里見香奈の奨励会退会の理由はなぜ?今後はどうなっていくのか?

2018年2月18日(日)の奨励会三段リーグで、里見香奈三段が連敗し、奨励会の退会が決定しました。

長年の将棋ファンである私も、里見さんのことを応援していただけに、とても残念な気持ちです。

ここで最近将棋ファンになられた方は

  • なんで奨励会を辞めなくてはいけないの?
  • 今後はどうなるの?

と思われるかもしれませんね。

特に退会の理由が気になりますよね。

そこで今回はこれらのテーマで書いてみたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

奨励会三段リーグの規定

まず奨励会についてご説明します。

奨励会というのは簡単に言いますと

「将棋のプロを目指す人たちの養成機関」

ということになります。

早ければ小学校4年生、遅くとも中学在学中までに、奨励会に入会することが多いです。

例外もありますが、奨励会は6級からスタートします。

それから

  • 5級
  • 4級
  • 3級
  • 2級
  • 1級
  • 初段
  • 二段

と昇段していきます。

そしてプロになるための最後の関門が三段リーグです。

三段リーグは年に2回行われます。

前期が4月~9月、後期が10月~3月です。

リーグ戦は18回戦、つまり1人18回の対局を行います。

だいたい30人くらいが三段リーグに在籍していて、その中の上位2名だけが四段、つまりプロになることが出来ます。

ものすごく狭き門です。

この超難関を、藤井聡太さんはわずか一期で突破しています。

やはり天才は違いますね。

そしてこの三段リーグには年齢制限があります。

それが

「満26歳までにプロになれなければ退会」

という規定があります。

これがプロを目指す少年少女たちにとって、鬼の規定となっているのです。

スポンサーリンク

里見香奈が奨励会三段リーグを退会する理由

里見香奈さんが奨励会を退会する理由。

それは

「里見香奈さんが現在25歳であり、次の三段リーグが始まる前に26歳になってしまうから」

です。

里見香奈さんの誕生日は3月2日。

そして次の三段リーグが始まるのが4月から。

わずか1ヶ月なのですが、一足先に26歳になってしまうのです。

じつは三段リーグには

「勝ち越しすれば、満29歳までリーグに在籍することが出来る」

というものがあります。

しかし今季の里見香奈さんの成績は「7勝9敗」。

残り2局に連勝しても「9勝9敗」。

つまり勝ち越すことが不可能になってしまったのです。

このために里見香奈さんは大変無念なのですが、奨励会を辞めなくてはならないのです。

なぜ三段リーグには年齢制限があるのか?

ここで疑問に思うことがあります。

それは

「なんで三段リーグには年齢制限があるのか?」

ということです。

私は将棋の本や雑誌などもよく読んでいるのですが、そこには

「出来るだけ若いうちに、社会復帰させてあげるため」

と書いてありました。

実は以前は、確か

「30歳の誕生日までにプロになれないと退会」

という規定でした。

もしかすると31歳だったかもしれません。

記憶が曖昧で申し訳ありません。

かなり以前に改定されましたので。

現在は26歳までですので、4歳引き下げられたということです。

これはおそらく将棋連盟の配慮なのでしょう。

つまり30歳からよりも26歳の方が、社会復帰しやすからと。

実際にそうですよね。

20代と30代では、就職や転職市場でもかなり違ってきます。

20代であれば、ほとんどの会社の面接を受けることが出来ますし。

ですがプロの棋士を目指す者にとっては、余計なことをしないで30歳までの方が良かったというのが本音かもしれません。

以前の規定であれば、里見香奈さんも辞めなくても良かったからです。

このへんはなかなか難しいところですね。

里見香奈の今後

里見香奈さんは奨励会を退会します。

しかし今後も女流棋士として将棋を指していくことになります。

里見香奈さんは女流のタイトル6つのうち5つを保持しています。

ハッキリ言って、過去も含めて、女流棋士としては歴代最強です。

近いうちに女流タイトルを全て制覇してしまうかもしれません。

ぜひ達成してほしいですね。

実現の可能性は充分にあります。

とても楽しみですね。

そして実はプロ棋士には

「編入試験」

に合格すればなることが出来ます。

つまり里見香奈さんもまだプロ棋士になれる可能性はあります。

可能性としては限りなく0に近い。

でも0ではありません。

里見香奈さんが目指すかどうかは分かりませんが。

果たしてどうなるでしょうか?

まとめ

本当に三段リーグは過酷な場所です。

平均すると突破するのに5~6年くらいかかっている印象があります。

なかには10年以上在籍している方もいます。

里見香奈さんには今後とも、女流棋士として活躍を期待しています。

スポンサーリンク