富女子とはどんな意味?貯金や生活費の金額!節約家で20~40代?

最近女性の間で「富女子」が増えています。

「ふじょし」あまり聞いたことがない言葉ですね。

いったい富女子とは何なのでしょうか?

分かりやす具体的な例を元に紹介していきます。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

富女子ってどんな意味なの?

富女子の特徴をひと言で言いますと

「5年で1000万円を貯める」

ことを目標に生活している女性のことです。

・1年で200万円

・1ヶ月で約16万円

を貯金していく計算になります。

数字だけを見るととても実現できそうにありませんよね。

しかし現実的にはこの無謀とも思える目標を達成する女性、つまり富女子が増えてきているのが実情なのです。

それでは富女子たちはどうやって「5年で1000万円」という目標を達成したのでしょうか?

スポンサーリンク

富女子会について

その前に富女子の始まりについて紹介します。

そもそもはワイズアカデミー(東京都渋谷区)が2013年に開いた、女性のためのお金のため方・投資勉強会「富女子会 (ふじょしかい)」が始まりです。

代表の永田さんが時々、参加者にアドバイスはしますが、基本的には参加者が持ち寄った計画書を見ながら議論する、いわばサークル活動のようなものでした。

2013年に始めた頃は会員は10人程度だったのですが、口コミでどんどん拡がっていき、現在では150人程度までになっています。

富女子会には

・会社員

・学校の先生

・薬剤師

・主婦

など様々です。

富女子はどうやって貯金を増やしているの?

富女子会の会員はその多くは年収が500万円以下です。

会員同士がお互いに励まし合いながらコツコツと節約をてしいます。

一方で、月々の貯金の多くを低リスクの投資に回しているのが特徴です。

1人では途中で挫折してしまいがちです。

しかし仲間と一緒に励まし合うことで頑張れるんですね。

中にはアパート経営などの不動産投資をしてお金を増やしている女性もいらっしゃいます。

実際に富女子ではこれまでに

・貯金500万円達成…50人

・貯金1000万円達成…1人

の目標達成者を輩出しています。

富女子の皆さんは決してお給料が高い訳ではありません。

しかしそんな中で150人中の50人、つまり3分の1が貯金500万円以上を達成しているのです。

これは凄く数字だと思いませんか?

富女子の生活費の節約方法

「5年で1000万円を貯金する」

この目標を達成するためには稼ぐ金額を増やすことは大切です。

しかしそれ以上に無駄遣いを減らして生活をすることの方がもっと大切になります。

それでは富女子たちはどんな節約をして生活費を抑えているのでしょうか?

以下に具体的な節約例を紹介します。

・はやり廃りがない着回しができる服を何年も着ている

・見ると欲しくなるのであまり店に足を運ばない

・髪を切る時はアプリを使って美容室のカットモデルに応募する

・賃貸マンションの自宅ベランダでリーフレタスなどを栽培して料理に使う

・買い物をするとき「それが欲しいものか、必要なものか、徹底的に選別する

・外食はめったにしない

・自宅で多めに作った夕食の残りを朝食や昼のお弁当おかずにする

・化粧品は数百円ほどの「ちふれ化粧品」を愛用

・買い物はイオンなどに行き、百貨店にはまず行かない

・アクセサリーは100均のもの

・衝動買いはしない

・家電は出来るだけ買わないで壊れるまで使う

このような節約をして生活費を安くしているのです。

富女子には40代で既婚が多い?20代や30代で独身が多い?

富女子にはどんな女性が多いのでしょうか?

実は様々です。

つまり

・独身

・既婚

・20代

・30代

・40代

などが多いのが実情です。

実は40代での既婚女性もいるのです。

富女子が貯金をする理由

それでは富女子はなぜここまでして貯金をするのでしょうか。

そしてなぜ挫折することなく頑張れるのでしょうか。

その理由は

「貯金をするための明確な動機がある」

ということです。

以下が富女子がお金を貯める理由の一部です。

・将来が不安だから

・老後の生活費のため

・子供の教育費のため

・いつか結婚して子供が生まれたら、今のように働き続けられるか分からないから

・結婚をしても幸せになれないかもしれないから

・年金をもらえるか分からないから

・夫と離婚したり死別したりする可能性もあるから

こういった理由があげられます。

ひと言で言えば

「将来の不安を出来るだけ少なくするために貯金している」

このように言えそうです。

まとめ

富女子が増えているのは社会的な背景もあるようです。

今の若い女性にとっては将来の年金問題も大きいですね。

現在は年金の支給開始年齢は65歳ですが、もしかすると将来は70歳、それ以上になる可能性もあります。

そうしますとやっぱり頼りになるのはお金です。

富女子たちは現実をしっかり見て、地に足をつけて生活しているのです。

スポンサーリンク