須藤凜々花の性格はサイコパス!?大島優子の怒りにTシャツで応戦!

こんにちは。

2017年6月17日(土)に開催された「第9回AKB48選抜総選挙」で衝撃が起きました。

あるメンバーが「結婚宣言」をしたのです。

まさに前代未聞の出来事でした。

結婚宣言をしたメンバーとは、

須藤凜々花

さんです。

いったい彼女はどんな人物なのでしょうか?

そんな須藤凜々花さんの

プロフィール

第9回AKB48選抜総選挙での発言

大島優子の怒り

性格

サイコパス!?

Tシャツで対抗?

などを中心に書いていこうと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

須藤凜々花のプロフィール

まずは須藤凛々花さんのプロフィールを紹介します。

名前…須藤凜々花 (すとう・りりか)

生年月日…1996年11月23日

年齢…20歳 (2017年6月19日現在)

出身地…東京都

身長…158.4センチ

ニックネーム…りりぽん

デビュー…2013年

所属グループ…NMB48

チーム…チームN

須藤凜々花さんは2013年に開催された「AKB48グループドラフト会議で指名されてデビューしました。

その時の候補者は30人いたのですが、一番人気が須藤凜々花さんでした。

第1巡目で、

SKE48・チームK2

SKE48・チームE

NMB48・チームN

の3チームが須藤凜々花さんを指名して、抽選の結果、NMB48・チームNに行くことになったのです。

デビュー後は順調で、2015年には「ドリアン少年」でセンターを努めています。

そして2016年に開催された第8回AKB48選抜総選挙では44位にランクインを果たし、ネクストガールズに選出されました。

デビュー3年未満で、ここまでの地位を築いたのですから、極めて順調だと言ってもいいと思います。

スポンサーリンク

須藤凜々花の第9回AKB48選抜総選挙での発言内容

須藤凜々花さんは第9回AKB48選抜総選挙で20位に選ばれました。

見事アンダーガールズ入りです。

そして、この舞台上で彼女は衝撃発言をしたのです。

その内容を要約します。

「これから私が結婚をするという気持ちも本気です」

「相手はいます」

「20位という順位は本当に嬉しいです」

「私は自分のことをアイドルと思ったことがありません」

「1人の人間としてみなさんのことが大好きです」

このようになります。

いかがでしょうか?

私個人的には思うところがたくさんあります。

ハッキリ言って、ツッコミどころ満載です。

須藤凜々花の性格

須藤凜々花さんの性格について考えてみます。

性格と言いますか、考え方がかなり独特です。

でも決して性格が悪いというわけではありません。

どのあたりが独特かというと、

・将来の夢は哲学者になること。

・麻雀が得意で、冠番組を持つ。

・秋元康や幻冬舎の社長である見城徹にも物怖じすることなくからむんでいく。

などなど他にもたくさんあります。

いわゆる「ちょっと変わった子」と言えるかもしれません。

しかし少なくとも今回のAKB48選抜総選挙での発言のときまでは、私は須藤凜々花さんに対してマイナスイメージは持っていませんでした。

むしろプラスで「面白い子だなあ」という印象だったのです。

確かに少しぶっ飛んでいるところはあります。

しかし年下であっても先輩に対してはいつも敬語を使っていました。

文章表現も上手で得意でした。

特に年上の人から気に入られていて、幻冬舎の見城徹社長も須藤凜々花さんのことを気に入っていて、写真集を出すという話も会ったほどです。

少なくとも周りから嫌われるような性格ではなく、むしろ愛される性格だったのです。

繰り返しますが、あの結婚宣言の瞬間までは。

須藤凜々花に対する大島優子の怒り

須藤凜々花さんの結婚宣言を受けて、元AKB48の大島優子さんが動画をアップしました。

「この帽子がきっと、私の全ての言葉だと思うの」

この言葉が大島優子さんの怒りを表しています。

帽子に何が書いてあったのかは、ここでは書けませんが、上品ではない言葉です。

長年のAKB48ファンは、大島優子さんの怒りが理解できます。

その気持が痛いほど分かります。

大島優子さんは前田敦子さんら共に、AKB48がまだ売れていない頃からグループを支え続けてきました。

AKB48を卒業した今でも、グループに対する愛は変わらないでしょう。

今でもAKB48は大切な場所なのです。

大島優子さんは一度子役として活躍しましたが、その後は一般人に戻りました。

そして芸能界へのラストチャンスとしてAKB48のオーディションを受けて合格したのです。

そし今、女優として活躍しているのです。

もしAKB48に合格していなければ、AKB48に拾ってもらえなかったら、今、大島優子さんは芸能界にいません。

女優もやっていません。

今頃、普通の女の子として、どこかの待ちで暮らしていたのです。

AKB48というのは大島優子さんにとって恩人です。

だからその神聖な場所を汚してしまった須藤凜々花さんのことが許せなかったのです。

須藤凜々花はサイコパス!?

