平手友梨奈が倒れる原因やその後は?欅坂46センターの体調は?

こんにちは。

2017年12月31日に行われた紅白歌合戦をご覧になりましたか?

もちろん私はテレビの前で楽しみました。

もちろん一番のお目当ては「欅坂46」です。

姉貴分でもある乃木坂46ももちろん気になりましたが、やっぱり欅坂46が見たかったのです。

紅白歌合戦は、おそらく現在、日本一視聴率の高いテレビ番組だと思います。

そうなると、当然ですが、欅坂46のことを全く知らない方もたくさんいるのです。

なので、欅坂46のセンターである平手友梨奈さんが倒れたことに関しても、理由や原因が分からない方も多かったと思います。

そこで、今回は紅白歌合戦のステージ上で欅坂46に起こったことについて書いていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

平手友梨奈が倒れる原因

まず紅白歌合戦の欅坂46を振り返ってみたいと思います。

最初に歌ったのは「不協和音」という曲でした。

この曲は、欅坂46の曲の中でも一番ダンスが激しいと言われています。

そのため体力を激しく消耗します。

また歌詞の内容が「反逆」「抵抗」などがテーマのため、それを表現するために精神力も使います。

欅坂46はこれまでに何度かライブをやったことがありますが、不協和音という曲は、最後に歌うことが多かったです。

その理由としては、

「不協和音がありまにも激しい曲のため、その後にメンバーがダンスを踊ることか出来ない」

からです。

これについては、何にものメンバーが同様のことを語っています。

つまり今回の紅白歌合戦では

「欅坂46が最初に不協和音を踊った時点で、メンバーの大半は体力を使い果たしていた」

ということです。

ウッチャンこと内村光良さんが特別参加した2回目の不協和音。

ここで事件が起きてしまいました。

最初からセンターの平手友梨奈さんの体が震えていて様子がおかしかったことに、多くの人が気付いていました。

ウッチャンの励ましもあり、何とか最後まで踊りきった平手友梨奈さんでしたが、曲が終わった直後に倒れてしまいました。

またメンバーの鈴本さんと志田さんも倒れてしまいました。

平手友梨奈さんが倒れてしまった原因というのはいくつか考えられますが、

「曲に入り込んでしまう憑依型のため、体力や精神を激しく消耗してしまうから」

だと思われます。

これまでに不協和音を踊っても何とか大丈夫だったのは、それが最後の曲だったからです。

実は

「不協和音を同じステージ上で2回も踊ったのは、今回の紅白歌合戦が最初だった」

のです。

だから平手友梨奈さんや鈴本さんには耐えられなかったのでしょう。

平手友梨奈さんは天才型です。

良くも悪くも自分でブレーキをかけることが出来ません。

ですから一回目の不協和音で燃え尽きてしまったのでしょう。

正直、とても不器用な女の子です。

でもだからこそ、平手友梨奈さんや欅坂46のパフォーマンスは、多くの人の心をつかむのだと思います。

スポンサーリンク

平手友梨奈の紅白歌合戦のその後

欅坂46は、紅白歌合戦の後、別の歌番組に出演しました。

そこには平手友梨奈さんや鈴本さんや志田さんの姿もありました。

もしかして入院したのではと思っていただけに、これにはホッとしました。

その番組では欅坂46では珍しく楽しい曲を踊っていましたので、消耗は少なかったと思います。

メンバーのみんなも笑顔でした。

笑顔で踊る欅坂46もいいですね。

まとめ

今回は紅白歌合戦での欅坂46と平手友梨奈さんについて書いてみました。

私は欅坂46のファンなので、彼女がステージ上で倒れた原因なども推測が出来ます。

でも紅白で初めて欅坂46を見た方は、何が起きたのかわからなかったと思います。

こういったことで注目されるのは、メンバーとしても不本意かもしれません。

でも、これが欅坂46を知る入口になれば、それはそれでいいのではと個人的には思っています。

平手友梨奈さんも、他のメンバーもそうですが、みんな欅坂46に必要です。

私はこれからも応援していきたいと思います。

スポンサーリンク