井出隼平四段(将棋)のプロフィール!高校と中学は?彼女や結婚も!

こんにちは。

トムです。

今回は将棋のプロ棋士である

井出隼平

四段を紹介します。

若手棋士として将来を期待されている彼は、果たしてどんな人物なのでしょうか?

そんな井出隼平四段の

プロフィール

奨励会三段リーグの成績

高校と中学

彼女や結婚

などを中心に書いていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

井出隼平のプロフィール

まずは井出隼平四段のプロフィールを紹介します。

なお2017年6月8日時点のデータです。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

名前…井出隼平 (いで・じゅんぺい)

生年月日…1991年5月3日

年齢…26歳

出身地…神奈川県横浜市

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

井出隼平さんが将棋を始めたのは、父親から将棋を教わったのがきっかげです。

本格的に将棋を始めたのは小学校3年生のとき。

吉祥寺にある将棋サロンに毎日のように通うようになり、そこで将棋の腕を磨いてきました。

井出隼平さんの出身地は神奈川県横浜市出身です。

しかし通っていた将棋サロンは吉祥寺です。

なのでおそらくですが、幼少期に吉祥寺ある東京都武蔵野市か近辺に引っ越したのだと思われます。

プロ棋士の養成機関である「奨励会」に入ったのは2003年9月12歳の頃です。

小学校6年生のときでした。

小学生時代に全国大会での目立った活躍の記録はありません。

しかし小学生で奨励会に入るのですから、将棋の実力は当時から相当高かったのは間違いないです。

もしかすると全国大会には参加していないかもしれませんね。

小学校6年生で、井出隼平さんは将棋のプロを目指す第一歩を踏み出したのです。

スポンサーリンク

井出隼平の奨励会三段リーグの成績

奨励会には6級から三段まであります。

7級からの場合もありますが、ほとんどの場合は6級からの参加になります。

井出隼平さんも6級で奨励会に入りました。

三段になったのは2009年7月、18歳、高校3年生の頃です。

これはなかなか早いスピードです。

少なくとも遅くはありません。

平均よりも、やや若いと言えます。

しかしプロ棋士になるための最終関門である三段リーグで、井出隼平さんは苦労することになります。

以下が三段リーグでの成績になります。

第46回…10勝8敗

第47回…6勝12敗

第48回…9勝9敗

第49回…10勝8敗

第50回…8勝10敗

第51回…11勝7敗

第52回…11勝7敗

第53回…9勝9敗

第54回…8勝10敗

第55回…6勝12敗

第56回…7勝11敗

第57回…11勝7敗

第58回…12勝6敗 (プロ入り決定!)

三段までは順調だったのですが、三段リーグでは物凄い足踏みをしてしまいました。

三段になったのは18歳。

プロになったのは24歳。

三段をクリアしてプロになるのに6年半という時間がかかってしまいました。

奨励会には年齢制限があり、26歳までにプロにならないと退会になります。

井出隼平さんもその制限まで2年しかなかったのです。

タイムリミットがすぐそこまで迫っていたのです。

それだけプロの将棋棋士になるのは大変なのですね。

2016年3月5日、井出隼平さんは24歳で、プロの将棋棋士になったのです。

ようやくスタートラインに立つことが出来た、特別な1日になりました。

井出隼平のプロでの成績

井出隼平四段のプロでの成績は以下になります。

なお2017年6月8日時点のデータです。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

対局数…37

勝数…19

負数…18

勝率…0.5135

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒

勝率の5割ちょっとで、ごくごく平均的な成績ですね。

ただ、井出隼平四段はプロ入りしたその年「第6期加古川青流戦」で優勝しています。

プロ入り初年度で一般棋戦で優勝というのは本当に珍しいことです。

とても素晴らしいことだと思います。

初参加となった順位戦C級2組では「5勝5敗」という成績でした。

2017年は、ぜひ昇級を目指して頑張ってほしいですね。

井出隼平の高校と中学

井出隼平四段の高校と中学について調査したのですが、残念ながらわかりませんでした。

申し訳ありません。

なので推理してみます。

井出隼平さんは小学校3年生からプロになるまで、9歳~26歳まで、ほとんど毎日のように「将棋サロン吉祥寺」に通っていました。

サロンの席主の方によると、見かけない日はほとんどなかったそうです。

つまり、吉祥寺の将棋サロンは、井出隼平四段にとって生活の一部だったのです。

将棋をするうえで欠かすことのできない、大切な場所だったのです。

そう考えますと、中学も高校も吉祥寺、あるいは吉祥寺近辺である可能性が高いと思われます。

それであれば学校帰りにそのまま通えるからです。

もし遠くの中学や高校になってしまうと通学時間も、サロンに行く時間もかかってしまいます。

おそらく遠くは間違ってはいないと思います。

井出隼平の彼女や結婚は?

井出隼平四段は現在、結婚しておらず、独身です。

彼女に関する情報は調べたのですが、見つかりませんでした。

申し訳ありません。

ただ、奨励会三段リーグでの苦労を乗り越えられたのは、もしかすると彼女という存在があった可能性もあります。

もしかすると、結婚のご報告がある日も遠くないかもしれませんね。

まとめ

今回は将棋棋士の井出隼平四段を紹介させていただきました。

奨励会で苦労した分、プロでは活躍してほしいですね。

これからの更なるご活躍を期待しています。

スポンサーリンク