増田珠が内野手に転向する理由はなぜ?ソフトバンクホークス期待の星!

こんにちは。

2017年のプロ野球ドラフト会議は最高に盛り上がりましたね。

そんな中で福岡ソフトバンクホークスから3位指名されたのが

「増田珠」

選手です。

「ますだ・しゅう」と読みます。

本当に素晴らしい選手で、ホークスファンの私としても本当に嬉しかったです。

さてそんな増田珠選手ですが、なんと内野手への転向プランがあるということです。

その理由がとても気になりますね。

そこで今回は

  • 増田珠がソフトバンクから3位指名された経緯
  • 増田珠が内野手に転向する理由

などを中心に書いていきたいと思います。

よろしければ、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

増田珠がソフトバンクから3位指名された経緯

ソフトバンクホークスの今年のドラフト会議を振り返ってみたいと思います。

まず1位指名されたのは、早稲田実業の清宮幸太郎選手でした。

他球団と競合することは分かっていましたが、王貞治会長の高校の後輩ということもあり、ドラフト前から指名を明言していました。

結果的にはくじが外れてしまったのは残念でしたね。

さすがに7球団もいて、しかもホースクスはくじを引くのが最後ですから難しかったようです。

でも競合を避けることなくチャレンジしたのは良かったと思います。

そして次にホークスが1指名したのが、履正社高校の安田尚憲選手でした。

そしてこちらもくじを外してしまい、獲得はなりませんでした。

そしてその後、3位で増田珠選手がホークスから指名されることになります。

私は思います。

「もしホークスが安田尚憲選手を獲得出来ていたら、増田珠選手は獲れなかったのではないか?」

ということです。

詳しくは次の項目で書きたいと思いますが、さすがに4位で獲れる選手ではないでしょうから。

個人的にはよく3位まで残っていたと思っています。

正直に言えば外れ1位で消えていても不思議ではありませんでした。

ですからホークスが獲れたのは本当にラッキーだったと思います。

横浜はなぜ指名しなかったのでしょうか?

やっぱり投手が欲しかったということなのでしょう。

いずれにせよ、ホークスファンとしてはめちゃくちゃ嬉しかったです。

スポンサーリンク

増田珠が内野手に転向する理由

さて、そんな経緯でホークスに入団することになった増田珠選手ですが、早くも内野手に転向するプランが出来きています。

既に球団から本人に伝えているということなので、これは間違いありません。

増田珠選手は横浜高校時代は、ずっと外野手でした。

内野を守ったことは少年野球や中学時代も含めてほとんどないということです。

つまり外野手は、ほぼ未経験ということです。

ではなぜ球団は増田珠選手に内野をさせようとしているのでしょう?

実はとても明白です。

それは

「増田珠選手を松田宣浩選手か内川聖一選手の後継者にしたいから」

ということです。

2人ともホークスの主力というだけではなく、侍ジャパンの代表でもあります。

しかしどちらも年齢が既に30代半ばです。

プレーできるのもあと5年が限界でしょう。

そうなると一塁手と三塁手のポジションが空くことになるわけです。

そこでどちからのボジションに増田珠選手を入れようということです。

増田珠選手は高校時代は外野手でした。

ですから普通に考えればホークスでも外野を守るはずです。

しかしホークスの外野には

  • 柳田悠岐
  • 中村晃
  • 上林誠知

という鉄壁の選手がいます。

上林誠知選手に関してはまだレギュラーと言えるほどではありません。

しかし年齢が22歳と若いこともあり、球団としては育てていきたいのです。

ですから外野にはあと10年くらいは入り込む隙間がないということです。

そこで増田珠選手を内野にしようということになったのです。

他にも理由があります。

増田珠選手はプレーヤーとの実力はもちろんですが、その天性の明るさがとても魅力的です。

映像や写真を見てみると、いつもニコニコ笑顔ですからね。

内野手は守るだけが仕事ではありません。

ピッチャーがピンチの時はマウンドに集まって、声をかけてあげることも大切なのです。

そして今、それをやっているのが松田宣浩選手と内川聖一選手なのです。

つまり球団としてはいずれはその役割を増田珠選手にやってもらいたいということです。

もちろん今までずっと外野手をやっていた人が、いきなり内野手になれるほどプロ野球は甘くありません。

増田珠選手も苦労することは間違いありません。

しかし松田、内川の2選手が引退するまでは少なくとも3~4年の時間があります。

ですから球団としてはその期間で増田珠選手を内野手として徹底的に鍛え上げる考えなのでしょう。

ホークスには今宮健太選手を育てた鳥越コーチがいますからね。

内野手の育成には絶対の自信がありますから心配はありません。

きっと大丈夫です。

まとめ

増田珠選手も苦労すると思います。

でも時間はあるのですから、焦ることなく地道に実力をつけていってほしいですね。

ホークスの2軍・3軍の施設は12球団で一番の環境ですから。

正直周りには何も遊ぶところがありませんから、野球だけに集中できます。

ぜひとも実力でレギュラーの座を勝ち取ってほしいですね。

ホークスファンの1人として応援しています。

スポンサーリンク