テレビを見ないメリット & 捨てることなく達成率99%の方法

私はテレビを見ないことが良いことだとは思っていません。
それと同時に悪いことだとも思っていません。
どちらでもいいと思っています。

私は、ほとんどテレビを見ません。
それはテレビを見ないことにメリット感じているからです。

1「テレビを見ないメリット」

私がテレビを見ない理由はただ1つです。
それは、

「時間を増やしたいから」

です。

物凄く単純です。
テレビを見ると目が悪くなる、
頭が悪くなるなどの理由ではありません。

テレビを2時間見るよりは、
他のことに2時間使いたいからです。
ただそれだけなのです。

テレビを見ない人には2パターンあります。

1.テレビが家にない。
2.テレビは家にあるが、ほとんど見ない。

このどちらかです。
私は2に該当します。

テレビを捨ててしまってもいいのですが、
年に数回ですが、どうしても見たいときがあります。

私の場合は

・箱根駅伝
・サッカーW杯
・オリンピック
・卓球の国際大会

などです。

偶然ですが、全部スポーツ関係です。
サッカーWカップはアジア地区予選なども見たいので、結構見ることになります。
逆に言いますと、これ以外に見たい番組はほぼありません。

「絶対見たい」ではなく「出来れば見たい」レベルなのですが、
やっぱり見たいことは見たいのです。

そんなときに、テレビが家になかったらストレスになってしまいます。
なので私はあえて、テレビを捨てないで家に置いているのです。

ここで1つ問題があります。
それは

「テレビが家にあると、なんとなく見てしまう」

という悩みです。

・テレビは出来るだけ見ないようにしたい。
・テレビを見るときは、事前に決めたものだけにしたい。
・テレビは捨てたくない。

そんな、以前の私と同じ悩みをお持ちのあなたに、
その願いを叶える方法をお伝えします。

スポンサーリンク

2「テレビを捨てないで、事前に決めた番組だけを見る方法」

家に帰ると、とりあえずテレビをつける。
食事のときは、とりあえずテレビをつける。
見ないようにしよう思っても、どうしても見てしまう。

これは仕方のないことかもしれません。
人間の習慣というのは長年かけて形成されたものだからです。

私も初めの頃は、やはりどうしてもテレビを見てしまいました。
特に夕食のときです。

しかもその時間帯はテレビのゴールデンタイムなので、
番組も面白いものが多いのです。

なので一度テレビをつけてしまったらもう駄目です。
気づいたから2時間経っていたというようなことがたくさんありました。

頭では分かっているのです。
テレビを見ている時間がもったいない。
他にやるべきことがある。

でも、どうしてもテレビを見てしまう。
そして、そんな自分に罪悪感を感じてしまう。
その繰り返しでした。

そこで、どうすれば、テレビを見ないでいられるか、
決めた番組だけを見るように出来るかを考えました。

私は思いました。
それは

「意思の力は、欲望には勝てない」

ということです。

テレビを見ないようにしようというのは、意思の力です。
テレビを見たいというのは、欲望です。

「欲望 〉意思」

なのです。

欲望に勝つためには、もっと強い欲望
そう、

「熱望」

が必要なのです。

そこで私は考えました。
自分の熱望とは何か?
欲望よりも強い欲求は何か?

その結果導き出された答えが

「夢」

だったのです。

スポンサーリンク

私には夢があります。
夢を叶えるためには、時間が必要です。

テレビを見ている時間はほとんどありません。
少なくとも1日に2時間も3時間もテレビ見ていたら、
絶対にこの夢は叶いません。

夢とテレビを比較すると、当然ですが

「夢 〉テレビ」

となります。

あとはこれを実践できればいいのです。
実践するためには、意思の力に頼っていては駄目です。
意思の力は欲望に負けるからです。

そこで私は仕掛けを作りました。

「5年カレンダーをテレビの前に立てかけた」

のです。

詳しく説明します。
以下、私がやったことです。

1.「5年カレンダー」をインターネットで注文した。
2.コルクボードを買ってきた。
3.押しピンを買ってきた。

そして

4.「5年カレンダー」を押しピンでコルクボードに貼り付けた。

そして

5.「5年カレンダー」をテレビの前に立てかけた

のです。

実はカレンダーが5年というのが重要です。
1年だと当たり前すぎて、脳が働かないからです。

それが5年になると違ってきます。
5年というのは夢を叶えるために必要な時間です。

夢を叶えるのに必要な時間は、人によって違います。
でも1年で叶うという人は少ないでしょう。

5年あれば、分野にもよりますが、
今はド素人だったとしても、プロになること
プロレベルになることは可能です。

例えば勉強の場合はどうでしょうか。

今、中学2年生になったばかりの生徒がいます。
成績はクラスでも下の方です。
でも、ある日、この生徒は将来、どうしても東大に行きたくなりました。

東大の入試までは5年あります。
この生徒は合格できるでしょうか?

これは受験のプロの先生からすれば、5年間真剣に勉強すれば、
東大に合格出来ない方が難しいと思うでしょう。
素人の目から見ても、5年間あれば、東大でも合格出来るような気がします。

1年では短すぎます。
10年では長過ぎます。

5年というのは、夢や目標を叶えるためには、ちょうどいい期間なのです。

私は5年カレンダーを貼ったコルクボードをテレビの前に立てかけています。
正確には、テレビ画面に立てかけています。

なのでテレビを見るためには、このカレンダーを
別の場所に移動させないといけません。

普通であれば、リモコンのスイッチつければ、テレビを見ることが出来ます。
でも、この場合はいちいち移動させないとテレビが見れないのです。

凄く面倒くさいです。
実はこれが大きなポイントなのです。

テレビを見ようとすると、5年カレンダーが目に入ります。
当然ですが、5年後のカレンダーも目に入ります。
そこには自分の夢があります。

そこで

「ワンクッション入る」

のです。

無意識になのですが、
テレビを見たいいという欲望と、
夢を叶えないという熱望を天秤にかけるのです。

もちろん絶対ではありませんが、
多くの場合、夢はテレビに勝ちます。

私はこの方法始めてからまだ6ヶ月くらいですが、
負けてしまったのは1回だけです。
180日の中の1日、1時間だけです。

なので、

「勝率99%」

を今のところ達成しています。

私は別に無理をしているわけではありません。
この方法を始めたときも、

「テレビを見たくなったら、我慢せずに見よう」

そんな軽い気持ちだったのです。

今よりもテレビを見る時間が、少しでも減れば
それでいいと思っていたのです。

ですが、始めてみると、思った以上に効果がありました。
それは

「テレビを見たいという欲望が、自然と減っていった」

ということです。

この方法があなたにも効果があるかは分かりません。
ただ少なとも私には絶大な効果があったのです。

自然というのがポイントです。
頑張って、無理をしているわけではなく、
テレビを見たいと思わなくなったということです。

あなたにも「夢」があると思います。

そして、その夢を叶えたいという気持ちは、
テレビを見たいという欲望よりも遥かに強いはずです。

もし、あなたが

・どうしても叶えたい夢や目標がある。
・でもどうしてもテレビを見てしまう。

という悩みがあるのであれば、
私の方法を試してみる価値があるかもしれません。

テレビを捨てる必要はないのです。
どうしても見たいテレビは見たい。
それはあなたも私も同じです。

大切なのは

「見るテレビ番組をコントロールする」

ということです。

5年カレンダーを使う方法は、
きっとあなたにも効果があると信じています。

まとめ

テレビを見ないメリット & 捨てることなく達成率99%の方法
を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

おそらくこんなこともやっている人は、他にはいないと思います。
私も誰かに教わったのではなく、自分で編み出した方法です。
そして実践してみて、効果は実証済みです。

あなたのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク