結果にコミットするとはどんな意味か?「成功回避不可能システム」

「結果にコミットする」

この言葉がキャッチフレーズのCMをテレビで良く見かけます。
コミットという言葉は普段の生活ではあまり耳にしないと思います。

いったいコミットとはどんな意味なんでしょうか?

実は、

「コミットには、一般的な意味と、本当の意味がある」

のです。

一般的な意味は広く知られていますが、
本当の意味は、あまり知られていません。
どちらの意味も理解することが大切です。

そして、

「どうすれば、コミットした結果を手に入れることが出来るのか?」

という、その手段を知ることも重要です。

それでは、順を追って説明させていただきます。

==============================================

【目次】

1.結果にコミットする『一般的な意味』

2.結果にコミットする『本当の意味』

3.『宣言』と『痛み』のコンビネーション

4.まとめ

==============================================

スポンサーリンク

1.結果にコミットする『一般的な意味』

まず、結果にコミットするの一般的な意味から始めます。

コミットを辞書で引くといろんな意味があります。

・公約
・誓約
・約束
・責任を伴う約束

他にもいろんな意味があります。

某CMの結果にコミットするの意味に一番近いのは「責任を伴う約束」でしょう。
つまり、会員が結果を出せなかったら、ジムや企業が責任を取るという意味です。

責任の取り方というのに決まりはありません。
このジムの場合は、入会時に契約書に明記してあります。
なので、もし入会されるのであれば、事前にしっかりと確認しておくべきです。

コミットの中には、上で挙げたように「公約」という意味もあります。

この公約という言葉を良く耳にすのが、選挙のときです。

「私が当選したら、◯◯を必ずやります!」

といった選挙演説を多くの候補者が言っています。
ただ、選挙公約、コミットは某CMとは意味が少し異なります。

・某CM…結果を出せなかったら責任を取る
・選挙 …結果を出したら、公約を果たす

というのが主な意味になります。

ここで、この2つの

「コミットの力」

を比べてみます。

某CM企業の場合は、結果を出せなかった場合、逃げられません。
それは契約書で契約を交わしているからです。
必ず責任を取る必要があります。

しかし、選挙の場合は違います。

選挙公約というのは

「当選したら演説で言った約束を果たします」

という意味です。

でも、実際は違います。
選挙で当選しても、公約を果たさない、公約とは逆のことをする政治家もいます。
なぜこんなことが出来るかというと、契約書を交わしていないからです。

本当は契約書がなくても、公約は守らないといけないのです。
それがコミットの意味だからです。

ですから、某CMと選挙を比べると「コミットの力」は
某CMの方が強いということになります。
契約書の力というのは大きいのです。

2.結果にコミットする『本当の意味』

さて、1で結果にコミットするの一般的な意味を述べました。
では『本当の意味』とはなんでしょうか?

これはあまり知られていませんが、結果にコミットするとは、

「結果を出せなかったら、死ぬ」

というのが本当の意味です。

「死ぬ気で頑張ります」

とは良く耳にしますが、これは全然弱いです。

なぜなら、

「結果を出さなくても、死なない」

からです。

正直、現代では、少なくとも日本においては、
結果を出せなかったら死ぬという状況はありえません。
少なくとも真っ当に生きていればありません。

ですが、結果を出せなかったら死ぬというのは、
人間の潜在能力を引き出す一番の方法です。

なぜなら、人間の最大の本能は

「生存本能」

だからです。

でも、現代ではそのような状況はほぼありえません。
なので、私達がやるべきことは、できるだけ
そのような状況近づけることです。

では、どうすれば近づけることが出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

3.『宣言』と『痛み』のコンビネーション

例えば、ダイエットの場合はどうでしょうか?

仮に

「半年で10キロ痩せる」

という結果にコミットするとします。

ここでポイントになってくるのが、

・宣言
・痛み

です。

宣言というのは、自分以外の誰かに約束するという意味です。

痛みというのは、この場合であれば、もし約束通りに痩せられなかったら、
罰金として30万円を差し上げますというような約束です。

最も重要なのは、

「絶対に逃れられない仕組みを作る」

ことです。

もしかすると、気が変わってしまって、30万円を払わないかもしれません。
ですから、一番効果的なのは、先に30万円を宣言した相手に預けてしまうことです。
そして、コミット通り10キロ痩せられたら、30万円を返してもらうようにするのです。

「コミットする相手は、あなたが尊敬する人」

であることが望ましいです。

その人はあなた以上に、あなたが結果を出すことに情熱を持っていて、
同時に、あなたを甘やかさない人であることが条件です。
なかなかそんな人はいないかもしれませんね。

ですが、人間は意思の弱い生き物です。
周りへの宣言や痛みがなければ、諦めてしまいます。

別にお金でなくても構いません。

「あなたにとって大切なものを賭ける」

のです。

コミットした結果を果たせなければ、大切なものを失う。
これは人間の大きなモチベーションになります。

尊敬する人には、誰でも嫌われたくありません。
だから、あなたは必死に行動します。

そして、あなたは宣言した結果を手に入れるのです。

友人や親友ではダメです。
結果が出なくても、許してくれるからです。
いつでも逃げられます。

尊敬する人にコミットするのは恥ずかしいでしょう。
怖くて震えるかもしれません。

ですが、きっと尊敬する人は、あなたのその思いを受け止めてくれます。

ぜひ、勇気を持ってコミットしてみてください。

4.まとめ

結果にコミットするの意味について書いてみました。

いかがでしたでしょうか?

いろいろと書いてきましたが、ひと言で表現すると、

「コミットした結果を出す = 逃げられない仕組みを作る」

ということです。

この仕組みについては紹介させていただきました。

自分のやる気を当てにしてはいけません。
やる気というのはすぐに消えてしまうからです。

「あなたが成功するためための仕組み」

を、ぜひ作ってみてください。

スポンサーリンク