藤井聡太の終盤力の秘密!なぜ逆転して勝つことが出来るのか?

こんにちは。

今回は将棋のプロ棋士である

藤井聡太

四段に注目してみたいと思います。

残念ながら連勝記録は29でストップしてしまいましたが、その後すぐに連勝しましたね。

負けを引きずらないのは流石です。

さてそんな藤井聡太四段なのですが、ここにきて注目されるようになってきたのが

「終盤力」

です。

そこで今回は

「藤井聡太の終盤力」

について書いていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

藤井聡太の終盤力

藤井聡太四段はデビューから29連勝を達成し、将棋界の連勝記録を更新しました。

それまでの記録が28連勝でしたので、1つ更新したことになります。

藤井聡太四段の現在(2017年7月13日現在)の成績は

「31勝1敗」

です。

改めてとんでもない成績ですね。

そこで気になるのが、勝った対局は、全く危なげなく勝ったのかということです。

実はそんなことはありませんでした。

危なかった、負けそうだった対局もあったのです。

これは私、個人の主観になるのですが、藤井聡太四段が終盤力で逆転した対局が以下になります。

・20連勝目 … 対 澤田真吾六段

・22連勝目 … 対 阪口悟五段

・29連勝目 … 対 増田康宏六段

・30勝目 … 対 中田功七段

・31勝目 … 対 都成竜馬四段

他にも終盤力で勝った対局はあるかもしれませんが、私は特に上記の5局が印象に残っています。

その中でも

・澤田真吾六段

・阪口悟五段

との対局は凄かったですね。

この2つの対局に関しては、解説の方が

「藤井聡太四段が負けそうです」

と言っていましたから。

私も対局の様子をリアルタイムで見ていたのですが、確かに藤井聡太四段が負けそうでした。

ではどうやって逆転したのでしょうか?

これも個人的な主観になるのですが、

「藤井聡太四段は『相手を惑わせる一手』を指して逆転した」

のです。

将棋には持ち時間というものがあります。

時間は棋戦によって違います。

例えば、持ち時間が1時間であれば、1時間を使い切ったら、残りの指し手は全て一分以内に指さないと負けになってしまいます。

そして、この2局は相手の残り時間がなく「一分将棋」だったのです。

そこで藤井聡太四段は相手を迷わせる一手を指したのです。

相手は予想になかった一手を指されてしまったので、当然焦ります。

そして迷います

そして考えます。

「なぜこんな手を指したんだ?」

「どんな意味があるんだ?」

そんなことが頭の中をグルグルと巡るのです。

実は

「澤田真吾六段と阪口悟五段は『正解の一手』を指していれば、藤井聡太四段に勝っていた」

ことが、対局後の感想戦などで分かっています。

しかし2人とも間違った一手を指してしまったため、藤井聡太四段に逆転負けしてしまったのです。

スポンサーリンク

藤井聡太は勝負師

藤井聡太四段の終盤力は凄いです。

しかしそれと同時に

「藤井聡太四段の勝負術も凄い!」

と言えるのは間違いありません。

藤井聡太四段は『勝負師』

でもあるのです。

藤井聡太四段は過去にプロ棋士が指した棋譜を毎日研究しています。

そしてそれだけに収まらず、あるアマチュア棋士の棋譜も研究していたのです。

その棋士というのは

「小池重明」

です。

小池重明は『最強のアマチュア棋士』として知られていました。

とにかく強くて、プロ棋士に何度も勝っていたほどです。

小池重明の何が秀でていたのかと言いますと、もちろん将棋の実力はあるのですが、とにかく『勝負術』が凄かったのです。

終盤に相手を惑わす怪しい一手を指す。

その一手に相手が幻惑される。

そして相手は間違った一手を指してしまう。

最終的に小池重明が勝ってしまうのです。

藤井聡太四段と小池重明はプロとアマチュアの違いがあります。

年齢や性格、風貌なども全く違います。

しかし『勝負師』という点では共通しています。

藤井聡太四段が勝負師として優れているの、実は小池重明の棋譜を研究したからなのではないか?

私はそんなことを思っています。

藤井聡太は解説者泣かせ?

藤井聡太四段は相手を迷わせる一手も指しますが、

「意味の分からない一手を指す」

こともよくあります。

藤井聡太四段の対局はほとんどがリアルタイムで生中継されています。

そして解説者がいらっしゃいます。

それを見ていると解説者が

「この一手は意味が分からないですね」

「藤井四段、これは悪くしたんじゃないでしょうか」

といったことを言われるとこがよくあるのです。

つまり解説者が理解できない一手を指すのです。

しかし局面が進んでいくと、その一手が実は意味があったことが分かってくるのです。

「藤井聡太四段は解説者が見えていな局面が見えている」

ということです。

これは解説者にとっては辛いですね。

解説者泣かせとも言えます。

藤井聡太四段の読む力が解説者よりも優れていることの証明ですから。

ですが解説者もそれが嫌そうに見えないんですよね。

むしろ興奮している感じがするのです。

あまりの凄さに敬服している感じです。

人間は、あまりにも圧倒的な存在に遭遇すると無条件に降伏すると言います。

藤井聡太四段とは、そんな存在なのかもしれませんね。

藤井聡太はなぜ終盤力が凄いのか?

