日馬富士はかわいそう?退職金の額を知っても同じことが言える?

こんにちは。

大相撲の横綱・日馬富士による貴ノ岩への暴行事件は、日馬富士が引退するという形になりましたね。

1人の横綱が引退するといういのは、とても大きな出来事です。

今、日本で一番の話題と言えるでしょう。

さて、今回の引退発表を受けて、一部では

「日馬富士はかわいそう!」

という声があがっています。

果たして日馬富士はかわいそうなのでしょうか?

この点について、

「感情的にではなく、論理的に検証」

していきたいと思います。

ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

日馬富士の暴行事件の整理

今回の日馬富士による暴行事件ですが、現時点で信憑性の高い事実をまとめると

  • 日馬富士が話をしているときに、貴ノ岩がスマホをいじっていた
  • そのことに腹を立てた日馬富士が貴ノ岩に暴行をした
  • 日馬富士はビール瓶、またはカラオケのリモコンで貴ノ岩の頭を何度も殴った

このようになります。

いろんな情報が錯綜していますので、上記のことが事実だと確定したわけではありません。

しかし総合的に考えると、ほぼ間違いないと思われます。

この中で、100%確定していのは

「日馬富士が凶器を使って、貴ノ岩に暴行をした」

ということだけです。

これ以外のことは各力士によって証言が食い違っていることもあります。

ですので、まずは事実と印象をごちゃ混ぜにしないことが大切だと思います。

スポンサーリンク

相撲協会を高校に例えてみると…

今回の暴行事件を高校で起こったとします。

  • 高校 … 相撲協会
  • 部活の3年生 … 日馬富士
  • 部活の1年生 … 貴ノ岩

といった感じです。

つまり、同じ部活の先輩の3年生が後輩の1年生に対して、暴力をふるったということです。

もちろん3年生にも言い分はあるでしょう。

例えば、1年生なのに先輩に挨拶をしないなど。

それが事実なのかどうはおいておいて。

しかしそれが仮に事実だとしても、暴力は許されません。

唯一許される可能性があるのは、1年生が先に3年生を殴ったりした場合です。

この場合は、3年生の正当防衛と認められる可能性がありそうです。

ですが

「ムカついたから殴った」

というのは許されないのです。

先に暴力をふるった瞬間に、この案件は、高校から警察へと移行します。

暴力をふるった3年生を退学させるかどうかは、高校が決めることです。

その権限が高校にはあるからです。

しかし大切なことは、仮に3年生が高校を退学したとしても、この事件は終わりではないということです。

3年生が退学しようが、高校に残ろうが、それには関係なく警察による事件の検証は実施されます。

つまり日馬富士が引退したというのは、高校を退学したに過ぎません。

まだ事件は終わっていないということです。

これから裁判になって、日馬富士は有罪になる可能性もあります。

スポンサーリンク

日馬富士はかわいそうなの?

日馬富士が引退することになって、かわいそうだという声もありますね。

しかし私はそうは思いません。

「日馬富士はかわいそうではない」

という認識です。

なぜなら暴力事件の加害者が制裁を受けるのは当然だからです。

例えば、会社で上司が部下に暴力をふるったら、その上司は会社を解雇になります。

その会社がまともであればの話ですが。

引退と解雇は同じです。

ですから日馬富士が引退するのは当たり前のことであり、かわいそうではありません。

もし引退させなければ、相撲協会は暴力を容認する団体だと世間は認識します。

そして今回の件で重要なのは

「日馬富士は相撲協会から退職金を受け取れる」

ということです。

ちなみに

「退職金は1億円以上」

だと言われています。

これを知っても、まだ日馬富士がかわいそうだと思う方がいるのであれば、それは仕方ありません。

私とは考え方が違いすぎるとしか言いようがないですね。

部下に暴力をふるって会社を解雇された上司が、退職金を1億円貰えることは100%ありえません。

しかしそのありえないことを相撲協会はやっています。

つまり相撲協会というのは、それだけ浮世離れした組織だということです。

もし日馬富士が今回の事件を心から反省しているのであれば、退職金の受け取りを辞退するでしょう。

ですが、日馬富士は退職金を受け取ります。

暴力事件の加害者であるのにも関わらず。

もし日馬富士が

「私の退職金は、全額、貴ノ岩にあげてください」

と相撲協会にお願いするのであれば、私は日馬富士のことを見直します。

ですが日馬富士がそうすることはありません。

人間の本心というのは、言葉ではなく行動に現れます。

  • 日馬富士が退職金の受け取りを辞退しない。
  • 受け取った退職金を全額、貴ノ岩にお詫びとして渡すこともしない。

この行動が日馬富士の本心です。

ですから、日馬富士がかわいそうというのは全くの的外れな意見なのです。

もちろんいろんな意見があっていいと思います。

ですが、少なくとも私はそう考えています。

スポンサーリンク