クルト厳蔵(スイス人僧侶)の高野山・無量光院での活動は?教えの内容も紹介!

こんにちは。

今回はスイス人僧侶である

クルト厳蔵

さんに注目してみたいと思います。

いったい彼はどんな人物なのでしょうか?

そんなクルト厳蔵さんの

プロフィール

僧侶になった理由

高野山での活動

どんな教えをしているの?

などを中心に書いてみたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

クルト厳蔵のプロフィール

スポンサーリンク

まずはクルト厳蔵さんのプロフィールを紹介します。

名前…クルト厳蔵 (くると・げんぞう)

本名…クルト・キュブリ

誕生年…1950年

年齢…67歳

出身地…スイス・チューリヒ

育ち…イタリア

クルト厳蔵さんが仏門に入ったのは1997年、47歳の時です。

そして67歳の現在までの20年間、和歌山県の高野山で僧侶として使えていらっしゃいます。

高野山は平安時代初期に弘法大師が開いた真言宗の聖地・総本山として有名な場所です。

世界遺産にもなっていて、日本だけではなく世界中から注目を集めています。

近年では外国人の観光客も増えてきていますね。

高野山には何百人もの僧侶がいるのですが、その中の一人、そして唯一のスイス人がクルト厳蔵さんです。

他にも外国人の僧侶はいらっしゃるのですが、スイス人なのはクルト厳蔵さんだけなのです。

タイ人やインド人僧侶などはピンとくるのですが、スイス人というのは僧侶からかけ離れている感じがしますが、そこには理由があるみたいです。

クルト厳蔵さんは地元では一番の有名人なので、

「クルトさん」

と言えば誰でも知っているのです。

クルト厳蔵さんがいるのは

無量光院

というお寺です。

クルトさんを尋ねて日本、そして世界中から多くの方が訪れています。

スポンサーリンク

クルト厳蔵が僧侶になった理由

クルト厳蔵さんはスイスの出身です。

スイス人の彼が僧侶になるまでは、

銀行家

ビジネスマン

現代芸術のアーティスト

写真家

ヨガの先生

フラメンコの先生

など様々な職業を経験してきました。

日本人からすれば、スイスという国は、

・自然が豊か

・永世中立国

・平和な国

など、とても良いイメージがあります。

しかしクルト厳蔵さんは、

「スイスに対して特別な愛情は持っていない」

とおっしゃいます。

スイスはのどかなイメージがあるのですが、クルト厳蔵さんは

「スイスでは心が休まることはなかった」

とのことです。

日本人には分からない、スイスという国の一面がそこにはあるのでしょうね。

クルト厳蔵さんがスイスを旅立ち、そして日本に移住し、僧侶になったのは

心の安らぐ日々を送るため

だったのです。

高野山に、そして僧侶という職業に、クルト厳蔵さんが求めている「安らぎ」があったのです。

クルト厳蔵さんが初めて日本に来たのは、

「スピリチュアルデザイン」

の研究が目的でした。

スピリチュアルデザインとはいうのは、仏教名と宗教デザインを研究するものです。

その中の一つが、日本の寺院のデザインだったということです。

クルト厳蔵さんが初めて高野山を訪れたのは、1981年です。

まだ30歳の若さでした。

ずいぶん昔ですね。

そのときはクルト厳蔵さんは高野山について何も知りませんでした。

しかし高野山を訪れたときに、

「これは凄い!」

と衝撃を受けたのです。

日本のいろんなお寺を見てきたクルト厳蔵さんだったのですが、

「高野山は雰囲気とエネルギーが他のお寺とは違う」

と感じたのです。

30歳で高野山に出会い、

そして17年後、47歳で僧侶になったのです。

クルト厳蔵の高野山での活動

クルト厳蔵さんの高野山での主な活動は、

・僧侶としての修行

・高野山を訪れる外国人観光客の案内

・高野山の寺院を紹介する本の出版

・メディア対応

・テレビ出演

など多岐に渡ります。

クルト厳蔵さんはもちろん外国語が堪能です。

ちなみに

英語

スイス・ドイツ語 (スイスで使われるドイツ語の方言)

イタリア語

フランス語

日本語

の5カ国語を話せます。

そのため外国人観光客の対応がとても多いのです。

外国人観光客からすれば、英語が話せるのはもちろんですが、スイス人のクルト厳蔵さんがなぜ日本で僧侶として活動しているのかにとても興味があるのです。

そのため、外国のメディアからの出演要望も多く、実際に出演したこともあります。

クルト厳蔵さんは僧侶として修行をしていますが、実は

「お酒が大好き」

という一面もお持ちです。

実はクルト厳蔵さんはスイスにいたころ、ワイン会社に勤めていたことがあります。

ですらかワインなどにも詳しいですし、お酒が大好きなのです。

意外な気がしますが、高野山の僧侶は禁酒など禁欲的な生活を義務付けられていません。

そのためクルト厳蔵さんは町でバーでお酒を飲むこともしょっちゅうです。

僧侶も人間ですらかいいと思います。

寺の中でずっと閉じ籠もっていては駄目だ。

外に出て人と話し、お酒を飲んで本音の話をし、そして修行をすることで僧侶として成長する。

そんな考えが高野山にはあるのです。

クルト厳蔵の教え

クルト厳蔵さんの教えはとてもシンプルです。

それは

「一体になること」

です。

別の言葉でいうと、

「今、ここ、この瞬間を味わう」

ということです。

現代はとても忙しい時代です。

・食事をしていても仕事のことが気になったり

・音楽を聴きながらスマホを見たり

などなど、何か一つのことに集中したり、じっくり味わうという機会がほとんどありません。

クルト厳蔵さんは、

・食事をするときは、じっくりと味わう

・水を飲むときは、ゴクゴクと飲む音が聞こえるくらいに味わう

など、対象と一体になって味わうことをとても大切にされています。

旅行に行ったときに写真ばかり撮っているのは、味わっているとは言えません。

それと同じですね。

食事、水、場所、時間、そして人。

対象は様々ですが、その対象と自分が一体化するくらに味わうことを大切だと、クルト厳蔵さんは教えていらっしゃるのです。

まとめ

今回はクルト厳蔵さんを紹介させていただきました。

実際にお話しされている姿を拝見しましが、とても気さくで魅力的な方だと思いました。

これからも健康で、ますますのご活躍を期待しています。

スポンサーリンク