張本智和の叫び声がうるさい!?雄たけびはマナー違反なの?

こんにちは。

トムです!

現在ドイツのデュッセルドルフで行われている

卓球世界卓球選手権の男子シングルス2回戦で、

張本智和選手が水谷隼選手を破りました。

この試合結果は日本だけではなく、

世界の卓球界に衝撃を与えました。

わずか13歳の少年が、

リオ五輪の男子シングルス銅メダリストに勝ったのですから、

それは当然かもしれませんね。

そしてこの試合で張本智和選手の

卓球の強さと共に注目されたのが、彼の

「叫び声」

です。

そこで今回は張本智和選手の

国籍と日本に帰化した理由

叫び声

を中心に書いていこうと思います。

スポンサーリンク

張本智和の国籍と日本に帰化した理由

張本智和選手のご両親は中国人です。

そして智和選手自身も2014年までは中国人でした。

それまでの名前は「張智和」と言いました。

しかし

現在は日本に帰化しているので日本人であり、日本国籍です。

正確には中国系日本人になります。

張本智和選手はなぜ日本に帰化したのか?

それは2020年に東京オリンピックの開催が

決定したことが大きく関わっています。

張本智和選手が日本に帰化した理由、それは

日本代表として東京オリンピックの卓球で金メダルを獲得するためです。

いくら張本智和選手が強くても、

中国籍のままでは日本代表になることは出来ません。

かといって中国籍のままで中国代表になるというのは

ものすごく大変なことです。

少なくとも、日本に住んでいながら

中国代表になることは不可能に近いです。

まずは中国に移住して、そして世界一過酷な

中国国内の争いを勝ち抜かなければなりません。

卓球で中国代表になるということは

オリンピックで金メダル獲ることと大差ありません。

日本代表を狙うか?

それとも中国代表を狙うか?

総合的に考えて、日本代表を狙う、

つまり日本人になることを

張本智和選手本人が選んだのです。

決してご両親が帰化を勧めたのではなく、

本人の意思で決定したのです。

ちなみに智和選手の帰化と合わせて

ご両親も日本に帰化されています。

スポンサーリンク

張本智和の叫び声に対する意見

張本智和選手の試合を見ていると気になるのが

「叫び声」

です。

ちなみに

「チョーレイ!」

と叫んでいるのですが、

このチョーレイという言葉には意味がないそうです。

確かに福原愛ちゃんの「サー!」も意味はありませんからね。

この「チョーレイ!」の意味はともかく、

賛否を巻き起こしているのが、

張本智和選手の叫び声がうるさい!

という意見です。

ネットの声を拾ってみました。

もちろん張本智和選手の叫び声に対して

「別にいいんじゃない?」

「卓球ってそういうものでしょ」

という寛容な声もあります。

しかし、ネット上の声を見ますと

圧倒的に否定的な意見が多いです。

割合で言えば

・叫び声はOK…10%

・叫び声はうるさくて不快だ…90%

このような感じです。

この数字の根拠はコメント数の割合によります。

決して個人の主観ではありません。

否定的な意見を総合すると、

「張本智和選手は確かに若くて強い。

それは認める。

でもあの叫び声はうるさいし不快だ。

どうしても素直に応援できない。

応援する気にならない」

このような感じです。

卓球のルールに雄たけび禁止というルールはありません。

ですから張本智和選手が試合中に叫ぶのをやめる必要はありません。

つまり

張本智和選手の叫び声は

ルール上は問題ない。

ただしマナー上の問題はある。

ということです。

もしかすると海外では問題ないかもしれません。

しかし少なくとも日本人にとってはあの叫び声は

うるさくて嫌いだという意見が多いのです。

叫び声をこのまま続けるのか?

それとも叫ぶのをやめるのか?

決めるのは本人次第です。

おそらくはやめないと思います。

やめてしまうと試合に集中できなくなると思うからです。

しかし現在は、張本智和選手の対戦相手が

叫び声のせいで試合に集中できていない可能性もあります。

卓球も人気スポーツです。

張本智和選手はこのままでは周りから応援されない

選手になってしまう可能性があります。

もちろん強さで黙らせることが出来るかもしれませんが…

果たしてどうなるのか、とても気になります。

まとめ

今回は卓球男子の張本智和選手の叫び声に注目していました。

叫び声に対する個人的な意見は控えますが、

張本智和選手にはぜひとも、周りの人から応援される

そして愛される選手になってほしいと願っています。

スポンサーリンク