平野美宇はなぜ強いのか?東京オリンピック金メダル最有力候補!

卓球女子の平野美宇選手の強さがますます際立ってきましたね。

少し前までは伊藤美誠選手の方が注目されていましたが、最近ではその様子が変わってきました。

平野美宇選手の強さを簡単に表現するとすれば「凄みのある強さ」と言えます。

彼女は現時点でまだ16歳の高校一年生なのですが、その強さに「凄み」や「貫禄」を感じさせます。

なぜ平野美宇選手はここまで強くなったのでしょうか?

このブログを書いているのは、平野美宇選手が石川佳純選手は破って卓球全日本選手線で初優勝した翌日です。

優勝時の年齢16歳9ヶ月(高校一年生)は、卓球全日本選手権女子史上最年少記録です。

決勝戦のスコアは

・平野美宇 4 - 2 石川佳純

でした。

スコアだけを見ると「いい勝負だったのかな」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、内容では圧倒していた印象でした。

実際に負けた石川佳純選手が

「正直何が起こったのかわからない」

「(平野選手は)何をやっても(ポイントが)入るんだなって感じました」

と完全に脱帽していた様子でした。

決勝戦を前にして平野美宇選手が勝つことを予想していた方も少なくはなかったと思います。

しかし、ここまで圧倒的な強さで勝つと予想した方はほとんどいなかったことでしょう。

では、なぜ平野美宇選手はここまで強くなったのでしょう?

私はその理由は大きく3つあると思います。

1つずつ解説させていただきます。

スポンサーリンク

リオデジャネイロ五輪での悔しさ

2016年夏に行われたリオデジャネイロオリンピック。

卓球女子の代表は

・石川佳純
・福原愛
・伊藤美誠

の3選手でした。

石川佳純選手、福原愛選手がシングルス&団体戦に出場しました。

伊藤美誠選手が団体戦に出場しました。

そのとき、平野美宇選手はどこで何をしていたのでしょうか?

実は平野先週もリオ五輪に同行していたのです。

しかし彼女の役割は「練習パートナー」でした。

試合に出ることはなく、試合に出る選手のサポートや練習相手を務めるのが役割です。

もちろん出場予定の選手が体調不良などで出られなくなったときは彼女が出ることが出来ます。

しかしその可能性はほとんど期待出来ないでしょうし、そんなこと望んでもいなかったでしょう。

平野美宇選手は最初はそんなに辛くはなかったそうです。

しかし実際にオリンピックの舞台で活躍をしている石川佳純、福原愛、伊藤美誠たち3選手の姿をスタンドから見ているときに、心境に変化が起きました。

自分はただ応援しているだけ、見ているだけで何も出来ない。

ほんの何十メートル先では、仲間がオリンピックの試合で頑張っているのに、自分はそれに参加することが許されない。

そんな自分がたまらなく悔しかったと、彼女は言っています。

何も出来ない無力な自分に対する悔しさ。

ここから平野美宇は猛烈なスピードで強くなっていったのです。

スポンサーリンク

中国スーパーリーグへの参戦

リオデジャネイロ五輪が終わったあと、すぐに平野美宇選手は中国スーパーリーグに参戦することを決めました。

中国スーパーリーグというのは中国で行われている卓球リーグのことで、世界最高のレベルを誇っています。

・「卓球 = 中国」
・「中国 = 卓球」

と言っても過言ではありません。

実際に卓球は中国の国技でもあります。

リオデジャネイロ五輪でも、中国は男女ともシングルス団体戦とも完全優勝を達成しました。

中国はとにかく強いです。

もう圧倒的に強いです。

日本も強いですが、中国の強さといのうは次元が違います。

そんな環境に平野美宇選手は飛び込んだのです。

中国において卓球選手というのはスーパースターです。

人気も収入も桁違いです。

国技であり、人気も収入も圧倒的。

ですから、競争が猛烈に激しいのです。

強ければ、上に上がれますが、弱ければすぐに下に落とされます。

ですからスーパーリーグは中国人選手にとっては一試合一試合が人生をかけた戦いなのです。

そんな選手たちと平野美宇選手は短い期間ですが戦ってきました。

そこから彼女は変わりました。

もちろんスキルや戦術も上達しましたが、卓球というものへの向き合い方が劇的に変わったのです。

日本のエースになりたい!

今回の卓球全日本女子選手権では、平野美宇選手の言動や立ち振舞が以前とは変わっていました。

以前の彼女はどちらかといとう控えめでした。

試合での抱負を聞かれても「一生懸命がんばります」と言う程度でした。

しかし今回は違いました。

・「優勝したいです」
・「自分は優勝出来ると思います」
・「石川佳純選手に勝って優勝したいです」

このように、とにかく「優勝」という言葉を多様していました。

ここまで言うのはある意味怖さもあります。

負けたときに惨めになりますからね。

でも平野美宇選手は、あえて公言することで自分を追い込みました。

そしてプレッシャーを前に進む力に変えました。

優勝した試合後のインタビューで、

「試合に勝つのがスポーツ選手の唯一の目的。以前は好感度も気にしていたけれど、もう嫌われてもいいと思った」

彼女はそう言っていたのです。

最近読んだ卓球雑誌のインタビューで平野美宇選手はこう断言していました。

「東京オリンピックでは日本では抜けた存在になりたい。日本のエースになりたい」

私はこの発言で、彼女の「覚悟」を感じました。

リオ五輪に出場できなかった悔しさ、中国で味わった厳しさ、そこから感じた卓球への思い。

とにかく自分は卓球が強くなりたい、東京オリンピックに出たい。

そしてただ出場するだけでは満足出来ない。

自分は東京オリンピックでは日本チームのエースになる。そして金メダルを絶対に獲得する。

そんな決意が平野美宇選手にはあったのです。

その圧倒的なメンタリティーが肉体に宿り、彼女はここまで劇的に強くなったのです。

まとめ

以上、平野美宇選手はなぜ強いのか?について書かせていただきました。

いかがでしたでしょうか?

かなり個人的な意見ですが、正直に書いてみました。

平野美宇選手もそうですが、伊藤美誠選手、早田ひな選手など女子卓球界は選手層がとても厚いです。

東京オリンピックへの期待がますます高まりますね。

日本中みんなで彼女たちを応援しましょう!

スポンサーリンク