香典袋に千円札を5枚?五千円札を1枚?「金額が5000円の場合」

香典袋の出番は突然やってきます。

それは葬儀が突然やってくるからです。

香典にいくら包めばいいのかについては、亡くなられた方との関係性にもよります。

明確な相場というのはありません。

ですが、私は、

「香典は5000円を包むのが、ちょうどいい」

と思っています。

これは、私が、

「喪主として、皆さまから香典を頂いた実体験」

から感じたことです。

よろしければ、ぜひ続きをお読みください。
あなたのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

私は喪主として香典を親戚や友人の方々から頂きました。

そして、もちろんですが、香典の金額は様々でした。

ちなみに、私の場合は以下のような感じでした。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

・1万円以上…血の繋がりがある方

・5000円…お仕事関係の方、ご友人関係の方

・3000円…ご近所の方

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

葬儀に出席する場合、いろんなケースがあると思いますが、一番多いのは、仕事関係、友人関係なのではないでしょうか?

先にも書きましたが、香典の相場というのはありません。

ですので、本当はいくらでも構わないのです。

しかし、そうは言っても基準となるものが欲しいと思われるお気持ちも分かります。

なので、もし私がご提案できるとすれば、

「香典の金額に迷ったら、5000円にしておけば間違いない」

とお伝えしたいです。

5000円という金額は、関係性で言えば、

・繋がりが濃すぎない
・かといって、薄いわけでもない

という中間、ちょうどいい金額だと私は思っています。

結構悩むのが、

「仕事関係の方や、親しい友人が亡くなった場合、香典は5000円がいいのか、1万円がいいのか?」

ということです。

これは私の主観ですが、

「お仕事関係の方や、ご友人が亡くなられた場合、香典は5000円の方がいい」

と思います。

1万円だと受け取った側が気を使ってしまうからです。

気を使うというのは金額の大きさもあるのですが、

「香典返し」

のこともあります。

香典返しのしきたりとしては、

「受け取った香典の何分の1かをお返しする」

というものがあります。

当然、受け取った香典の金額が高いほど、香典返しの金額も高くなります。

もちろん1万円も頂けるのはありがたいです。

ですが、私は、

「香典の5000円という金額を、少ないと感じたことはない」

です。

1万円というのは高額です。

なので、ご無理をなさらずに5000円くらいがちょうどいいかと思います。

スポンサーリンク

千円札を5枚 or 五千円札を1枚

仮に、香典に入れるお金を5000円に決めたとします。

次に問題になってくるのが、

「千円札を5枚入れる方がいいのか?それとも五千円札を1枚入れる方がいいのか?」

ということです。

これについて、いろいろいと調べてみたのですが、人によって意見が違っているようですね。

そこで、実際に受け取った体験談としては、

「千円札を5枚、五千円を1枚、どちらも差はなく変わりなく、ありがたく頂戴いたします」

ということです。

1つ、声を大にしてお伝えしたいのは、

「千円札5枚だから相手に失礼ということは、絶対にない」

です。

なので、あまりお気になさらないでくださいね。

新札 or 普通のお札

そして、次に問題になってくるのことがあります。

それは、

「香典に入れるお札は、新札がいいのか?それとも普通のお札でもいいのか?」

ということです。

これについても調べてみましたが、やはりいろんな意見がありました。

私は、

「葬儀の香典は、新札でも普通のお札でもOK。ただし、結婚式のご祝儀は、新札が望ましい」

このように思っています。

まず、ご祝儀についてからお話します。

ご祝儀を包む機会というのは結婚式になると思いますが、結婚式には、準備期間があります。

いきなり連絡が来て、来週結婚式があるから来てくださいということは、まずありえません。

ですから、ご祝儀を包む場合は、結婚されるお二人の新しい門出の祝して、新札を包むというのが礼儀かと思います。

ですが、葬儀の場合は違います。

葬儀の連絡というのは突然やってきます。

そして、葬儀が行われるのも、連絡があった翌日、あるいは翌々日であったりします。

つまり、

「葬儀には準備期間がない」

ということです。

もちろん、銀行に行ける時間があれば、新札を手に入れることはできます。

しかし、葬儀の連絡があった日が、土日や祝日であった場合、銀行は営業していません。

日常的に、新札を準備している方はほとんどいないでしょう。

ですから、

「葬儀の香典に包むお札は、普通のお札でも全く問題ありません。もちろん、新札でも全く問題ありません。」

と、お伝えしたいのです。

私は喪主として、皆さまから香典を頂きました。

新札の方もおられました。
普通のお札の方もおられました。

これははっきりと言えるのですが、

「新札ではなく、普通のお札だからと言って、マナーがなっていないと思うことは絶対にない。嫌な気持ちになることは絶対にない。」

です。

ですから、あまりお気になさらないでくださいね。

喪主として感じたこと

私は家族を失って、喪主を経験しました。

そこで深く感じたことは、

「葬儀に来て頂けるだけで、香典を包んで頂けるだけで充分ありがたい」

ということです。

本音を言えば、金額はいくらでもいいと思っています。

ですが、もし迷われるのであれば、5000円という金額は、ちょうどいいと思っています。

繰り返しになりますが、香典を受け取ると、そのあとで香典返しが待っています。

私の経験で言えば、1万円に対しての香典返しは、凄く気を使います。

5000円であれば、かなり気持ちは楽になります。

なので、やっぱり5000円がちょうどいい金額なのかもしれません。

スポンサーリンク

私の介護体験談

実は私は両親の介護をしていました。

今、思い返しても本当に大変だった記憶しか思い浮かびません。

「きれい事ではない介護の実態」

を正直に書いてみました。

よろしければ、ぜひお読みください。

老老介護の問題点と解決策とは?父と母の実態と事件防止対策

マナーに関すること

マナーに関する記事を書いてみました。

よろしければぜひ、気軽にお読みください。

レジのお釣り 渡し方のマナー「手が触れるのは?レシートは?」

お金に関すること

お金に関する記事を書いてみました。

よろしければ、ぜひ気軽にお読みください。

生活をするのに最低限必要なお金とはいくらなの?

有吉弘行の名言(主にお金に関すること)

芸能人のお金にまつわる習慣「財布の中身を見てみたい!」

関連コンテンツ