アルコール中毒で死亡の専修大学生の名前やサークルは?沖縄旅行中

沖縄県恩納村のコテージに宿泊していた専修大学1年生の男子大学生がアルコール中毒のため亡くなりました。

亡くなった大学生は18歳でした。

警察の調べによりますと、大学のサークル仲間9人の旅行で沖縄を訪れており、皆で酒を飲んでいたということです。

私が特に気になったのが

  • 亡くなった大学生の名前
  • 専修大学のサークル名
  • なぜ18歳の未成年が酒を飲んでいたのか?

などです。

調査しましたので、よろしければぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

亡くなった大学生の名前

アルコール中毒で亡くなった18歳の大学生については、現時点では名前は公表されていません。

後日、発表されると思いますのでお待ち下さい。

専修大学のサークル名

サークル名について調査してみました。

すると以下のようなつぶやきを見つけました。

このつぶやきが正しければ県人会ということになりますが……

ですが確証は全くありません。

サークル名は公表されない可能性もありそうですね。

どちらにせよ、サークルは間違いなく解散でしょう。

この件については引き続き調査します。

スポンサーリンク

なぜ18歳の未成年が酒を飲んでいたのか?

まず一番の問題点は

「18歳の未成年が飲酒していた」

ということですね。

完全に法律違反です。

報道によりますと、亡くなった大学生は

  • 午前1時ごろ、深酔い状態になった
  • 仲間が交代で介抱していた
  • 午前5時ごろ、呼吸が止まっていることに気づいた

とあります。

本人の意志なのか、仲間や先輩から無理やり飲まされたのかは不明です。

しかし止めなかった周りにも責任があります。

おそらくですが先輩から強要されたのでしょう。

直接、強い言葉ではなかったかもしれません。

しかしそうでなくても、その場の雰囲気で飲まざるを得ないこともありまから。

1年生ですから先輩には逆らえるはずがないからです。

記事の中に「仲間が交代で介抱していた」とあります。

ですがこれは大いに疑問です。

介抱していたのではなく、いくら体を揺すっても起きないし反応がないので、周りがパニックになっていたのだと思います。

救急車を呼べば未成年だということがバレます。

そうなると周りの人間も責任も問われます。

そして最悪

  • 就職がダメになる
  • 大学を退学になる

などの影響も考えられます。

そういったことが怖くて亡くなるまで救急車を呼ばなかったのかもしれません。

午前1時の段階で病院に運んでいれば助かった可能性がありました。

しかし4時間も放置してしまったために救われたかもしれない命を失ってしまったのです。

場合によっては過失致死の罪に問われる可能性があります。

それにしても親御さんの気持ちを考えるとたまらないですね。

このサークルのメンバーはどんな処分が下されるのでしょうか?

少なくとも退学にしてほしいですが……

何事もなく就職していくのは許せないです。

専修大学の姿勢が問われますね。

厳しく処罰するのか。

それもと甘々の処分でお茶を濁すのか。

一緒にいた20歳以上のメンバーの名前は公表するべきです。

まあしないと思いますが……

それにしても18歳で、しかもアル中で亡くなるなんて悲しすぎます。

心からご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク