平手友梨奈がセンターの理由!プレッシャーや嫉妬は?嫌そうな顔と外れる可能性

アイドルグループ欅坂46のセンターを務める

「平手友梨奈」

さん。

先日発表された4枚目のシングルでもセンターに抜擢されました。

もはや欅坂46のファンにとっては何の驚きもありません。

やっぱりそうだよね、という感じです。

そこで今回は、

「平手友梨奈が欅坂46のセンターである理由」

そして

「プレッシャー」

「周りのメンバーからの嫉妬」

さらに

「今後、センターを外れる可能性はあるのか?」

「センターが嫌そうに見える訳」

などについても書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

平手友梨奈が欅坂46のセンターである理由

欅坂46が「サイレントマジョリティー」でデビューしてからもうすぐ1年が経ちます。

早いような遅いような不思議な気持ちです。

欅坂46はデビュー前から

「欅って書けない?(keyakake)」

という番組に出演していました。

欅坂46のファンにはお馴染みの番組ですね。

この番組ではオーディションの段階から彼女たちを追っていました。

私が特に印象に残っているのは

「メンバーが自分で自分を撮影してアピールする自己PRビデオ」

です。

メンバーのことをまだ何も知らない視聴者、そしてMCの土田晃之さんと澤部佑さんにアピールするビデオです。

メンバーそれぞれがいろんな工夫を凝らしてとても楽しいものでした。

その中でも

「平手友梨奈さんの自己PRビデオが一番興味深かった」

のを覚えています。

平手友梨奈さんのビデオ見て土田晃之さんがおっしゃったのが

「平手さんは各パートごとに全然印象が違うね」

という言葉です。

私も同じ事を感じました。

確か3つか4つくらいのパートに分けて撮影していたのですが、全部違う人見えたのです。

これは言い換えれば

「いろんな表情が出来る」

と言えるのかもしれません。

平手友梨奈さんが欅坂46のセンターである理由はいくつかあると思います。

1つ目は

「欅坂46の中で最年少」

であることです。

もちろんこれは実力があってという条件付きです。

若ければいいというのではありません。

平手友梨奈さんの場合はその条件を満たしていたということです。

欅坂46は乃木坂46の妹分ということもあって注目されていました。

なので必然的にセンターも注目されていました。

そこで最年少メンバーがセンターを務めるというのはインパクトがあります

メディアでも取り上げやすいですよね。

今後欅坂46が2期生を募集したり、あるいはけやき坂46が一緒になったりしない限り、平手友梨奈さんが最年少メンバーです。

やはり一番上と一番下というのはインパクトがあります。

2つ目は

「オーラ」

です。

オーラに関しては、デビュー曲のMVを見て既に感じたファンも多かったようです。

コメント欄を見ても

「平手友梨奈のオーラが凄い!」

というのがたくさんありました。

しかも彼女の場合は普段からオーラがあるんです。

私が印象的だったのは、けやき坂46がダンスの練習をしているところに欅坂46のメンバーが来たときのものです。

欅坂46のメンバーたちはけやき坂46の練習風景を見ていたんです。

そこに平手友梨奈さんも現れました。

その雰囲気が凄かったんですね。

何もしていない、ただ見ているだけなのにオーラがある。

平手友梨奈さんはデビュー時からオーラがありました。

それがセンターを何度も経験するにつれて、磨かれていった感じですね。

センターというのはオーラが必要です。

ではどうすればオーラを出せるのか?

それは誰にも分かりません。

努力でなんとかなるものなのか?

それとも才能なのか?

答えはありません。

ただ1つはっきりしていのは、平手友梨奈にはオーラがあるという事実です。

3つ目は

「眼力(めぢから)」

です。

平手友梨奈さんの代名詞と言えるかもしれません。

最初に平手友梨奈さんの眼力を感じたのは「サイレントマジョリティー」でした。

今までで一番眼力が凄かったのが

坂道AKBの『誰のことを一番愛してる?』の平手友梨奈の眼力

です。

あれは凄まじかったですね。

彼女にどんな指示が出されているのかとても興味があります。

演出なのか、それとも彼女の意思なのか。

坂道AKBは欅坂46、乃木坂46、そしてAKB48グループからの選抜メンバーで構成されています。

そんな中で平手友梨奈さんはセンターを務めました。

AKB48のカップリング曲なのに欅坂46の平手友梨奈さんがセンターなのは異例中の異例です。

当然他のメンバーも各グループではバリバリの選抜メンバーです。

でもそんな選抜メンバーも平手友梨奈さんの前では霞んでしまうのです。

このMVで平手友梨奈さんが見せた眼力には誰もかないませんでした。

最年少メンバーであることはともかく、オーラや眼力というのはどうしようもありません。

やはり平手友梨奈さんは選ばれた人なのかもしれません。

スポンサーリンク

平手友梨奈にセンターのプレッシャーやメンバーからの嫉妬はある?

