愛子さまは拒食症?激やせでまるで別人!原因と摂食障害の可能性は?

愛子さまの激やせが注目されています。

少し体重が減ったのかなという程度ならいいのです。

しかしあまりの激やせで、一部では

「愛子さまは拒食症なのでは?」

との声があがっているのです。

果たしてそれは本当なのでしょうか?

そしてどうすれば愛子さまは元気になるのでしょうか?

深く掘り下げてみたいと思います。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

愛子さまは拒食症なの?激やせの原因を調査

まずはじめに

「愛子さまは本当に拒食症なの?」

という点について見ていきたいと思います。

精神科医の分析によりますと

・愛子さまの状態は摂食障害のうちの拒食症だと思われる。

・拒食症の患者は自分が痩せている状態が気持ちがいい、自分は綺麗と思い込むことが多い。

・命の危険性がある場合もあるが、自分で状況を認識するのが難しい。

とのことです。

周りの人から見れば、明らかにおかしい、痩せすぎだと思います。

しかし愛子さまご本人はそうは思ってないのでしょう。

そもそも愛子さまは以前はふっくらされていました。

決して太っていたというのではありません。

健康的な女性という感じでした。

それではなぜこんなにも痩せてしまったのでしょうか?

その原因とされているのが

「炭水化物抜きダイエット」

だと言われています。

宮内庁の関係者によりますと、愛子さまは医師によって食事の管理や指導を受けているとのこと。

そうであれば、今の激やせ状態はなぜなのでしょうか?

愛子さまをサポートしている方が食べるように指示ているのに、愛子さまが拒否しているのでしょうか?

もしかするとその可能性もあるかもしれませんね。

現在の愛子の状態は却下的に見て、かなり危険な状態に思えます。

頬がコケているように見えますから。

はっきり言えば、病的な細さとも言えるでしょう。

大丈夫なのかと心配になります。

痩せすぎなのではないでしょうか?

愛子さまは年頃の女性ですから、体型を気にするのは仕方がないことかもしれません。

でももう少し太った方がより可愛らしいと、個人的には思います。

不安になるのは顎のラインですね。

かなりシャープになっています。

脚も棒のように細くてこれも心配です。

愛子さまは皇族ということもあって頻繁にテレビなどのメディアにに取り上げられます。

もしかするとそれがストレスになっている可能性もあるかもしれません。

なんというかあまり元気そうに見えないのです。

天皇の料理番ではありませんが、愛子さまには食事の面でサポートしてくれているチームがいると思います。

ですから、しっかりと食事をしていれば体調的には問題ないと思うのですが…

愛子さまが激やせしてしまった原因を考えてみますと

・皇族であることのストレス

・太っていることのストレス

などがあるかと思います。

もし皇族であることのストレスであればまだなんとかなのかもしれません。

しかし太っていることのストレスであれば難しくなってしまいます。

ほくら周りが太った方がかわいいよと言っても、本人は太ることが何よりも嫌なので効果がないからです。

まだ中学生なのでダイエットなんてする必要はないのですが。

見ているのが辛くてってしまうほど痩せてしまっています。

スポンサーリンク

愛子さまが元気になるにはどうすればいい?

愛子さまには、もっと食べて体調を回復して、元気になって青春を謳歌してほしいです。

もしメディアなどに追いかけられるのがストレスになっているのであれば、

「高校から海外留学」

されるのもいいかもしれません。

さすがに海外まではメディアも追いかけてはこないでしょうから。

そのまま大学を海外でもいいし、帰国して日本の大学に入学してもいいでしょう。

精神的に参っているのであれば、精神面のサポートなどのカウンセラーも必要かもしれません。

治療してまた元気な笑顔が見たいです。

静かにのんびりと暮らせる環境にさせてあげたいですね。

難しいことだとは思うのですが…

もしかするとダイエットしているのではなくて、精神的に食べられなくて吐いているのかもしれません。

精神的食べられなくなる人はいます。

ダイエットは関係ないのかもしれません。

そうであれば、しばらく静かに養生した方がいいかもしれないですね。

実際に拒食症で亡くなる方もいるからです。

原因を突き止めると、原因はやはり心の問題であることが多いので、パット見は大丈夫そうに見えてしまうのです。

テレビや雑誌やネットから離れて、休養と栄養補給とカウンセリングされるのがいいかもしれません。

まとめ

愛子さまは確かに皇族の方です。

しかし1人の普通の女性でもあります。

ですから現実には難しいことでしょうが、できるだけ周りがそっとしてあげることが大切だと思います。

愛子さまには早く元気になってほしいです。

スポンサーリンク