生田駅の人身事故(9/1)の原因や身元は?画像やツイッターも紹介!

2017年9月1日(金)、午前9時11分ごろ、小田急小田原線の生田駅で人身事故が発生しました。

その影響で、小田急小田原線では向ヶ丘遊園~新百合ヶ丘駅の区間で運転を見合わせており、振替輸送で対応しています。

【追記】

午前10時18分に運転を再開されましたが、ダイヤが乱れています。

電車遅延が発生してますので、どうぞご注意ください。

  • いったい何が人身事故の原因なのでしょうか?
  • 身元は判明しているのでしょうか?

現地の様子を画像を中心にお届けしていきたいとも思います。

人身事故の原因なども調査しましたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

生田駅の様子

人身事故の起きた小田急小田原線の生田駅は大変混乱したようです。

現地の様子を画像を中心にご紹介いたします。

スポンサーリンク

人身事故の原因や身元は?

今回の小田急小田原線の生田駅で起きた人身事故の原因ですが、現在のところはまだ詳細が分かっていません。

また身元についても現在調査中です。

通常、電車による人身事故は月曜日に発生することが多いようです。

理由は知る由もないのですが、おそらくは

  • 会社に行きたくない
  • 学校に行きたくない

というものによると予想されます。

月曜日は週初めですからね。

しかし今回の人身事故は金曜日です。

もしかすると

「今日が9月1日で新学期だから、学校に行きたくなかったから」

という理由かもしれません。

ただ身元に関しては学生さんかどうかは分かりません。

あくまでも推測です。

しかし可能性としてはあるような気もします。

毎年9月1日、つまり新学期の初日は駅での人身事故が発生することが多い傾向があるようです。

対策と言っても難しいですが、何かできることはないのかと考えてしまいますね。

現在、小田急小田原線の各駅では、駅のプラットホームに柵の設置が進んでいます。

ですので全駅に柵が設置されれば、このような人身事故は減るかもしれません。

しかし先日の8/29(火)にJR恵比寿駅で起きた人身事故は、ホームドアを乗り越えてのものなので、柵も完璧ではありませんが……

でもないよりは効果がありそうです。

ぜひ1日も早く設置完了してほしいですね。

現在運転が再開されましたが、ダイヤが大幅に乱れています。

くれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク