苫小牧市糸井の火事の原因や火元は?2/6画像や動画を紹介!

2018年2月6日(火)、お昼の12時32分ごろ、北海道苫小牧市で火事がありました。

火災現場は糸井付近です。

現在、消防による懸命な消火活動がおこなわれている最中です。

消防の皆さんは大変だと思いますが、なんとか全力で火を食い止めていただきたいですね。

私が特に気になったのが

  • 火事のあった苫小牧市の様子
  • 火事の原因や火元

などです。

調査しましたので、現地の様子を画像を中心にお届けしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

苫小牧市糸井の現地の様子

火事のあった苫小牧市糸井付近は大変な混乱が起きているようです。

気になる現地の様子をお伝えします。

スポンサーリンク

火事の原因や火元

北海道苫小牧市糸井で発生した火事の原因なのですのが、現在調査が行われています。

犠牲者や怪我人の有無についても同様です。

火事の原因についてですが、時間帯がお昼ですので

「火の不始末」

が有力だと思われます。

おそらくですが、放火の可能性は低いでしょう。

また火元についてですが、

「近所の家が全焼した」

という情報が入っています。

ということは火元は民家ということになりますね。

また

  • 「火柱が凄い」
  • 「破裂音がした」
  • 「パトカーや消防車だらけでヤバイ」

などのコメントも入っています。

かなりの大火事のようです。

怪我人などがいらっしゃるのか気がかりです。

皆さん、ご無事であるといいですね。

そして、どうやら鎮火してきたようです。

ひとまず火はおさまったようですね。

あとは犠牲者がいないことを祈るばかりです。

冬場は風が強く、乾燥していますので、火の取り扱いには注意したいですね。

スポンサーリンク