藤井聡太四段はなぜ終盤力が優れているのでしょうか?

いくつかの要素があると思います。

私はその中でも

「詰将棋」

「考える力」

の2つが大きいと思います。

それぞれについて解説していきます。

藤井聡太と詰将棋

藤井聡太はが将棋を始めたのは5歳の頃でした。

そしてそれと同時に詰将棋を始めました。

噂によりますと

「藤井聡太四段は5歳の頃から現在まで、毎日、詰将棋を欠かしたことがない」

とのことです。

詰将棋に関してはプロ棋士でも肯定派と否定派に分かれます。

ちなみに増田康宏四段は否定派です。

詰将棋なんてやっても意味がないと。

しかしプロ棋士の多くは詰将棋を肯定しています。

将棋の実力をつけるのに良いトレーニングになると。

詰将棋というのは、相手の王様を詰ませるゲームです。

実践の将棋の小型版と言った感じですね。

目的はどちらも同じです。

藤井聡太四段はこれまでに詰将棋を1万以上やってきたと言われています。

藤井聡太四段の終盤力は詰将棋によって作られた

そう言っても過言ではないと思います。

藤井聡太と考える力

将棋には定石というものがあります。

定石というのは「決まりきったパターン」のことです。

現在のプロの将棋は、序盤、そして中盤くらいまでは定石化されていると言われています。

つまり研究によってパターンが決まってきているということです。

しかし終盤に関しては定石化することは出来ません。

どれだけ研究しても、必ず未知の局面が訪れるからです。

ここで一番重要になってくるのが

「読む力」

です。

パターンから外れた未知の領域。

純粋に将棋の実力が試される場面です。

現在のプロの将棋は、序盤と中盤ではあまり差がつきません。

ですから、ますます終盤での読む力が占める要素が強くなってきています。

今は亡き、米長邦雄永世棋聖がおっしゃっていました。

「プロ棋士は実は誰でもなることが出来ます。毎日5時間、自分の頭だけで将棋のことだけを考えることです」

このような内容でした。

詰将棋でもいい。

実践でもいい。

答えが間違っていてもいいから、とにかく自分の頭を使って考え続けることが大切。

そうおっしゃっていたのです。

藤井聡太が小さい頃からどれだけ将棋に時間を費やしてきたのかは分かりません。

以前テレビで拝見したときは

「学校から帰宅したら、すぐに将棋盤に向かう」

という様子が映っていました。

藤井聡太四段が将棋の研究で積極的にパソコンを活用するようになったのは三段になってからだと、本人がおっしゃっていました。

つまりそれまではほとんどコンピュータに頼らず、自分の頭だけて考えてきたということです。

現在の将棋はパソコンを使って研究することが主流になっています。

もちろん藤井聡太四段も使っています。

しかし最初から考える経験を積むことなくパソコンに頼るのは危険なのです。

それは将棋の棋力の土台になる「考える力」が育たないからです。

土を耕さない畑、土の痩せた畑に種を蒔くようなものですね。

藤井聡太四段は5歳の頃から三段になるまで、ほぼ自分の頭だけを使って将棋の実力をつけてきました。

ですから現在パソコンやAIを上手く活用出来ているのです。

現在は小学校の頃から、パソコンを使って将棋を研究している人も多いです。

しかしそれは「考える力」を最初から放棄しているのかもしれません。

「考える」という経験をあまり積むことくなプロになった人が、果たして藤井聡太四段に勝てるのでしょうか?

それは未来の歴史が証明してくれるのでしょう。

まとめ

今回は将棋のプロ棋士である藤井聡太四段を紹介させていただきました。

将棋の実力は終盤力が大半を占めます。

序盤も中盤ももちろん大切なのですが、やはり終盤力なのです。

藤井聡太四段のこれからのますますのご活躍を期待しています。

スポンサーリンク

藤井聡太のことがもっと知りたい!

藤井聡太四段のことがもっと知りたいというあなたへ。

よろしければ、ぜひ以下の記事も読んでみませんか?

藤井聡太の対局予定8月分(最新版2017年)!今後も随時更新

藤井聡太の対局予定7月分(最新版2017年)!今後も随時更新

藤井聡太が通うラーメン屋「陣屋」とは?お気に入りのメニューも調査!

藤井聡太はなぜ強い?何が凄いのか徹底分析!天才棋士の強さの秘密

藤井聡太は高校に進学しない!?行かない選択肢と受験や入学試験なしの恩恵

藤井聡太の父親は単身赴任中!?正史さんの職業や勤務先はLIXIL?

藤井聡太の癖?集中すると前傾姿勢で前かがみ!耳たぶに触れ舌を出すのは?

藤井聡太の出席日数は大丈夫?名古屋大学教育学部附属中学校を卒業できる?

藤井聡太の扇子はどこで買える?値段と販売個数に文字も!

藤井聡太の成績(最新版)と次回対局予定は?奨励会三段リーグ戦績も!

藤井聡太と羽生善治を比較してみた!どっちが強いか記録を調査