河野成季(鳴門渦潮)の出身中学は?身長や体重や徳島県大会の戦績も!

こんにちは。

今回は鳴門渦潮高校の

河野成季

投手をご紹介します。

2017年夏の高校野球地方大会は、徳島渦潮高校が徳島県代表の座を見事に掴み取りました。

9年ぶり7回目の夏の甲子園出場です。

昨年夏の徳島大会と昨秋、今春の県大会、いずれも準優勝に終わった雪辱を晴らしました。

鳴門渦潮高校の野球部は、現在

「部員数60人」

です。

県立高校で60人というのは凄く多いですね。

そんな中で、私が一番注目しているのが河野成季投手です。

そこで今回は河野成季投手の

プロフィール

出身中学

身長や体重

徳島県大会の戦績

などを中心に書いていきたいと思います。

よろしければ、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

河野成季のプロフィール

まずは河野成季投手のプロフィールをご紹介します。

学年 … 3年

身長 … 178センチ

体重 … 74キロ

背番号 … 1

守備 … 投手

打順 … 8番

投打 … 左投げ左打ち

河野成季投手は

「藍住東中学校」

の出身です。

徳島県板野郡藍住町にある公立中学校です。

ちなみに

中学時代は

「徳島藍住リトルシニア」

でプレーしていました。

徳島県板野郡藍住町にある中学硬式野球チームです。

なお今回ベンチリ入りしている18人の中で、徳島藍住リトルシニア出身は3人います。

18人中3人というのは、なかなか優秀ですね。

河野成季投手は、左腕からの最速130キロ台後半のストレート。

そしてスライダーが大きな武器です。

スポンサーリンク

河野成季の徳島県大会戦績

河野成季投手の徳島県大会の戦績は以下のようになっています。

【打者】

試合数 … 4

打数 … 13

得点 … 3

安打 … 8

打点 … 4

二塁打 … 0

三塁打 … 2

本塁打 … 0

三振 … 2

四死球 … 1

犠打 … 1

盗塁 … 1

失策 … 0

打率 … .615

 

【投手】

試合数 … 4

回数 … 28回3分の2

被安打 … 15

奪三振 … 34

与四死球 … 11

失点 … 3

まず打者としてですが、特に「安打」「打率」が素晴らしいです。

どちらもチーム内トップの戦績です。

打率6割以上というのは、高校野球とはいえ、なかなか見ることが出来ない数字です。

次に投手としてですが、全4試合に先発。

28回3分の2を投げ、34三振を奪いました。

イニング数よりも奪った三振数の方が多いですね。

これは三振が取れる証であり、出場校の投手の中でも卓越した奪三振率を誇っています。

イニング数を試合に換算しますと、ほぼ3試合になります。

3試合を投げてわずかに3失点。

防御率は「0点台」です。

河野成季投手がここまでの投手に成長したのは、その努力にあります。

制球力をつけるため、ブルペンに打った2本の杭の間に張ったひもを狙って投げる練習を今でも続けています。

そしてテイクバックで力を抜いて、右足に長く重心を残すフォームに修正し、投球に安定感が生まれました。

片道13キロの自転車通学や冬場の走り込み、スクワットで下半身を鍛えました。

鳴門渦潮高校は強力打線のチームと言われています。

しかしその一方で、河野成季投手が率いる投手力のチームでもあるのです。

まとめ

今回は徳島県代表、鳴門渦潮高校の河野成季投手を紹介させていただきました。

本来のピッチングをしてくれれば、甲子園で勝ち進むことも充分に期待できます。

ぜひとも頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

高校野球が大好きなあなたへ

よろしければ、ぜひ以下の記事も読んでみませんか?

伊藤毅は桐生第一で甲子園に出場!俳優としての出演作品は?アメトークに出演

藤枝明誠の校歌が長い理由はなぜ?調べてみたら隠された狙いが見えてきた!

丸山惇(大冠高校)はなぜ公立を選んだのか?大阪桐蔭に勝てる可能性は!?

清宮幸太郎なぜ3番を打つの?理由は4番起用以上のメリットが早実にあるからだった!