南行徳駅の人身事故(3/14)の原因や現場の様子は?東西線が大変!

2018年3月14日(水)、午後3時07分ごろ、地下鉄東西線の南行徳駅で人身事故が発生しました。

その影響で、電車の運行に遅れが生じています。

少しでも早い復旧が待たれます。

私が特に気になったのが

  • 人身事故の原因は何なのか?
  • 事故現場の様子は?

などです。

現地の様子を画像や動画を中心にお届けしていきたいと思います。

よろしければ、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

南行徳駅や地下鉄東西線の様子

人身事故の起きた南行徳駅や地下鉄東西線は大混乱しているようです。

気になる現地の様子をお伝えします。

スポンサーリンク

南行徳駅の人身事故の原因は?

今日の地下鉄東西線の南行徳駅で発生した人身事故の原因ですが、現在調査がおこなわれています。

果たして

  • 自分の意思で電車に…なのか?
  • トラブルで線路に転落したのか?

とても気になるところですが、現在のところまだ判明していません。

ですが情報を総合的に判断しますと、自分からという可能性が高そうです。

また現場の声として

  • 「ものすごい警笛を鳴らして急ブレーキ。はねられる音を聞いた」
  • 「ドンってすごい音がした」
  • 「メキメキと振動がヤバかった」

などのコメントがあります。

ということですので、命が助かるのはかなり厳しそうな状況です。

まだ確定はしていませんが、難しいでしょう。

しかし助かる可能性も0ではありません。

なんとか助かってほしいですね。

それにしても電車の人身事故がなかなか減りません。

もちろん0にすることは不可能です。

しかしなんとか1つでも減らすことは出来ないのかと思います。

もちろん事故に遭われた方にもいろんな事情があります。

しかし多かれ少なかれ、誰でも悩みや苦しみはあります。

責めるつもりはありませんが、こんな手段を選ぶべきではなかったと思います。

やっぱり電車の人身事故は、多くの人に多大な迷惑をかけてしまいますから。

最期に同情されるのではなく非難されるというのは悲しすぎます。

1人に出来ることは少ないでしょう。

でも少なくとも自分は、たとえ何があったとしても、このようなことは絶対にしません。

電車は安全に楽しく使いたいですね。

スポンサーリンク