夏フェスで絶対に準備しておきたい必需品「財布を落とさないため」

夏フェスって、準備することが多くて大変です。
ありすぎて訳が分からなくなってしまいます。

代表的な物と言えば、以下のような物でしょうか?

例えば、

==============================================

服装はどうしよう?

は何がいいの?

ポーチは持って行った方がいい?

日帰りキャンプインでは、準備するものが違うの?

サングラスはあった方がいいかな?

の対策はしておいた方がいいの?

==============================================

などなど、他にもたくさんの疑問があると思います。

上記のような疑問点に関しては、このブログの一番下の『関連記事』にある、

『夏フェス持ち物リスト 女性向け(日帰り&キャンプイン』

で詳しく書いています。

もしよろしければ、読んでいただけると嬉しいです。

このように、夏フェスで準備する物はたくさんあるのですが、

実は、

「夏フェス参加者の99%の人が準備をしていないけれど、
絶対に持って行った方がいい必需品」

があります。

それをこれから紹介させていただきます。

ちょっとハードルを上げてしまったかもしれませんので、
できれば気楽にお読みいただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

==============================================

【目次】

1.家に帰るまでが夏フェスです!

2.夏フェスの楽しい思い出を台無しにしてしまうこと

3.誰も知らない『財布を守る最強アイテム』

4.まとめ &『ROCK IN JAPAN Fes』で携帯電話を拾った体験

==============================================

スポンサーリンク

1.家に帰るまでが夏フェスです!

夏フェスって楽しいですよね。
でも、それと同時に準備することもたくさんあります。

これからの話は、特に、

「遠方から泊まりがけで夏フェスに参加されるあなた」

に読んで頂きたいことです。

もちろん、そうではないあなたにも役立つ情報です。

私が最初に参加したフェスは

「ROCK IN JAPAN Fes」

でした。

当時、私は東京に住んでいました。
ROCK IN JAPANが開催されたのは、
茨城県のひたちなか市というところでした。

フェスの会場は、

「国営ひたち海浜公園」

という場所でした。

余談ですが、この国営ひたち海浜公園はとても素晴らしかったです。
地図で見ていたげけばすぐに分かると思いますが、すぐ近く海があるのです。

『海浜公園』

という名前ですから、当然かもしれませんが、
この海が、会場からも見えるのです。
その景色が最高に素敵だったのです。

夏の暑さを少しだけ和らげてくれる、フェス以外でも
また行ってみたいと思える、そんな素敵な公園でした。

・・・

話を戻します。

私は東京から茨城まででしたので、遠方とは言えないかもしれません。
むしろ近いのかもしれません。

実際に、私はバスで茨城まで行きました。

そして、本当は会場のある、ひたちなか市のホテルに泊まりたかったのですが、
すぐに予約で埋まってしまったようで、取れませんでした。
なので、私は、東海村というところにあるホテルに泊まりました。

地図で見ると、ひたちなか市と東海村は隣なので、距離的にはそんなに遠くありません。
ですが、私は茨城に行くこと自体が初めての経験でした。
なので、当然ですが、ひたちなか市のことも東海村のことも全く知りませんでした。

初めて行く場所というのは土地勘がありません。
ですから、短い距離の移動であっても凄く疲れます。

なので、ちゃんとフェスの会場に辿り着けるだろうかと心配になりました。

そのとき、私は1人で茨城まで行っていました。
友達が入れば、トラブルがあっても何とかなるかもしれませんが、
1人だと同じトラブルでもダメージが大きいのです。

結果的には、大きなトラブルもなく、フェスを楽しむことが出来ました。
ですが、やっぱり最後まで心配は尽きなかったですね。

例えば、ROCK IN JAPANは茨城県で開催されますが、
北海道や九州などの遠方からフェスに参加される方も、
たくさんいらっしゃると思います。

そんな遠方からフェスに参加される方にとって、
絶対に無くしてはいけないものがあります。

2つあります。

1つ目は、

『フェスのチケット』

そして2つ目は、

『財布』

です。

他にも必要なものはあります。
ですが、この2つがあれば、とりあえずフェスには参加できます。
そして、家まで帰ることが出来ます。

そうなんです。

遠方からの参加者にとっては、
家までちゃんと辿り着かないといけないのです。

チケットがあれば、フェスは見れます、楽しめます。

ですが、財布を落としてしまったら、
家まで帰れなくなってしまうのです。

私と同じように、

「フェスに1人で参加される方」

であれば、なおさらです。

実際は、たとえ1人であっても、ご両親やお友達に連絡したり、
フェスのスタッフさんや警察の方に相談すれば、大丈夫でしょう。
しかし、それは多くの方に迷惑をかけてしまいます。

なので、出来るだけそういった事態は避けたいところですね。

スポンサーリンク

2.夏フェスの楽しい思い出を台無しにしてしまうこと

夏フェスに参加されるあなたの目的は、

「フェスを楽しむこと」

だと思います。

そうなんです。
みんなフェスを楽しみに行っているのです。

ですが、フェスの楽しみを奪ってしまうものがあります。

それは、

「トラブル」

です。

もちろんトラブルに遭いたい人なんていません。
ですが、注意していても避けられないトラブルがあります。

それが、

「財布を落としてしまう」

ことです。

これをやってしまうと、夏フェスの楽しい思い出が台無しになってしまいます。
もう完全にテンションが下がって落ち込んでしまうのです。

だから、絶対にやってはいけないことなのです。

フェスの会場はメチャクチャ広いです。
特に野外フェスは、とてつもなく広いです。
そんな場所で財布を落としてしまったら、まず見つかりません。

そのためにも財布を落とさないための対策が必要になってくるのです。

3.誰も知らない『財布を守る最強アイテム』

夏フェスに関して、いろんな方がブログなどで情報提供をされています。
みなさん、独自の体験談などを交えていて、とても面白いです。

ですが、これからお話することは、どこでも見かけたことがありません。

なぜかと言いますと、

「ある商品を、普通とは違った使い方をする」

からです。

では、ある商品の紹介をさせていただきます。

それは、キングジムという会社から販売されている、

「デジタルまいごひも」

というものです。

まずは、以下の動画を御覧ください。

動画の説明でもありましたように、普通はお母さんがお子様を外に連れて行くときに、
お子様が迷子にならないようにという目的で作られたものです。

==============================================

【デジタルまいごひもの特徴】

・お子様がお母さんから離れると、スマホのアラームが鳴って知らせてくれる

・お子様の持ち物などにつけるだけでOK。

専用アプリはApple StoreやGoogle Playから無料でダウンロード出来る。

・アラームの鳴る距離は約8~30メートル、4段階で設定可能。

・小さい店舗から広い公園まで、様々な場所で使用出来る。

持ち物に付ければ、お出かけ中の忘れ物防止にもなる。

==============================================

いかがでしょうか?

このように、

「普通は、お子様の持ち物など付けるのですが、
デジタルまいごひもを、財布に付ける」

ようにするのです。

そうすることで、万が一、財布を落としてしまっても、
アラームが鳴って教えてくれます。

もちろんフェスの会場は音楽が鳴り響いていますから、
アラームの音が聞こえにくい場合もあります。

そんなときは、

「アラームを音+バイブにして、スマホが震えると
気づくようにスマホを体に密着させておく」

ようにするのです。

そうすれば、かなりの確率でアラームが鳴れば気づくことが出来ます。

私が、デジタルまいごひもをおすすめするのには理由があります。

1つ目は、

「夏フェスで財布を落とさないため」

2つ目は、

「夏フェスが終わったあとでも、日常生活で使える」

からです。

フェスもそうですが、日常生活でも財布はとても大切です。
絶対に落としたくないものです。
ですから、フェスの後でも、財布に付けておくのはいいですね。

もちろん財布以外にも大切なのもはあると思いますから、
絶対に無くしたくないものに付けておくのもいいと思います。

とりあえず、

「夏フェスの、お守り」

として持って行くのもいいかもしれせません。

「財布を落とさないかな」

と心配しながらフェスを見るよりも、

「財布を落としたら、アラームが教えてくれる」

と安心しながらフェスを見る方が楽しめると思います。

もちろん、絶対に、財布が落としてもアラームが鳴る保証はありません。
それは特に野外フェスがそうなのですが、
スマホの電波状況が悪い場所もあるからです。

なので、もし購入されるのであれば、そういった可能性もあることは、
事前にご理解されてからの方がいいと思います。

迷われるのであれば、無理して買わなくていいと思います。

私としては、

「うーん。まあ、電波が悪くてアラーム鳴らないかもしれないけど、
電波が良くて鳴る可能性も充分あるってことなんだよね?
だったら、とりあえず、保険みたいな感覚でフェスに持って行こうかな」

これくらいの軽い気持ちの方が、フェスを楽しめると思います。

本当に、どちらでもいいと思います。
もしよろしければ、ご検討ください。

4.まとめ &『ROCK IN JAPAN Fes』で携帯電話を拾った体験

私が最初に参加した夏フェスは、ROCK IN JAPAN Fesです。

実は、そのときに、携帯を拾ったことがあります。
私がフェスの会場を歩いていると、草むらから、
携帯の着信音が聞こえてきたのです。

近づいてみると、そこに携帯電話がありました。

正直、1回目のときは、電話に出ませでした。
きっと持ち主からだろうとは思ったのですが、
全然知らない人が出るのは嫌だろうと思ったからです。

ですが、その後も2回、3回と携帯の着信音が鳴ります。

なので、私は思い切って、電話に出たのです。
すると、やはり携帯の持ち主からでした。

それから持ち主の方とお話をしたのですが、直接お渡しするのは恥ずかしかったので、
フェスのスタッフの方に預けることにしたのです。
もちろんその場所は持ち主の方に、しっかりとお伝えしました。

その後、どうなったのは分かりませんが、
きっと持ち主の方に無事、携帯が戻ったと思っています。

私はフェスで落とし物をしたことはありません。
ですが、財布以外にも携帯やスマホを落とされる方がいることを、
こういった形ですが実感しました。

繰り返しますが、特に、

「遠方組の方は、自分が財布を落とした場面を想像するだけで寒気がする」

と思います。

特に1人で参加されている方でしたら、絶望してしまいそうです。

「家に無事に帰るまでが夏フェス」

です。

ぜひ、万全の準備をして、一生の夏の思い出にしてください。

スポンサーリンク