本当に必要なものだけがある家「断捨離を進化させるステップ」

ゴミ屋敷とまではいかないまでも
「家の中にモノが溢れていて困っている」
という方は多いのではないでしょうか。

あなたはいかがですか?

ちなみに私の家は物が多いです。
私は2階建ての一軒家に住んでます。
両親から譲り受けたもので、今は1人で住んています。

私のモノは少ないのですが、
両親が使っていたモノが溢れている状態です。

あまりにモノがたくさんあると、
「いつかやろう」と思って、なかなかやりません。

やることが多すぎると、
何から手をつけたらいいのか分からなくなるのです。
今、私はその状態です。

私はこの家にある大量のモノを何とかしたいと思って、
たくさんの整理に関する本を読みました。

その中でも一番興味を持ったのが

「断捨離」

に関するものでした。

スポンサーリンク

断捨離は、

「自分とモノの関係性が生きているか?」

を一番重視します。

関係性というのは、

「今、そのモノを使っているか?」

ということです。
人間が主役で、モノが主役ではないのです。

なので、例え新品で高価なモノであっても、
今の自分が使っていないのであれば、それは処分する対象になるのです。

私は、トイレや冷蔵庫、キッチンの一部を断捨離しました。
自分との関係性で捨てるかどうかを判断するのは
時間もあまりかからなくていいですね。

断捨離は確かに効果があります。

ただ、私のように2階建ての一軒家ともなると、
頭では分かっていても、なかなか断捨離を実行するのにブレーキがかかってしまいます。
現に私は家のほんの一部部分しか断捨離が出来ていません。

そこでいろいろと考えた結果、

「断捨離をやる前に、理想の家の状態を明確にしよう」

と思いました。

つまり、ゴールをはっきりさせたのです。
私の答えはこうです。

「本当に必要なものだけがある家」

これです。
断捨離的な表現をすると、

「自分との関係性が生きているモノだけがある家」

です。

スポンサーリンク

理想の家の状態、ゴールが明確であれば、断捨離がやりやすくなります。
多少の変更はあるかもしれませんが、大まかなゴールが分かっているので、
それから大きくズレることはなくなます。

そして、何のために今、断捨離をやっているかが分かっているので、
途中で挫折することも少なくなります。

本当に必要なものだけがある家、
私はこれをもっとイメージしやすくする必要があると思いました。
そして自分に質問を作ってみました。

それは

「もし、何もないこの家に引っ越しきたら、どんなモノを加えるだろう?」

という質問です。

今、私の家には大量のモノが溢れています。
これらのモノを、いったん全部処分してしまったと仮定しました。
(もちろん、あとから復活できるという前提です)

ある日、私は、何もないこの家に引っ越してきました。
家の中には何もモノがありません。

全くのゼロからのスタートです。

そこで自分はどんな行動をとるか?
どんなモノをそろえるだろうか?
これを考えてみたのです。

私は本当に必要なモノを紙に書いてみました。
それから優先順位をつけてみました。

その結果は

「実は自分にとって本当に必要なモノというのは本当に少なかった」

ことに気づきました。

以下、私が本当に必要だったと思ったモノです。

必要なモノは人によって、大きく違ってきます。
もしよろしければ、参考になさってください。
ちなみに、電気、水道、ガスは使えるという前提です。

1位「パソコン」

このパソコンにはインターネットの環境を含みます。
私はこれを優先順位の1位にしました。
これは人によっては必要のないものです。

ですが私にとっては1位なのです。

なぜかといいますと、私はインターネットを使って仕事をしています。
そして仕事の道具としてパソコンは必須なのです。

つまり私は生活のためのお金を稼ぐ手段として
パソコンが絶対に欠かせないのです。
生きるための手段ということです。

なので、パソコンが1位なのです。

厳密には

・パソコン
・インターネット環境
・パソコン用デスク
・椅子

です。
ただ、デスクと椅子はちゃぶ台でも構いません。
パソコンとインターネット環境が重要なのです。

2位「寝具」

今、私は布団で寝ています。
ですが理想は深い睡眠がとれるベッドで寝たいです。
具体的にはエアウィーヴというベットが欲しいです。

私は睡眠というのをとても大切にしています。
ぐっすり眠れた翌朝はやる気に満ちていますが、
寝不足だと一日がだらけてしまいます。

なので私は睡眠にお金を使うことは大切だと思っています。

今の家からモノを処分したら、まずは寝室を確保して
そこにエアウィーヴを置いて、毎日快適な睡眠をとる。
そんな生活が理想です。

3位「冷蔵庫」

私は以前、冷蔵庫のない暮らしをしていたことがあります。
なので、なくても構いません。
ただ、あったほうが便利です。

特に夏場は冷たい飲み物があるといいからです。
冷蔵庫はあるといいですね。

4位「洗濯機」

洗濯機もあるといいですね。
家の近くにコインランドリーがあるので、
そこで代用することもできます。

でも雨が降っていたり、寒かったり暑かったりしますし、
近いとはいえ時間もかかります。

なのでやっぱり洗濯機も家にあると便利ですね。

5位「食事用のテーブルと椅子」

自炊をするかどうかは別としても、
スーパーなどで弁当を買ってきて
家で食事をする機会はあります。

なので食事用のテーブルと椅子が1つだけ欲しいです。

番外編「仏壇」

仏壇は生活するために必要なものではありませんが、
なくすわけにもいかないものです。
なので番外編に入れてみました。

今は仏壇も小さくてスペースをとらないものもあるようです。
小さくてもいいので、仏壇はあるといいかもしもませんね。

まとめ

私にとっての

「本当に必要なものだけがある家」

とは

1位「パソコン」
2位「寝具」
3位「冷蔵庫」
4位「洗濯機」
5位「食事用のテーブルと椅子」
番外編「仏壇」

これらがある家です。

おそらく断捨離をしていくなかで、
他にも必要なだと思うモノが増えてくるかもしれません。
しかし根幹はこのリストにあるモノだけです。

これだけで本当に必要なものの80%は含まれています。

私は一度断捨離をして、その後ストップしています。
ですが、今この理想の家のリストが出来上がりました。

なので次回の断捨離は、この理想に向かって
サクサクと捨てていてばいいのです。

このリスト以外のモノは基本的に必要ありません。
リスト以外のモノは「あったらいいな」程度です。
なの思い切って捨てても全然構わないのです。

「本当に必要なものだけがある家」
をイメージするとワクワクしてきました。

あとはこの理想に向かって断捨離をするだけです。
断捨離をは人生を激変させるパワーを秘めているそうです。
実践して、それを体感したいと思います。

スポンサーリンク