ワイドスクランブルの音声トラブルの原因は?テレビ朝日が大混乱!

こんにちは。

本日2018年1月15日(月)、テレビ朝日の「ワイドスクランブ」で音声トラブルが発生しました。

異例の事態に番組スタッフ、そして視聴者も大混乱状態になってしまいました。

そこで一番気になるのが、

「いったい音声トラブルの原因は何なのか?」

ということです。

とても気になりますね。

どんな状況だったのかも合わせて書いていきたいと思います。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ワイドスクランブルの音声トラブルの状況

まず、本日のワイドスクランブルですが、

「番組開始の10時25分くらいから、突然、音声が全く聞こえなくなってしまった」

のです。

私は最初

「テレビの故障なのかな?」

と思ったのですが、他のチャンネルに変えてみたところ音は聞こえていました。

つまりテレビは大丈夫だったということですね。

出演者の皆さんやスタッフさんは懸命に頑張っていらっしゃったようです。

もちろんスタッフさんは見えないのですが……。

そして少し時間が経ってから音声は復活しました。

しかしまだ音がおかしいのです。

一部、音が小さかったりする状態です。

完全には復旧していないようですね。

皮肉なことに「現場の怒号は聞こえる」というカオス状態になっています。

想像するだけで凄そうです。

これは紛れもない放送事故でしょう。

とにもかくにも早く、復活してほしいものです。

スポンサーリンク

音声トラブルの原因は何?

今回のワイドスクランブルで起きた音声トラブルの原因は何なのでしょうか?

この点についてテレビ朝日は

「全く状況が分からない」

とコメントを発表しています。

つまり原因を調査しているということですね。

のちほど判明すると思われます。

そんな中、ネットの一部では原因について

「相撲協会の呪いなのでは?」

という声もあがっています。

というのは、

「音声トラブルになったとき、ちょうど大相撲に関する話題を扱っていた」

からです。

それもあまり良くない話題を。

まあこれは冗談でしょうが、そんなことを考えてしまうのも分かります。

相撲協会はココ最近、良い話題がないですからね。

  • 日馬富士
  • 貴ノ岩
  • 貴乃花親方
  • セクハラ

などなど、いろんなことがありましたからね。

他にも

「サイバー攻撃が原因なのでは?」

という声もあります。

これについては、普通であれば笑って聞き流してしまうでしょう。

しかし最近、地方のテレビ局(石川テレビ)でもトラブルがありました。

それを考えると、可能性が0とも言えないですね。

原因の究明が待たれます。

まとめ

それにしても関心したのは

「大下アナウンサーの冷静な対応」

です。

大トラブルにも関わらず、的確な対応をされていました。

さすがのベテランアナウンサーです。

これがもし新人や若い方であれば、テンパってしまって、とても見ていられない事態になっていた可能性もあります。

その点では、大下アナウンサーの素晴らしさを再認識した出来事でもありました。

もちろん、一番はトラブルが起きないことですね。

今後は同じことがないように、テレビ朝日は努力していただきたいものです。

スポンサーリンク