平手友梨奈さんには当然、欅坂46のセンターであるプレッシャーはあると思います。

彼女がそれを口に出すことはありません。

しかしあって当然でしょう。

平手友梨奈さんの場合は

「センターで注目されるからプレッシャーがあるというタイプではない」

と思います。

これは私の意見なのですが、

「センターだから自分が休む訳にはいかない」

というタイプのプレッシャーだと思います。

他のメンバーであれば体調が悪かったりしても何とか対応できでしょう。

しかし平手友梨奈さんの場合は代わりがいません。

だから体調が悪かったとしても彼女は無理をしてでも出なければいけないのです。

平手友梨奈さんはとても責任感の強い人です。

なので自分に対して厳しいです。

だから弱音をほとんど聞きません。

凄まじいプレッシャーでしょう。

でも克服するしかないのが現実なのです。

それでは平手友梨奈さんがセンターであることにメンバーからの嫉妬はあるのでしょうか?

私は正直に言って「ある」と思います。

嫉妬と言いますか

「悔しい」

と思う気持ちです。

もちろんメンバーは平手友梨奈さんを支えたいと言います。

それは嘘偽りのない正直な気持ちでしょう。

しかしそれと同時に

「自分も欅坂46のセンターをやってみたい」

という気持ちはあるでしょう。

むしろそうでなければおかしいと思います。

平手友梨奈さんに対して嫉妬や悔しいという気持ちはあるでしょう。

でもだからこそ欅坂46というグループは成長できるのではないでしょうか?

3列目であれば、次は2列目へ。

2列目であれば、次は1列目へ。

1列目であれは、次はもっと真ん中へ。

そんな欲があるのは当然です。

私はそれを口に出してほしいとは思いません。

しかし胸に秘めていて「いつか自分もセンターに」という想いは持っていほしいと願います。

スポンサーリンク

平手友梨奈はセンターが嫌そう?外れる可能性について

最近の平手友梨奈さんはあまり元気がないように見えます。

それはファンのみなさんも感じていることみたいです。

私も感じます。

特にテレビ出演時に感じますね。

そんな彼女の姿を見て

「平手友梨奈はセンターが嫌そう」

と思う人もいるみたいです。

私の意見としては

「平手友梨奈はセンターが嫌なのではなく、センター以外のポジションも経験してみたい」

というのが正しいのかなと思っています。

彼女はデビュー以来センター以外のポジションをやったことがありません。

だからそれ以外のポジション、2列目や3列目の経験がありません。

平手友梨奈さんはきっといろんな経験がしてみたいのだと思います。

それは

「好奇心」

のようなものだと思います。

「センター以外の景色」

に平手友梨奈さんはとても興味があるのではないでしょうか?

それでは平手友梨奈さんが欅坂46のセンターを外れる可能性はあるのでしょうか?

私の見解では

「少なくとも5枚目シングルまでは平手友梨奈がセンター」

だと想像します。

これは乃木坂46の生駒里奈さんと同じですね。

しかしずっと平手友梨奈さんがセンターの可能性も、もちろんあります。

正直に言えば平手友梨奈さん以外のメンバーがセンターである姿を想像出来ません。

とは言え、見てみたい気持ちもあります。

候補としては

今泉佑唯さん

が一番有力かなとも思います。

人気度で言えば

長濱ねるさん

も可能性はあります。

しかし長濱ねるさんはけやき坂46と兼任していて、けやき坂46ではセンターも努めています。

なので、実際にはなかなか難しいのかなと思います。

平手友梨奈さんがセンターから外れるのはかなりリスキーです。

しかしそんな新しい欅坂46を見てみたい気持ちあります。

6枚目以降は、ぜひ運営にはチャレンジしてほしいです。

まとめ

平手友梨奈さんは日々、凄まじいプレッシャーと戦っています。

しかしそのおかげで日々、進化しています。

センターは大変ですが、その見返りとして成長のスピードが物凄いのも事実です。

平手友梨奈さんにはゆっくり休んで欲しいという気持ちと同時に、もっと進化した姿を見たいという気持ちもあります。

「平手友梨奈以外のセンターも見てみたい」

しかし

「平手友梨奈以外にセンターを張れるメンバーはいない」

この両方が私の気持ちです。

皆さんはいかがでしょうか?

スポンサーリンク