冨吉明日香の父親の死去の悲しみとは?少しでも理解してあげたい!

HKT48の冨吉明日香さんのお父様がお亡くなりになりました。

ファンの方はもちろんですが、そうではない方も悲しんでいらしゃるようです。

それがネットから伝わってきます。

それはおそらく冨吉明日香さんのブログの記事を読まれたからだと思います。

私も読んでいて、自然に涙が流れていました。

読んでいる途中から「あ、これは泣く」と思って、やっぱりその通りになってしまいました。

実は

「私も父親を亡くしている」

のです。

冨吉明日香さんやHKT48のファンの皆さん、そうでない方も現在悲しんでいらっしゃると思います。

ですが父親を亡くした者でなければ分からないことが、もしかするとあるかもしれません。

そこで今回の記事を書きたいと思いました。

よろしければ、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

冨吉明日香の父親の年齢や職業は?

私はHKT48の全体のファンです。

いわゆる「箱推し」というやつですね。

なので特定のメンバーについて詳しいというわけではありません。

全員が好きという感じです。

冨吉明日香さんは今回のブログで父親について

「大きな会社で働く~」

と書いています。

つまり大企業にお努めだということですね。

さすがに会社名は分かりません。

しかしおそらく

「福岡にある会社で、誰でも知っている会社」

なのだと思います。

個人的には「あの会社かな?」と想像する企業があります。

年齢についてですが、おそらく

「40歳代」

の可能性が高いと思います。

それは冨吉明日香さんの現在の年齢との関係から推測します。

この程度の情報ですみません。

次の段落では詳しく書いていきたいと思いますのでお許しください。

スポンサーリンク

冨吉明日香の心を少しでも理解してあげたい

冒頭でも書きましたが、私も父親を亡くしています。

なので、ほんの少しだけだとは思いますが、冨吉明日香さんの現在の心境が理解できます。

「できます」というのは言い過ぎかもしれませんね。

「できるような気がします」というのが正しいのかもしれません。

冨吉明日香さんはブログの中で

「もう少し声をかけてあげていれば、祈っていれば、何か変わっていたんじゃないか」

と書かれています。

私は彼女とは少し違う感覚なのですが「もう少ししてあげていれば」というのはよく理解できます。

私の父親は病気で亡くなりました。

そのとのに思ったのは

「自分がもっと父親を助けてあげていれば、父親は病気にならなかったのではないか?」

ということです。

これは何とも言えません。

でも「そうではない」と断言することは出来ません。

もし自分がもっと違う生き方をしていれば、父はまだ生きていたかもしれない。

そんなことを時々、思ってしまいます。

そして冨吉明日香さんは

「私達のお父さんで幸せでしたか?」

とも書かれています。

これは凄く共感できます。

そしてこのブログを読んでくださっているあなたのお父様が生きていらっしゃるのであれば、ぜひお願いしたいことがあります。

それは、父親に

「自分がお父さんの子供で良かった?」

と尋ねることです。

きっと

「もちろんだよ」

と笑って答えてくれると思います。

そんなことは聞かなくても分かっています。

でも聞いてほしいのです。

私は父が亡くなる直前に、病院のカフェでお茶をしたことがありました。

そのときに、このことを聞いてみたい衝動にかられました。

でも泣いてしまいそうだったので、やめてしまったのです。

結局、父が亡くなるまでに二度と聞くことは出来ませんでした。

私はこのことを凄く後悔しています。

親を亡くすというのは本当に辛いものです。

それは経験した者でなければ分からないことでもあります。

それでも子供は生きていかなければなりません。

そのときに支えになるのが

「自分が親から愛されていたという証」

です。

そのひとつが

「もちろんだよ」

のひと言なのです。

私はこのひと言を父親から貰っていれば、きっと今、もっと元気で前向きに生きていると思います。

こんなことを父親に聞くのは恥ずかしいと思います。

でもぜひ聞いてほしいです。

それがきっとあなたを支えてくれることを私が保証します。

後悔しないためにも、ぜひお願いします。

まとめ

他にも書きたいことはいっぱいありますが、このへんにしておきます。

凄い長文になってしまいそうなので。

冨吉明日香さんの気持ちに少しでも寄り添ってあげらたら、そして理解してあげられたらいいなと思っています。

スポンサーリンク