白鵬の人柄は悪い?良い?立ち会いの変化をどうするべきかも提案!

土俵上での相撲内容だけではなく、土俵外での発言や態度などについても注目を集めている横綱白鵬。

そんな白鵬の人柄が悪いのか、それとも良いのかについて議論が巻き起こっています。

果たしてどちらの意見が正しいのかについて検証してみたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

白鵬の人柄は悪いという意見

白鵬は現在の相撲界で一番話題にあがる力士だと言っても過言ではありません。

もちろん、相撲界最高位の横綱であることも理由の一つです。しかしそれだけでここまで注目され続けることはないはずです。

そんな白鵬の人柄は果たして悪いのでしょうか?それとも良いのでしょうか?

2つの観点から見ていきましょう。

まずは「悪い」とする意見は以下のようになっています。

  • 性格が悪い
  • 力士の先輩である審判を批判する
  • 勝負がついたにも関わらずダメ押しをする
  • 報道陣の質問を無視する
  • 短気ですぐにカッとなる
  • 立ち会いで変化する
  • 張り手が多い

他にもたくさんの声がありますが、代表的なものをあげてみました。

こうして見てみると、実に様々な声があることが分かります。

実際に取り組みでは、立ち会いの変化や張り手がよく見られます。

正確には横綱だからそれらの行為が目立ってしまうというのも事実です。平幕の力士が変化をしても目立ちませんが、横綱がやると注目されてしまうからです。

白鵬の取り組みは相撲ファンが一番注目していますから、一挙手一投足が大きく取り上げられてしまうのです。良くも悪くも有名力士の宿命と言えます。

他にも白鵬は力士会において、平幕の力士である琴勇輝と千代鳳の待ったなしのあとのクセについて、本人たちに対してやめるように忠告しています。

その場に居合わせた相撲関係者によりますと「犬じゃないんだから、吠えるのはやめろ!」と大声で言ったというのです。

言うのはいいのですが、問題はその言い方です。

先輩、しかも大横綱である白鵬にそんな言い方をされたら、琴勇輝も千代鳳も「はい」と従うしかありませんから。

2人の力士は公衆の面前で恥をかかされた格好になってしまいました。

心の中ではいろいろと思うことがあったことでしょう。もちろん間違っても口に出すことは出来ませんが。

私個人としては白鵬が注意をしたことはいいと思っていたのですが、伊勢ケ浜親方によると、注意するのは審判部の仕事であるということです。

つまり順番としては、白鵬から審判部へ進言する。そして審判部から問題のある力士に対して指導するという流れが正しいということですね。

確かに言われてみればその通りですね。

白鵬と2人の平幕力士は立場としては大きく違いますが、同じ現役力士であることには変わりありません。それなに自分の主観だけを立場の弱い力士に押し付けるのはいただけません。

会社であればパワハラになってしまう可能性もあります。

もし言うにしても「相手の力士も驚くし、お客さんにも良いは見えないだろうから、やめたほうがいいと思うぞ」いう感じでやんわりした表現にするべきでした。

なかなか難しい問題ですね。

スポンサーリンク

白鵬の人柄は良いという意見

さて、そんな横綱白鵬ですが、もちろん人柄が「良い」という声もあります。

意見としては

  • 家族思いで奥さんにも子供にも優しい
  • モンゴルから日本に来て頑張っている
  • 相撲人気が落ちていたときも横綱として奮起していた

といったものです。

個人的に印象的だったのは「白鵬はモンゴル人だから日本人力士よりもバッシングが多い」という意見でした。

これは難しい問題です。それは「白鵬がもし日本人だったら」というのは想像に過ぎないからです。

仮に白鵬が日本人だったとして、今と同じ態度や取り組みをしていたらどうだったのか?それは誰にも分かりません。批判されるかもしれないし、そうではないかもしれません。

白鵬はモンゴル人です。そして日本人とは異なるメンタリティーを持っていることは事実です。

日本人の考えでは、人柄があって強い横綱が理想です。

しかし白鵬の考えは、強さが先でそのあとで人柄という印象が強いです。

有名なフレーズで「男は強くなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」というものがありますが、それに通じるものを感じます。

白鵬は土俵にあがっている時間は、勝つことだけを考えています。自分の人柄や優しさなんてことは微塵も頭にありません。

ですから、ついつい現れてしまう態度などが批判されてしまうのでしょう。

でももし白鵬が強さよりも人柄や優しさを優先させてしまったら、間違いなく相撲は弱くなります。

初土俵のころから横綱としての現在まで、勝つことを一番優先させて白鵬はここまでのし上がってきました。そこには力士としての信念があります。

その信念を否定することは、力士として否定されることと同じなのです。

それでは白鵬はいったいどうすればいいのでしょうか?

白鵬の立ち会いの変化はどうするべき?

良くも悪くも白鵬は相撲界で一番注目されている力士です。

もし白鵬が引退してしまったら、相撲界としては大打撃であることは間違いありません。

スポーツ界には「悪童」と言われる人物が常にいます。野球もサッカーもバスケットボールも、どんなスポーツにもいます。

もしかすると白鵬は大相撲界の悪童なのかもしれません。

悪童は本当は心優しい性格であることが通説ですが、白鵬もそうです。本当は人柄が良い人物なのです。

でも悪童は優しさがクローズアップされることはほとんどありません。それでは注目されないからです。とても悲しいことですが。

個人的な意見ですが、白鵬の取り組み内容については審判部から注意が必要だと思っています。

ですが注意するのであればルールの明確化が必要です。

よく問題になる立ち会いの変化についてですが、ルール上は問題ありません。ただ横綱としてはふさわしくないというだけです。

ですから白鵬の変化を批判するのであれば、いっそ相撲のルールとして変化を禁止するべきです。それであればすべての力士に対して平等ですからね。

そもそも相撲ファンは力士同士の熱戦を期待して観戦しているのです。そんなときに変化で一瞬で決まってしまう取り組みほど興ざめすることはありません。

いい機会かもしれませんので、相撲界としても考えてみてもらいたい題材の一つです。

まとめ

今回は白鵬の人柄について書いてみました。

いかがでしたでしょうか?

白鵬は相撲ファンの中でも「大好き」と「大嫌い」に分かれる力士です。

プロ野球でいえばジャイアンツみたいなものです。

ファンは多いが、嫌いな人も多い。

でもいなくなってしまったら嫌いな人も寂しいし悲しい。

そんな矛盾をはらんでいる力士が白鵬です。

魅力的な力士であることは疑う余地がありません。

一日でも長く力士として活躍してほしいと願っています。

スポンサーリンク