男女混合ダブルス(ミックス)とは?卓球を例にわかりやすく説明!

スポーツには同じ競技であっても戦う人数が違うことがあります。

例えば

・シングル(1人で戦う)

・ダブルス(2人で戦う)

基本的にはこの2つになります。

ダブルスに関しては

・男性2人のペア

・女性2人のペア

のいずれかになります。

そしてそれに加えて

・男女混合ダブルス(ミックスダブルス)

という戦い方もあります。

このブログでは、男女混合ダブルス(ミックスダブルス)についてわかりやすく説明したいと思います。


スポンサーリンク

男女混合ダブルス(ミックスダブルス)とは?

普通、ダブルスの試合の場合は

・男性2人のチームと男性2人のチームが戦う

・女性2人のチームと女性2人のチームが戦う

この2つのいずれかのことを言います。

しかし男女混合ダブルス(ミックスダブルス)の場合は

・「男性1人と女性1人のペア」と「男性1人と女性1人のペア」が戦う

この形式で試合を行うことになります。

どんなスポーツで男女混合ダブルス(ミックスダブルス)が行われているかと言いますと

・バドミントン

・テニス

・卓球

などです。

しかもちゃんと正式にその価値を認められていて、例えば

・バドミントン…オリンピックの正式種目

・テニス…ウィンブルドンなど四大大会の正式種目

・卓球…オリンピックの正式種目

という具合です。

つまり遊びやエキシビション的なものではなく、真剣勝負のスポーツの1つとして世界的に認めれているのです。


スポンサーリンク

男女混合ダブルス(ミックスダブルス)で重要なことは何か?卓球の場合

さてそんな男女混合ダブルス(ミックスダブルス)ですが、試合で重要になってくることはなんでしょうか?

バドミントン、テニス、卓球などがありますが、私は卓球が好きなので卓球を例に説明します

どんなスポーツでもそうなのですが、体力的には男性が女性を上回っています。

ですので、男女がペアを組む場合は卓球もそうなのですが、

・女性が相手を崩して

・男性が最後を決める

といった戦い方が多くなってきます。

では卓球の場合、どんな男女の組み合わせが良いのでしょうか?

普通に考えれば、男女ともランキングが高い者同士のペアが良いと考えますよね。

例えば以下のようなペアがあったとします。

・チームA…「男性1位」と「女性2位」のペア

・チームB…「男性8位」と「女性6位」のペア

こういったランキングの2チームが戦った場合、普通はチームAが勝つと思います。

もちろんチームAが勝つこともあります。

しかしなぜかチームBのようにランキングが低いチームが勝つことが卓球ではよく起こります。

理由はいくつかあります。

1つは「練習時間の差」です。

テニスもバドミントンも卓球も同じなのですが、ランキングが上位のトップ選手になればなるほど、ワールドツアーなどで世界を転戦しています。

これは男性選手も女性選手もそうです。

なのでトップ選手同士というのは、一緒に男女混合ダブルス(ミックスダブルス)の練習をする時間がほとんどないのです。

試合前日に軽く合わせるだけという場合もよくあります。

しかし、ランキングが下位の選手の場合は違います。

もちろん世界を転戦することもあるのですが、上位の選手に比べれば自国に、日本にいる時間が多いです。

それに試合数も少ないです。

なのでお互いに時間があるため、男女混合ダブルス(ミックスダブルス)の練習に時間を使うことが出来るのです。

他には「相性」もあります。

男性同士のペアでも相性は重要ですが、男女ペアになるともっと重要になります。

「確かに強くて技術は凄いんだけど、なぜか好きになれない」

こういった気持ちになってしまう相手もいるからです。

好きというのは異性としてというよりは、人間としてという意味合いが強いです。

好き嫌いというのはなかなか言葉で説明しずらいもがあります。

「なんとなくだけど好き」「生理的に嫌い」などと言いますからね。

他にも以外なところでは「利き手」というのも重要です。

特に卓球の場合はあらゆる男女混合ダブルス(ミックスダブルス)の中で、一番コートが狭いからです。

あの小さな卓球台の中で戦わなければならないときに重要なことの1つは、

「パートナーの邪魔にならない」

ことです。

卓球の男女混合ダブルス(ミックスダブルス)の試合を見ているとよくわかるのですが、攻撃をした選手選手はすぐに移動したり体をよけたりして、パートナーの邪魔にならないようにしています。

そうしないとパートナーの次の攻撃の邪魔になってしまうからです。

そして利き手なのですが、当然ですが「右利き」と「左利き」があります。

・「右利き」と「右利き」のペア

・「左利き」と「左利き」のペア

この場合は問題ありません。

しかし問題になってくるのは

・「右利き」と「左利き」のペア

・「左利き」と「右利き」のペア

の場合です。

お互いの利き手が「外と外」の場合はいいのです。

しかし「内と内」の場合はお互いのラケットの位置が近くなってしまうのです。

ですからこの利き手のペアの場合は、かなり工夫しています。

他には「戦型」というのも重要です。

卓球選手にもいろんな攻撃スタイルがあります。

・前陣速攻

・ドライブマン

・カットマン

などなど。

対戦相手の戦型には何も言えません。

しかしペアの場合だとやはり自分に合う合わないが出てくるのです。

例えばカットマンなどは好き嫌いがはっきり別れます。

速攻型の選手がカットマンとペアを組むとスピード感が全く違うので合わなかったりするのです。

以上が卓球の男女混合ダブルス(ミックスダブルス)で重要なことです。

もちろん他にもたくさんあるのですが、私は上記の要素が重要だと思っています。

まとめ

男女混合ダブルス(ミックスダブルス)って面白いですよね。

強い者同士のペアなのにマイナスになって弱くなることもあります。

弱い者同士のペアなのにプラスになって強くなることもあります。

男性同士、女性同士のダブルスというのは長年のペアというのも多いです。

しかし男女混合の場合はあまりありません。

ほんの数回ということも多いのです。

たまたまタイミングが合っていたからペアを組んでみた。

そうしたら相性が良くて優勝してしまった。

そういうことも起こりうるのです。

スポーツなので恋愛ではありません。

しかし恋愛と共通する要素も多いです。

そんな不思議で魅力的な男女混合ダブルス(ミックス)をもっと楽しみましょう。

スポンサーリンク