須藤凜々花さんの結婚発言を見て私が感じたことは、

「須藤凜々花はサイコパスなのではないか?」

ということでした。

「私は自分のことをアイドルと思ったことがない」

「1人の人間としてみなさんのことが大好きです」

もう支離滅裂です。

乃木坂46や欅坂46などの坂道グループと違い、AKB48グループは恋愛禁止であることをはっきり言っていません。

ですが、少なくともAKB48グループのファンは自分が推しているアイドルが恋愛禁止を守っていることを期待して応援しています。

そもそも恋愛禁止でなければ、アイドルというビジネスは成立しません。

彼氏がいるアイドルを誰が応援するのでしょうか?

思春期で恋愛もしたいのに、アイドルとして努力して続けている。

その姿にファンは胸を打たれ、応援するのです。

「女の子なんだから人を好きになるのは、恋愛をするのは当然だ」という意見があります。

たしかに正しいです。

一般論としては。

ですがそれを認めてしまったら、アイドルというシステムは崩壊します。

正しい、間違っているという問題ではなく、成立しないということです。

今回のAKB48選抜総選挙で、須藤凜々花さんは20位に入りました。

これは物凄い飛躍です。

この結果には須藤凜々花さんのファンの方の多大な応援があります。

ものすごいお金を投資しています。

須藤凜々花さんのファンは、壇上でのスピーチを聞いてどう思ったでしょうか?

サイコパスの特徴の1つに、

「他人に共感する能力が乏しい」

というものがあります。

「みなさん(ファン)のことが大好きです」と言っているのに、そこにはファンの思いを感じる能力が決定的に欠落しています。

100歩譲って、結婚するのはいいとしましょう。

だとしてもあの総選挙のステージで言うべきことではありません。

選挙が終わって、落ち着いてから言うべきことでした。

今回の選挙では他にもいろんなことがありました。

指原莉乃さんの史上初の3連覇

渡辺麻友さんのAKB48の卒業

などがありました。

ですが、須藤凜々花さんの結婚宣言で全てが吹き飛んでしまったのです。

そしてそれは事前に分かりきっていたことです。

これほどのインパクトのある大ニュースをメディアが放っておくはずがないからです。

須藤凜々花さんがサイコパスなのかどうかは分かりません。

ですが少なくとも性格は悪くないですし、頭も良い女の子なのです。

なぜ、あの場所であんなことを言ってしまったのでしょうか。

正直、もう須藤凜々花さんの居場所はNMB48にもAKB48にもありません。

そして芸能界の中にもないでしょう。

引退をして結婚をするのでしょうか?

それで幸せなのでしょうか?

高橋朱里さんがスピーチで言っていました。

「応援してくれたファンのみなさんのことを思うと胸が痛い」

と。

この世の中は因果応報です。

このまま須藤凜々花さんが引退して結婚したとしも、幸せになれる気はしません。

それはあまりにも多くのファンのみなさんの気持ちを裏切って、傷つけてしまったからです。

そしてAKB48グループのメンバーも傷つけてしまいました。

その傷はいつか自分に返ってくるものなのです。

恋愛するのは自由です。

結婚するのも自由です。

ですが、恋愛や結婚をしたいのであれば、アイドルを辞めてからすればいいのです。

アイドルはやりたい、でも恋愛や結婚も同時に平行してやりたい。

これはご都合主義というやつです。

何かを得るために、何かを犠牲にするのは当たり前です。

須藤凜々花さんは

「自分のことをアイドルだと思ったことはない」

と言いました。

この言葉にアイドルという職業に対する自覚のなさが現れています。

アイドルに対する覚悟がないから流されてしまったのです。

須藤凜々花が大島優子にTシャツで応戦?

須藤凜々花さんが総選挙の翌日の18日、那覇空港で取材を受けました。

そしてその時に着ていたTシャツの言葉が話題になっています。

その言葉というのが、日本語で

「ちくしょう」

という意味を持つスラングの言葉だったからです。

これが意図的だったのか、偶然だったのかは分かりません。

しかし大島優子さんが帽子の言葉で怒りを表現したのに対して、Tシャツの言葉で応戦したのではと、ファンの間で噂される騒ぎになってしまいました。

偶然だと信じたいですね。

もし意図的だとすれば、ちょっと考えられないです。

真相について会見でしゃべってくれることを期待しています。

まとめ

須藤凜々花さんが今後どうなるのかは分かりません。

はっきりしているのは、ファンもメンバーも彼女を受け入れることはないということです。

それだけの覚悟があったから、総選挙というAKB48グループ最大の晴れ舞台であれだけの発言をしたのでしょう。

「これからも仲良くしてね」というのは通用しません。

今回の出来事でAKB48のイメージがかなり悪くなってしまったことでしょう。

でも他のメンバーには何の罪もありません。

どうか来年以降もAKB48選抜総選挙が開催されることを願っています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