吉住晴斗の両親の名前と職業は?父母とも同じ仕事をしてる!?

2017年のプロ野球ドラフト会議が終わりましたね。

日本中の注目は「早実の清宮幸太郎がどこの球団に行くのか?」だったと思います。

今年のドラフトの目玉でしたからね。

私ももちろん清宮選手には注目していました。

しかし一番の注目は

「ソフトバンクホークスの1位指名選手は誰か?」

ということでした。

なぜならば私はホークスの大ファンだからです。

そしてホークスは

「吉住晴斗」

投手を1位で指名しました。

ご本人も気になるのですが、ご両親はどんな方なのでしょうか?

併せて調査しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

吉住晴斗のプロフィール

まずは吉住晴斗投手のプロフィールをご紹介します。

  • 名前 吉住晴斗 (よしずみ・はると)
  • 生年月日 2000年3月12日
  • 年齢 17歳
  • 高校 鶴岡東高等学校
  • 身長 185センチ
  • 体重 85キロ
  • スタイル 右投げ右打ち

2017年のドラフト会議で一番話題になったのは、間違いなく清宮幸太郎選手の交渉権を日本ハムが獲得した時でしょう。

そして二番目に話題になったのが、ソフトバンクホークスが吉住晴斗投手を1位で指名した時だと思います。

会場が騒然となりましたし、ネットでも騒ぎになりましたからね。

失礼を承知で申し上げれば、大部分の人が

「吉住晴斗って、誰?」

という状態だったと思います。

私も実はそうでした。

吉住晴斗投手のことをあまり知らなかったのです。

しかし調べてみると、とても魅力的な選手であることが分かりました。

まず185センチ、85キロという体格が素晴らしいです。

長身でがっしりしていますからね。

最近は細身で華奢なプロ野球選手も増えていますが、個人的にはこのくらいの体格の選手が好きです。

そしてなんと言っても

「最速149キロのストレート」

ですね。

また変化球ではスライダーを投げるとのことです。

ということは前田健太投手や菅野智之投手のような感じでしょうか?

そうなってくれたらいいなと、期待が広がりますね。

吉住晴斗投手がドラフト会議で無名だったのには理由があります。

それは甲子園に出場したのが2016年、つまり2年生の時の1回だけだからです。

しかもたったの1イニングしか投げていません。

さらにそれは1回戦でした。

ですから皆さんの記憶に残っていなのも無理はないでしょう。

そして2017年の夏の山形県予選では3回戦で敗退して、甲子園出場を逃しています。

しかし鶴岡東高校の緒戦には、プロ5球団6人のスカウトが集まりました。

地方大会、しかも緒戦にこれだけ来たということは、それだけ注目されていたということですね。

一部のプロ野球ファンからは

「吉住晴斗はドラフト4位以下でも取れた」

と言われています。

しかし実はスカウトに密かに注目されていたことを考えると、これは正しくないでしょう。

ドラフト2位指名の場合、2017年の場合はロッテから始まり、11番目にソフトバンクになります。

おそらくソフトバンクとしては、2位指名の10球団の中に、もしかすると吉住晴斗投手を指名する球団があるかもしれないと考えて、あえて1位で指名したのでしょう。

つまりホークスとしてはそれだけ欲しい選手だったということです。

私はそんな気がしています。

吉住晴斗投手はそれだけのポテンシャルがあるとプロのスカウトに認めれていたということです。

スポンサーリンク

吉住晴斗の両親の名前と職業

そんな吉住晴斗投手ですが、こ両親がどんな方なのかとても気になりますね。

そこでお父様とお母様について紹介させていただきます。

ご両親は

  • 父・英則さん (45歳)
  • 母・真由美さん (46歳)

です。

お仕事は

  • 英則さん 結婚式場のレストラン
  • 真由美さん 料理の先生

をされていらっしゃいます。

お二人とも食事に関するお仕事なのですね。

吉住晴斗投手は小さい頃は体が小さかったそうです。

そんな息子を見て、ご両親が食事の面で凄く協力してくれたのです。

1日3食以外にも食事を作ってくれたり、夜食を作ってくれたり。

つまり吉住晴斗投手の素晴らしい体格は、もちろん本人のトレーニングの成果でもありますが、ご両親の食事の面でのサポートが大きかったのですね。

高校3年間、自宅から高校まで通学していたということです。

食のプロが2人も側にいてくれたわけですから、とても心強かったことでしょう。

支えてくれたお父様とお母様に感謝ですね。

ご両親も息子さんがドラフト1位指名されて嬉しかったに違いありません。

まとめ

私はホークスファンなので、期待の投手が新加入してくれることがとても嬉しいです。

ハッキリ言って、ホークスは12球団でナンバーワンの投手力を誇っています。

これはファンだからではなく、他球団のファンの方も認めてくれていると思います。

なので吉住晴斗投手もレギュラーになる道のりは厳しいです。

しかし素材は文句なしです。

1日も早く、一軍のマウンドで活躍してくれることをホークスファンの一人として願っています。

スポンサーリンク