籍していた小山田圭吾さんの話です。

今日のMステでX JAPANも出演してたいので何か思い出はないか探してみました。

そうしたらありました。

もう20年以上前の話です。

ある雑誌の表紙が

小山田圭吾さん

hideさん

だったのです。

しかもその雑誌には2人の対談が掲載されていたのです。

なぜこの対談が実現したのかと言いますと、hideさんがコーネリアスの曲をヘビーローテションているからだったのです。

ちなみに曲は

「First Question Award」

です。

hideさんがとくにかくこの曲が大好きで、それで実現したのです。

今でも覚えているのが、対談の途中で小山田圭吾さんがトレイに行ったのです。

それでトイレから戻ってきたときに

「僕がいない間に、僕の悪口言いませんでした?」

といったことを言ったのです。

なぜかこんな変なことを覚えているんです。

この対談を読んだ人は共感してくれるかもれません。

めちゃくちゃ少ないと思いますが。

そんな思い出です。

スポンサーリンク

小沢健二さんとタモリさんの仲

今回のMステでも感じたのですが、

「小沢健二さんとタモリさんは仲良し」

だと改めて思いました。

まさかタモリさんが1ヶ月前に小沢健二さんのライブに行っていたとは!

タモリさんのことを好きな人はいっぱいいます。

でもタモリさんが

「タモリさん、この人のこと絶対好きだよね」

と感じる人はそんなには多くないです。

そんな数少ない、タモリさんが大好きな人の1人が小沢健二さなんですよね。

なんと言いますか、タモリさんの表情とは、立ち振舞から伝わってくるのです。

小沢健二さんに対する愛情が。

変な意味ではないですよ。

純粋に人間として好きなんだと思います。

小沢健二さんとタモリさんと言えば

「笑っていいとも」

にも思い出があります。

笑っていいともの終了が発表されてから数ヶ月後、小沢健二さんがテレフォンショッキングに出演されたのです。

そこで小沢健二さんはご自身の曲を歌われたのです。

その時のタモリさんも嬉しそうだったなあって思います。

小沢健二さんとタモリさんの2ショットを見たのは笑っていいとも以来でした。

今回のMステは豪華過ぎましたね。

X JAPAN

小沢健二さん

この2組のアーティストが出演しているなんて、まるで20年前みたいです。

小沢健二さんのXポーズも素敵でした。

もちろん他のアーティストさんも大切なのですが、今回に限ってはこの2組を軸として番組が構成されていたと思います。

ラスト2組がX JAPANと小沢健二さんでしたものね。

まるで夢のような1時間でした。

せっかくならMステのスペシャルのときに出演すればいいのにとの声もあると思います。

でもテレ朝のスタジオだからこそ実現できたのかもしれませんね。

とてもとても濃密な1時間でした。

スポンサーリンク

小沢健二さんのフジロック出演と名言に感動

今日のMステではサプライズもありましたね。

それは

「小沢健二さんが今年のフジロックに出演する」

ということです。

おそらく初解禁の情報です。

ネットでは今この話題で騒然となっています(笑)

フジロックなんですね。

個人的には

「ROCK IN JAPAN」

に出演してほしかったです。

なぜフジロックなのか?

とは言え、夏フェスで小沢健二さんが見られるだけで嬉しいです。

小沢健二さんの参加表明でフジロックのチケット争奪戦もますます激しくなりそうですね。

そしてさすがの小沢健二さん。

Mステに最後に名言を残してくれました。

弘中綾香アナの

「小沢健二さん、20年ぶりのミュージックステーションは如何でしたか?」

という質問に対して、小沢健二さんは

「20年間この番組が音楽の火を灯し続けていた事に感動します」

と回答したのです。

これにはタモリさんも思わず

「ありがとうございます」

とおっしゃいました。

むしろ小沢健二さんのコメントに感動しましたよ。

きっと私だけではないと思います。

もしかすると今回のMステのハイライトは最後の最後で小沢健二さんの言った、このコメントだったかもしれません。

まとめ

それにしても小沢健二さんのMステ出演が嬉しかったです。

音楽活動再開という捉えていいのでしょうか?

フジロックにも出演されるということで本格的に再開だとファンとしては嬉しいですね。

「流動体について」

が発売されたのでプロモーションということで各局の音楽番組に出演されるといいですね。

とにかく小沢健二さんが歌う姿をたくさん見たいです。

それは私だけではなく多くの人の願いだと思います。

Mステ見て本当によかったです。

スポンサーリンク