三枚堂達也五段はイケメン!佐々木勇気との関係は?高校や中学や師匠も!ウエンツ瑛士に似てる!?

こんにちは。

今回は将棋のプロ棋士である

三枚堂達也

五段をご紹介します。

私は長年の将棋ファンなので、実は以前から三枚堂達也五段には注目していました。

このブログを書いているのは2017年の7月15日なのですが、もしかすると

7月21日の「上州YAMADAチャレンジ杯」で藤井聡太四段と対戦するかもしれない

ということが分かりました。

そこで今回は、そんな三枚堂達也五段の

プロフィール

中学や高校

師匠

イケメンでウエンツ瑛士に似てる!?

プロ入り後の成績

奨励会三段リーグの成績

佐々木勇気との関係

などを中心に書いていきたと思います。

よろしければ、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

三枚堂達也のプロフィール

まずは三枚堂達也五段のプロフィールをご紹介します。

名前 … 三枚堂達也 (さんまいどう・たつや)

生年月日 … 1993年7月14日

年齢 … 24歳 (2017年7月15日現在)

出身地 … 千葉県浦安市

中学 … 都立白鴎高等学校附属中学校

高校 … 都立白鴎高等学校

三枚堂達也五段が将棋を始めたのは幼稚園の頃です。

将棋好きの祖父の影響でした。

その後、祖父に連れられて近くにある将棋クラブに連れていかれ、そこから将棋にのめり込むようになりました。

2004年9月に奨励会に入会。

11歳、小学校5年生の頃でした。

級位が低い頃はなかなか勝てずに苦労しました。

昇級するのに時間がかかってしまったのです。

しかし初段になってから急速に勝ち続け、

2013年9月 20歳でプロ入り決定

しました。

20歳という年齢でプロ入りしたのは、比較的早いと言えます。

実は三枚堂達也五段の父祖は内藤國雄九段と知り合いで交流がありました。

その縁もあり

三枚堂達也五段の師匠は内藤國雄九段

です。

スポンサーリンク

三枚堂達也はイケメンでウエンツ瑛士に似てる!?

三枚堂達也五段は「イケメン棋士」として将棋界では知られています。

実は将棋界には意外とと言っては失礼ですが、イメケンの棋士が多いのです。

何人か紹介さていただきますと

・斎藤慎太郎七段

・中村太地六段

・都成竜馬四段

・佐々木勇気六段

・阿久津主税八段

などがいらっしゃいます。

そして三枚堂達也五段もイケメン棋士の一人なのです。

一部では

「三枚堂達也はウエンツ瑛士に似てる」

と言われているようです。

いかがでしょうか?

私は似ていると思うのですが…。

ウエンツ瑛士さんが眼鏡をしたら、きっともっと似ていると思います。

三枚堂達也のプロ入り後の成績

三枚堂達也五段のプロ入り後の成績は以下のようになっています。

竜王戦 … 5組

順位戦 … C級2組

対局数 … 147

勝数 … 96

負数 … 51

勝率 … 0.6530

なんと言っても注目すべきは「0.6530」という高い勝率です。

プロ棋士の世界では

・勝率5割 … 普通

・勝率6割 … 優秀

・勝率7割 … 超優秀

と言われています。

ですので三枚堂達也五段の「0.6530」という勝率は、全プロ棋士の中でもトップクラスの成績なのです。

順位戦C級2組には、2014年から参加していて

2014年 … 8勝2敗

2015年 … 7勝3敗

2016年 … 7勝3敗

と優秀な成績を修めています。

2017年は2局を終わって

「2勝0敗」

と見事なスタートダッシュを決めました。

そして何と言っても注目すべきは最終局である10局目です。

対戦相手がなんと

藤井聡太四段

なのです。

もしかすると

「勝った方がC級1組に昇級」

という大一番になる可能性があります。

三枚堂達也五段は順位が良いので「8勝2敗」でも昇級できる可能性があります。

しかし藤井聡太四段は順位が下の方なので、少なくとも「9勝1敗」以上の成績が求められます。

2人が対局するのは、2018年3月。

気が早いですが、今から楽しみですね。

三枚堂達也の奨励会三段リーグの成績

三枚堂達也五段の奨励会での成績、特に三段リーグの成績には特筆すべきものがあります。

なんと

「三枚堂達也は三段リーグを1期で突破している」

ということです。

三段リーグは現在61回目が進行中です。

その長い歴史の中で三段リーグを1期でクリアしたのは、第1回を除くと

・小倉久史

・屋敷伸之

・川上猛

・松尾歩

・三枚堂達也

・藤井聡太

のわずか6人だけなのです。

つまり三段リーグ1期抜けというのは「10回に1回」しかないということです。

三段リーグは別名

「地獄の三段リーグ」

と呼ばれています。

ここを突破すればプロになれる。

しかし突破できなければプロを諦めなければならない。

そんな場所です。

三段リーグには年齢制限があり、26歳までにプロになれなければ強制的に退会させられます。

10代で三段になって「まだまだ時間に余裕があるな」と思っていたら、あっと言う間に年齢制限にひっかかって退会していった奨励会員は山ほどいます。

プロ棋士は「生活」を賭けて戦っています。

それに対して

三段リーグの奨励会員は「人生」を賭けて戦っています。

三段リーグを突破できなければ、子供の頃から人生の全てを賭けてきた時間が無駄になってしまいます。

学校の勉強や、友達付き合いや、恋愛や、遊び。

そんな普通の少年が経験する全てを犠牲にして将棋だけに打ち込んできた人生を否定されてしまうのです。

そんな「魔境」の三段リーグを1期で突破した三枚堂達也五段は本当に凄いと思います。

三枚堂達也と佐々木勇気との関係

佐々木勇気六段と言えば、藤井聡太四段の連勝記録をストップさせた棋士として、一躍有名人になってしまいました。

実は三枚堂達也五段と佐々木勇気六段は幼い頃からの親友なのです。

千葉県柏市に

「柏将棋センター」

という将棋クラブがあります。

この将棋クラブはプロ棋士の石田和雄九段が師範を務めているのですが、そこに三枚堂達也少年が通っていたのです。

ブログの始めの方で

「三枚堂達也の師匠は内藤國雄九段」

と紹介しました。

確かにそうです。

日本将棋連盟のホームページにもそう記載されています。

しかし三枚堂達也五段に将棋を指導してたのは石田和雄九段です。

なので

「三枚堂達也には2人の師匠がいる。内藤國雄九段と石田和雄九段だ」

この表現が一番適切かもしれません。

当時小学校1年生だった三枚堂達也少年は、柏将棋センターでは「天才少年」と呼ばれていました。

同センターの昇級・昇段の記録を次々に更新していたのです。

それでこのままではいけないと考えた師匠の石田和雄九段が三枚堂達也少年のお祖父様に進言しました。

「このままでは達也くんは天狗になってしまう。実力が伸びなくなってしまう」と。

そしてそれがきっかけとなり、佐々木勇気少年も柏将棋センターに通うようになったのです。

こうして三枚堂達也少年と佐々木勇気少年はお互いに切磋琢磨して将棋の実力を磨いてきました。

2人はライバルであり親友であったのです。

そんな2人を比較してみると

プロ棋士になったのは

・三枚堂達也 … 20歳

・佐々木勇気 … 16歳

段位は

・三枚堂達也 … 四段

・佐々木勇気 … 六段

順位戦は

・三枚堂達也 … C級2組

・佐々木勇気 … C級1組

と現時点では佐々木勇気六段の方がリードしています。

三枚堂達也五段と佐々木勇気六段は通っていた将棋クラブも同じ。

通っていた中学校と高校も同じ。

奨励会も同期です。

2人は家族より長い時間を、将棋を通じて共有してきました。

三枚堂達也五段は佐々木勇気六段のことを物凄くライバル視しています。

もちろん誰よりも仲の良い親友であることが前提です。

現時点で唯一リードしているのが、三段リーグの成績で

・三枚堂達也 … 1期抜け

・佐々木勇気 … 4期抜け

となっています。

先日の竜王戦決勝トーナメントでは、佐々木勇気五段(当時)が藤井聡太四段を破って注目を集めました。

そしてこの度、三枚堂達也五段は梶浦宏孝四段に勝てば、藤井聡太四段と対局することなります。

もしそうなれば

「勇気が藤井くんに勝ったんだから、俺も藤井くんに勝つ!」

と燃えていることだと思います。

それにしても、これほどのライバル関係というのは、将棋界でもなかなかないと思います。

ぜひとも2人は切磋琢磨していてってほしいですね。

そして将来的にはタイトル戦で戦っていただきたいと思っています。

まとめ

今回は将棋のプロ棋士である三枚堂達也五段を紹介させていただきました。

本当にこれから楽しみな棋士だと思います。

一日も早く

・タイトル獲得

・順位戦A級

を達成していただきたいと思います。

これからのご活躍を期待しています。

スポンサーリンク

佐々木勇気のことがもっと知りたい!

三枚堂達也五段のライバルでもあり、そして一番の親友でもある佐々木勇気六段に関する記事を書いてみました。

よろしければ、ぜひお読みください。

佐々木勇気六段(将棋)はイケメン!高校や中学は?藤井聡太に勝つ!

佐々木勇気の師匠は誰?藤井聡太の連勝を止めた男の将棋の先生!

関連コンテンツ