北朝鮮ミサイルが日本に落ちたら?政府が迎撃しない理由とは!?

北朝鮮がミサイルを発射しました。

ミサイルは日本列島を横断して、北海道襟裳岬から約1180kmの先の地点に落下しました。

日本本土にミサイルが落ちたわけではわけではありません。

北朝鮮は最初から海に落ちるように狙っているわけですから。

しかし全てが成功するわけではありません。

当然ですが、失敗する可能性もあるわけです。

そこで

「北朝鮮のミサイルが日本に落ちたらどうなるのか?」

というテーマで書いていきたいと思います。

ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

日本政府はなぜ北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃しなかったのか?

まず最初の疑問は

「なぜ日本政府は北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃しなかったのか?」

ということですね。

この理由は実はハッキリしています。

それは

「日本政府は、北朝鮮のミサイルが日本本土に落ちないことを事前に分かっていたから」

です。

ブーストの段階で軌道が分かるため、日本本土を狙っていないことを知っていたのです。

ブーストというのはミサイルの上昇段階のことなのですが、その時点で落下地点がほぼ確実に分かるのです。

だから迎撃しませんでした。

日本国内にも

  • 「もし日本に落ちていたらどう責任をとったんだ?」
  • 「本土に落とされるまで何もしないのか?」

という声もありました。

では、日本政府は北朝鮮のミサイルを迎撃すれば良かったのでしょうか?

実はそうでもありません。

なぜならば

「日本政府が迎撃ミサイルを発射するということは、北朝鮮に手の裏を晒すことになる」

からです。

仮に日本政府が迎撃ミサイルを発射していたとして、迎撃できたにせよ、できなかったにせよ「結果」が北朝鮮に伝わってしまいます。

北朝鮮としては日本政府がとれほどの精度の迎撃ミサイルを保持しているのかを、喉から手が出るほど知りたいわけです。

その貴重な情報を日本政府がみすみす与えるわけがありません。

また迎撃ミサイルは非常に高価であるため、簡単に撃っていいものではありません。

  • 刀は鞘に収めているとき
  • カードは手持ちのとき

が一番パワーがあります。

表舞台に出すときは、絶対に勝てる見込みがあるときだけなのです。

それまではずっと隠し続ける必要があるのです。

ですから、今回の日本政府の対応は正しかったのです。

北朝鮮の挑発に乗ってはいけません。

スポンサーリンク

北朝鮮の弾道ミサイルが日本本土に落ちたらどうなる?

北朝鮮の弾道ミサイルが日本本土に落ちたらどうなるのでしょうか?

まず前提として

「日本本土に落ちる可能性はほぼない」

といいことです。

北朝鮮はさんざんアメリカや日本を挑発していますが、越えてはいけないラインはちゃんと守っています。

なぜならば

「日本本土に北朝鮮のミサイルが落ちたら、その瞬間、北朝鮮という国は終わる」

からです。

それは北朝鮮が、金正恩が一番良く分かっています。

日本は憲法9条があるため、相手国に対して先制攻撃が出来ません。

そして領海や領空に関しては「9条の解釈」という、ややこしい問題が発生します。

海外であれば領海や領空の攻撃も宣戦布告と見なして攻撃する国が多いです。

しかし日本には「9条信者」がいるため面倒くさいのです。

しかし、もし北朝鮮のミサイルが落ちたら……

日本政府は間違いなく、北朝鮮の本土に対して反撃を行うでしょう。

なぜならばそれは「反撃」に該当し、憲法9条でも認められているからです。

つまり

「日本政府としては北朝鮮を攻撃するための大義名分を手に入れることができる」

ということでですね。

日米同盟もありますから、当然、アメリカも協力してくれます。

日本とアメリカに北朝鮮が勝てるわけがありませんから。

そうはいっても、北朝鮮が弾道ミサイルを発射して、それが日本に落ちる可能性はゼロではありません。

もしかすると、ミサイルの中に生物兵器などを仕込んでいる可能性もありますね。

爆発すると広範囲に拡がっていくかもしれません。

そうなると、日本国内にも多数の死傷者が発生するかもしれません。

しかし繰り返しますが、北朝鮮は日本本土には落としません。

理由は先程述べた通りです。

だからそれほど心配する必要はないと思っています。

心配してどうにかなるのであればいいのですが、どうにもなりませんから。

だから心配しても意味がありません。

どっしりと構えていましょう。

北朝鮮はなぜ弾道ミサイルを発射するのか?

そもそも北朝鮮はなぜ弾道ミサイルを発射するのでしょうか?

北朝鮮というのは決して豊かな国ではありません。

それなのに一回発射するだけで莫大な資金の必要な行為をなぜ繰り返するのでしょうか?

それは

「パフォーマンス」

のためです。

誰に対してかと言えば、アメリカです。

北朝鮮はなせ日本に向けてミサイルを発射するのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

でも実は日本を狙っているわけではないのです。

「日本の方角にしかミサイルを発射する場所がない」

からなのです。

もし中国やロシア方面に打てば、迎撃されます。

日本みたいに甘くありませんから戦争になる可能性もあります。

実際にロシアは領空侵犯した他国の航空機を問答無用で撃ち落としますから。

韓国を方面もダメです。

領空を通過するだけで戦争になるでしょう。

ユーラシア大陸や中等やヨーロッパは論外です。

そうなるともう、日本しか残っていないのです。

  • 日本の手前に落とす
  • 日本を飛び越えて落とす

のどちらかしかありません。

実際に今までの北朝鮮を見ていると、そうなっています。

そして今後もそうなることは間違いありません。

そもそも北朝鮮は他国と戦争をする気はサラサラありません。

理由は北朝鮮は戦争をしても他国に勝てないからです。

日本にもアメリカにも。

中国にも韓国にも。

北朝鮮の目的はただ一つ

「アメリカと平和条約を締結すること」

です。

そのための核開発であり、弾道ミサイル発射のパフォーマンスなのです。

ですから大丈夫です。

日本本土には落ちません。

心配されるお気持ちは分かります。

でも「なぜ?」という疑問に対して事実を冷静に見ていれば、必要以上に恐れることはないのです。

大丈夫です。

日本という国を信じましょう。

まとめ

今回は北朝鮮の弾道ミサイルについてご紹介しました。

多くの方が不安で心配されているようです。

しかし私は心配していません。

どうか安心して、今日も明日も元気に生きていきましょう。

スポンサーリンク