高見泰地五段は藤井聡太に勝てる?将棋の成績やベイスターズ愛も紹介!

こんにちは。

今回は将棋のプロ棋士である

高見泰地

五段をご紹介します。

2017年8月10日予定の順位戦で、藤井聡太四段と対局することが決定したこともあり、注目を集めています。

そこで今回はそんな高見泰地五段の

プロフィール

中学や高校

将棋の師匠

将棋の成績

横浜ベイスターズ愛

藤井聡太四段との対局

などを中心に書いていきたいと思います。

よろしければ、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

高見泰地のプロフィール

まずは高見泰地五段のプロフィールをご紹介します。

名前 … 高見泰地 (たかみ・たいち)

生年月日 … 1993年7月12日

年齢 … 24歳 (2017年7月17日現在)

出身地 … 神奈川県横浜市

高見泰地五段が将棋を始めたのは幼稚園の頃でした。

父親から買ってもらったボードゲームの中に将棋があったのがきっかけです。

つまり誰に教わったというよりは、自然に自分で将棋を覚えた感じですね。

プロ棋士の養成機関である奨励会に入会したのは、2005年4月でした。

当時

・11歳

・小学校6年生

でした。

奨励会に入る年齢としては、最も一般的だと言えます。

6年生で入る人が一番多いみたいです。

その後は順調に昇級と昇段を重ねていきました。

2005年4月 … 6級 (入会)

2010年4月 … 三段

そして

2011年9月 … 四段 (プロ入り決定)

となりました。

当時「18歳」でした。

高校生プロ棋士の誕生です。

奨励会を突破するのに要した時間は「6年半」です。

これはかなりのスピードで優秀な成績と言えます。

普通は10年位かかるものなのです。

奨励会の最大の難関と言われている「三段リーグ」は3期でクリアしています。

これもとても早いスピードですね。

三段リーグで5年以上足踏みしている人はたくさんいますから。

こうして振り返ってみると、高見泰地五段はかなり順調にプロ棋士になったと言えると思います。

スポンサーリンク

高見泰地の中学や高校

高見泰地五段の中学や高校はどこなのでしょうか?

実は調べてみたのですが、残念ながら情報を見つけることが出来ませんでした。

大変申し訳ありません。

ただ大学は

立教大学文学部を卒業している

ことは判明しています。

立教大学と言えば名門大学です。

文学部の偏差値を調べてみたところ

「偏差値64~74」

とありました。

物凄く高いですね。

そういったことを考慮すると

・中学 … 地元横浜の公立中学校

・高校 … 地元横浜の進学校

もしかすると、高校受験がないというメリットがある

中高一貫の進学校 (横浜市)

なのではないかと思います。

ちなみにプロ棋士で立教大学を卒業しているのは他には

「田中悠一五段」

がいます。

学部は「理学部数学科」ということなので、高見泰地五段と違ってバリバリの理系ですね。

それにしてもプロ棋士として活躍しながら大学に通い、しっかりと卒業しているというのは本当に凄いと思います。

高見泰地の師匠

高見泰地五段の将棋の師匠は

石田和雄九段

です。

将棋界では石田和雄九段のお弟子さんがたくさんいらっしゃいます。

主な石田門下の棋士は

・勝又清和六段

・佐々木勇気六段

・門倉啓太五段

・渡辺大夢四段

などです。

藤井聡太四段の連勝をストップさせた棋士として一躍有名になった佐々木勇気六段もいますね。

高見泰地五段としては、同じ石田門下として後に続きたい気持ちでしょう。

高見泰地の将棋の成績

高見泰地五段の将棋の成績はどうなっているのでしょうか?

現在の所属は

竜王戦 … 4組

順位戦 … C級2組

です。

竜王戦は順調に昇級していますね。

順位戦は

・2012年 … 5勝5敗

・2013年 … 6勝4敗

・2014年 … 5勝5敗

・2015年 … 6勝4敗

となっています。

悪くはないのですが、ご本人としては大いに不満だと思います。

プロ入り後の成績は

・対局数 … 211

・勝数 … 125

・負数 … 86

・勝率 … 0.5924

となっています。

プロ棋士の世界では勝率が6割以上あれば優秀とされています。

ですので、高見泰地五段はあとちょっとといったところですね。

ぜひとも頑張っていただきたと思います。

高見泰地の横浜ベイスターズ愛

高見泰地五段は横浜市出身ということもあり、

「横浜DeNAベイスターズの大ファン」

であることは将棋界では有名です。

以下の写真をご覧ください。

なんと将棋の解説にベイスターズのTシャツを着て登場したのです。

普通は皆さんスーツなのですが・・・

高見泰地五段のような方は初めて見ました(笑)

それだけベイスターズ愛が深いということなのでしょうね。

ちなみに好きな選手は

「三浦大輔投手」

とのことです。

これはもうベイスターズファンは将棋では高見泰地五段を応援しなくてはいけませんね。

高見泰地と藤井聡太四段との対局

高見泰地五段は2017年の順位戦3回戦で、藤井聡太四段と対局します。

もちろん2人は初対戦です。

現在のところ、今季の順位戦の成績は

・高見泰地五段 … 2勝0敗

・藤井聡太四段 … 2勝0敗

となっています。

2人ともスタートダッシュを見事に決めています。

高見泰地五段の現在の目標はいくつかあるでしょうが、その中でも

「まずは順位戦でC級1組に昇級すること」

が大きいと思います。

高見泰地五段は順位は9位と上位なのですが、

・藤井聡太四段

・伊藤真吾六段

・増田康宏四段

・阿部光瑠六段

など対局相手が、かなり手強いです。

なので序盤戦で負けるわけにはいかないのです。

藤井聡太四段戦にも充分に対策を練ってくると思います。

藤井聡太四段の場合は順位が一番下の方なので、1回負けるだけで昇級が遠のいてしまいます。

負けるわけにはいかないという思いは、藤井聡太四段の方が強いかもしれません。

藤井聡太四段の場合は

・高見泰地五段

・三枚堂達也四段

が強敵です。

この2人に勝つことが出来れば、昇級の可能性が高くなります。

なので、藤井聡太四段にとっては今回の高見戦が最初の関門なのです。

お互いに負けるわけにはいかないのが、今回の順位戦です。

白熱した戦いが予想されます。

とても楽しみですね。

まとめ

今回は将棋のプロ棋士である高見泰地五段を紹介させていただきました。

若手の期待のホープとして期待されています。

なんと言っても、高校生でプロになった逸材ですから。

これからのますますのご活躍を期待しています。

スポンサーリンク