イケメソ男子が大人気になっていると話題に!男の涙は美しい?

男性の泣き顔を集めた写真集が話題になっているらしい。
その写真集のタイトルはずばり『イケソメ男子』。

『イケめん』ではなく、『イケめそ』です。

イケメソというのは
「イケメンがメソメソとかわいくすてきに涙を流す姿」
のことらしいです。

「涙は女の武器」と言われてきましたが、ついに
「涙は男の武器」になってしまいました。

ちなみに自発的に涙を流すことは心のデトックス(毒素輩出)
をする効果があるとのことです。

その効果はともかくとして、昔は「男は人前で涙を見せるもんじゃない」
というのが常識でしたが、最近は変わってきているようですね。

スポンサーリンク

近頃では、男性の涙は「かわいい」「母性本能をくすぐられる」と
いった印象を持つ女性が増えてきたとのとこ。

「ただし、イケメンに限る」という、残酷な条件がありますが(笑)

それで、この「イケソメ男子」の写真集ですが、ソファ、ベッド、シャワーなど
日常生活に密着した場面を想定して撮影されました。

写真集にはモデルやタレント、元ボクサーなどの男性8人が出演されています。

その中の1人でもある有馬芳彦さん(29)は

「恥ずかしいので実生活で泣くことはあまりないけれど、
涙を流すことで何か胸にすとんと落ちてすっきりした」

と語っておられます。

男性自身がそのように言っておられる訳ですから、
やはり涙を流すことは精神的にも良い影響があるようです。

それで、そんな「イケメソ男子」の写真集の発売を記念して
「お渡し会」というのが東京・神田神保町で行われました。

お渡し会には20~40代の女性を中心に250もの方が集合しました。
会では有馬さんが購入者の(主に)女性に、写真集を手渡されました。
受け取った女性のみなさんは、凄く感激されていたみたいです。

さて、そんな「男の涙」ですが、その効果について科学的に知りたくなってきました。

実際にはどうなのでしょうか?

人に安定感や平常心をもたらす脳内物質・セロトニンを
研究している、東邦大医学部の有田秀穂名誉教授(脳生理学)によると

「脳の前頭前野は共感で活性化し、共感によって涙を流すと
脳全体がリセットされて癒やしの効果がある」

と、おっしゃっています。

なので、科学的にも、涙を流すことは精神的にも良いみいたいです。

とは、いうものの、男が人前で涙を流すことは恥ずかしいものです。
でも心にとっては良いのです。

スポンサーリンク

それでは、どうするのか?

私は映画を見ることをおすすめします。
ジャンルは「泣ける映画」がいいですね。

もちろんDVDなどをレンタルショップで借りてきて、自宅で観てもいいのですが
おすすめは映画館に行くことです。

しかも「深夜の映画館」をおすすめします。

なぜ、深夜の映画館がいいのか?
これには明確な理由があります。

その前に、自宅ではなく、あえて外である映画館をおすすめするには理由があります。

そのキーワードは「非日常」です。

自宅というのは、気軽で何をやっても自由で楽なのですが、
自宅というのは、「日常」です。

日常というのは、どうしても常識が支配します。
「映画を見て泣いてスッキリするぞ」と思っていても
無意識にブレーキをかけてしまうことが多いのです。

その点、映画館は多くの人にとって「非日常」です。

非日常の空間であれば、「泣く」という普段はできないことも
自然とできるようになってくるのです。

そこで深夜の映画館です。

行かれた方はお分かりだと思いますが、休日前夜などを除き
深夜の映画館というは、観客が少ないことがほとんどです。
特にその日の最後の上映の回は劇的に少ないです。

私も何度か行ったことがありますが、少なかったですね。

人が少ないということは、周りのお客さんと席の間隔が
かなり離れているということです。

なので、泣いたとしても、多少激しく泣いてしまったとしても
迷惑にはならないので、安心てし泣くことができるのです。

非日常の空間で安心して泣くことができる。

しかも、多くの映画館では深夜の時間帯は割引料金になることが多いです。
安く見られて、泣いてデトックスも出来て、かなりお得ですね。

というわけで、深夜の映画館で思いっきり涙を流して
「デトックス男子」になりましょう。

その後は、ぐっすりと睡眠を取って
そして朝目覚めたら、昨日よりもイケてる自分に生まれ変わっている!

と、いいなあ(笑)

スポンサーリンク