ジョイマン高木の出身高校と大学は?現在の収入と最高月収も調査!

こんにちは。

今回はお笑い芸人の

ジョイマン高木晋哉

さんに注目してみたいと思います。

2017年7月2日(日)に

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」

に出演することが決定しました。

番組予告を見てみると、どうやら高木晋哉さんの

「高学歴をイジられる」

みたいですね。

そこで今回は、ジョイマン高木晋哉さんの

プロフィール

出身高校や大学などの学歴

最高月収

現在の収入

などを中心に書いていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ジョイマン高木晋哉のプロフィール

まずジョイマンのプロフィールを紹介します。

コンビ名 … ジョイマン

メンバー … 高木晋哉 (たかぎ・しんや)、池谷和志 (いけたに・かずゆき)

結成 … 2003年

出身 … 東京NSC8期

所属事務所 … よしもとクリエイティブ・エージェンシー

名前 … 高木晋哉

生年月日 … 1980年8月18日

年齢 … 36歳 (2017年7月1日現在)

出身 … 神奈川県横浜市

身長 … 178センチ

体重 … 65キロ

担当 … ボケ

名前 … 池谷和志

生年月日 … 1981年2月18日

年齢 … 36歳

出身 … 神奈川県横浜市

身長 … 168センチ

体重 … 67キロ

ジョイマンの高木晋哉さんと池谷和志さんはの出会いは中学校でした。

2人とも

横浜市立谷本中学校

出身だったのです。

ただ中学時代、2人は同じクラスになったことはありませんでした。

しかし部活が同じバスケットボール部だったということもあり、友達になったのです。

ですが「親友」と言えるほどの仲ではなかったため、中学を卒業後は2人が連絡を取り合うことはありませんでした。

高校が別々になってしまったことも大きな要因でしょう。

そんな2人が再会を果たしたのは

「成人式」

でした。

中学卒業後、実に5年ぶりに2人は顔を合わせたのです。

成人式が終わったあと、2人は飲み会に参加ました。

そこで、

池谷和志さんは「NSCに入りたい」

高木晋哉さんは「大学でやることがない」

といった会話をしたのです。

友人の薦めもあり、2人はコンビを組んで芸人になることを決意しました。

そして東京NSC8期に入学したのです。

スポンサーリンク

ジョイマン高木晋哉の出身高校や大学などの学歴

ジョイマンの高木晋哉さんと言えば「高学歴芸人」として有名ですが、いったいどんな学歴をお持ちなのでしょうか?

調べてみたのですか、想像していた以上に高学歴でした。

高校はなんと

桐蔭学園高等学校

です。

桐蔭学園と言えば、毎年

・東大

・早稲田

・慶應

を始めとする難関大学に多数の合格者を輩出している、神奈川県下トップクラスの進学校です。

桐蔭学園に合格したということは、高木晋哉さんは中学時代から勉強が出来たということでしょう。

そして大学は、一浪したとはいえ、

早稲田大学

の教育学部の出身です。

桐蔭学園、早稲田というのは完全なエリートコースですね。

高木晋哉さんは早稲田大学に合格するために、メチャメチャ勉強したそうです。

しかし大学受験で燃え尽きてしまい、入学直後から完全にやる気を失ってしまいました。

そのため授業にもほとんど出席せず、大学時代、ほとんど単位を取得できなかったそうです。

結局大学は3年間で中退してしまいました。

せっかく早稲田大学に入ったのにもったいない!

でも大学を中退したのはジョイマンの相方である池谷和志さんから

「芸人に集中するために大学を辞めてくれ」

と言われたことも大きいようです。

しかし元々、大学でのやる気がなかってので、どちらにせよ中退していた可能性は高いですね。

こうして高木晋哉さんは苦労して手に入れた高学歴を自らの手で捨ててしまったのです。

ジョイマン高木晋哉の最高月収

ジョイマンと言えば有名なのは、やはり

「ラップネタ」

でしょう。

今からもう10年くらい前になりますが、ラップネタでジョイマンは大ブレイクし、一躍、人気芸人の仲間入りを果たしました。

それでは当時、ジョイマンの2人はどれくら稼いでいたのでしょうか?

実は高木晋哉さんが「ヨソで言わんとい亭」に出演したとき

「最高月収は180万円だった」

と突然の告白をしたのです。

当時ジョイマンは大ブレイクしていましたから、これくらいの収入があっても不思議ではないと思います。

月収180万円ということは、年収2000万円以上

ということになりますね。

芸能界は、そして芸人は夢がありますね!

ジョイマン高木晋哉の現在の月収

ラップネタで一躍人気芸人になったジョイマンですが、その人気は長くは続きませんでした。

1年くらいは休みの日がないほどの人気だったのですが、その後、急速に人気が落ちていったのです。

2015年にジョイマンのサイン会を開催したのですが、なんと

「お客さんが0人」

という衝撃の事件があったのです。

これはもしかすると高木晋哉さんが話を盛っているのもかもしれませんね。

さすがに0人ということはないと思いますので。

しかし0人ではなかっとしても、限りなく0人に近いくらい人が集まらなかったのは事実のようです。

そして、2015年の12月にすべてのレギュラー番組が終了。

2016年からは仕事が営業のみになってしまいました。

そんな状況ですから、当然収入も激減しました。

2017年現在、高木晋哉さんの収入は、本人曰く

「月収13万円」

くらいとのことです。

高木晋哉さんは現在結婚していて、奥さんと4歳の子供がいます。

月収13万円ではとても生活できません。

しかし高木晋哉さんはバイトなどはせず、奥さんの収入に頼って生活しているとのことです。

これは2通り考えられますね。

「高木晋哉さんはバイトをすると言っているけれど、奥さんから止められている」

「奥さんからバイトをしてと言われているけれど、高木晋哉さんが拒否している」

このどちらかです。

どちらも考えられます。

個人的には奥さんから

「家計は私がなんとするから、あなたは芸人さんとして頑張って」

と激励されているのかもしれません。

もしそうなら、メチャメチャいい奥さんですね。

いい話なので、そういうことにしておきましょう。

高木晋哉さんは奥さんと子供のためにも頑張らないといけませんね。

まとめ

今回はお笑いコンビ、ジョイマンの高木晋哉さんを紹介させていただきました。

現在は「売れない芸人」になってしまったジョイマン。

しかし一度はブレイクした芸人であることは間違いありません。

今回の「しくじり先生」の出演をきっかけにして、再び表舞台に出てきてほしいですね。

ジョイマンがまたテレビで活躍する日を楽しみにしています。

スポンサーリンク