スマホ難聴に注意!「意外な習慣」が原因になることも

これを読んでいらっしゃるあなたは、おそらくスマホ(スマートフォン)を使っていらっしゃると思います。

「スマホ難聴」という言葉は聞き慣れない言葉だと思いますが、あなたの将来のためにも、ぜひ読んで頂ける嬉しいです。

現在では、老若男女問わず多くの方がスマホをお持ちです。

スマホ、もしくは、いわゆる「ガラケー」タイプの携帯電話をお持ちです。

若者の場合は、圧倒的にスマホの割合が高くなっています。

その中でも、女子高校生のスマホ所有率は98,1%にも達しています。

1クラス40人だとしたら、全員または39人はスマホを所持している計算になりますね。

スポンサーリンク

スマホの1日あたりの平均使用時間

現在、未成年者の1日あたりのスマホの利用状況は平均で1日約3時間

その中でも、女子高校生は平均7時間もスマホを使っています。

スマホで何をしているのか、というのはそれぞれ違っていますが

・メール

・LINE

・サイトを見る

・電話をする

・動画を見る

・音楽を聴く

などが挙げられます。

もちろんどれをとっても、「やり過ぎ」良くないのですがその中でもスマホで「音楽を聴く」「動画を見る」ことに関しては注意が必要です。

スマホで音楽を聴くのは何時間までOKなの

スマホで音楽を聴くとき、あるいは動画を見るとき、多くの方は、イヤホン、またはヘッドホンを使っていらっしゃると思います。

そこで、先日あることについて発表がありました。

世界保健機関(WHO)は、聴力を守るために、スマホ(スマートフォン)などで音楽を鑑賞する場合は
「1日1時間以内」に控えるべきだと発表しました。

それは難聴になることを防ぐためです。

難聴は初期には自覚症状がありません。

つまり「最近耳が遠くなったかな」と自分で気づくことが難しいのです。

その上、一度失った聴力を回復するのが非常に難しいのです。

スマホが原因で、日本で難聴の若者が増えているというデータは今のところありません。

ただ、もしかするとこれから増えていく可能性はあります。

アメリカでは難聴の若者が増えているデータがありますので日本も同じようになる可能性は否定できないのです。

スポンサーリンク

難聴になると回復しないのか?

私は医者ではありませんので分からないのですが、先ほどあげた世界保健機関(WHO)によると、音楽などを大音量で長時間聴く若者(12~35歳)は世界で約11億人に上ると指摘しています。

そして

「若者たちは聴力をいったん失えば、二度と回復しないことを肝に銘じる必要がある」

と言っています。

世界的な機関がこのように言っていることを考えると少なくとも現在の医療では、難聴を回復するのは難しいと言えるのかもしれません。

難聴になる意外な習慣とは?

難聴になる原因はいろいろありますが、簡単に言うと「大音量を長時間聴く」習慣とまとめられると思います。

ただ難聴の原因になるには、「音」以外にもあります。

それは「飲酒」です。

最近の研究では、飲酒により内耳の細胞を壊す物質が出ることが分かっています。

なので一番避けたいのは、大音量を聴きながら飲酒をすることですね。

大音量を聴くのも、お酒を飲むのも悪いわけではありません。
ただそれが習慣になってしまうと良くありません。

なので、大音量もお酒も「時々」がいいのかもしれません。

老人性難聴のリスクを考える

大音量の音楽を聴く習慣を続けていたとしても若いときは何も変化はないかもしれません。

加齢による難聴というのは、どんな方にも起こりうることです。

例えばおじいちゃんやおばあちゃんは、耳の遠い方が多いようです。

もちろん耳の良い方もいらっしゃいますが、一般的には年をとるにつれて、耳は遠くなっていきます。

ちなにみ、日本における老人性難聴の方の割合は以下のようになっています。

・65歳以上……25~40%
・75歳以上……40~66%
・85歳以上……80%以上

どんなに気をつけていても、加齢とともに難聴になる可能性は高くなるのです。

ただ、気をつけてほしいことがあります。

若いときから長時間、大音量にさらされていると、ダメージが蓄積して30代や40代の早い時期に老人性難聴が発症する可能性があるというのです。

30代や40代と言えば、働き盛りです。
子供さんもまだ小さいという方も多いかと思います。

そんなときに老人性難聴になってしまったら、仕事に日常生活に大きな影響が出てしまいます。

自分は若いからと油断しないで、難聴にならないための習慣が必要なのです。

まとめ

1、スマホで音楽を聴くのは、1日1時間以内にする。


2、難聴になると回復するのが難しいことを胸に刻む。


3、「飲酒」の習慣も、難聴の原因の一つになっている。


4、30代や40代でも「老人性難聴」になる可能性がある。

スマホを使わないというのは難しいと思います。
音楽を聴かないというのも難しいと思います。

大切なのは「習慣」です。

スマホも、音楽も、お酒も適度にバランスよく楽しむことが大切なのです。

スマホライフを正しく楽しみましょう。

スポンサーリンク

スマホに関する記事

よろしければ、ぜひ以下の記事も読んでみませんか?

スマホとガラケーどっちがいいか迷ったらコレ!「夢と甘えのルール」

スマホからガラケーに戻したほうがいい人とは?「5つのチェックポイント」